title





米国アリゾナのソノラ砂漠に住む鳥好き花好き動物好きのおじさんがおとどけするアメリカの自然情報です。

庭で生まれ育ったオオカバマダラ蝶 (その3)

0

    木に下がるモナコ蝶蛹1

    木の葉と同じ色でカモフラージュされてるオオカバマダラのサナギ(赤丸)

     

    幼虫がサナギになるための場所の選択は色々あって、卵から孵って幼虫の時を過ごすトウワタから、だいたい半径1メートルの範囲内を歩いて小灌木のしっかりした枝を見つける。しかし、無精して何処にも行かず、トウワタの茎でそのままサナギになってしまうのもいる。また、場所探しでグラウンドを歩いてる時にパティオに入ってきてしまい、ソファーやテーブルの脚にぶら下がってそのままサナギになるのもいる。鳥などの天敵に食べられないよう低い所でサナギをしっかり固定出来る物であれば何でも良いようだ。

     

     

    木に下がるモナコ蝶蛹2

    幼虫から変ったばかりのオオカバマダラのサナギ

     

    サナギの上部に幼虫時のすじ模様が残っている。しっかりと木の幹にくっついてるサナギは、雨が降ろうが強い風が吹いてもびくともせず、2週間以上このままの状態が続く。

     

     

    トウワタのモナコ蝶蛹

    小さくて背丈の低いトウワタの茎にぶら下がってるオオカバマダラのサナギ。一週間経ったサナギは緑色も濃くなり、金色の縁どりが出てくる。

     

     

    木に下がるモナコ蝶蛹3

    サナギになって13日目には蝶の翅の模様が少し見えてくる。蛹の中で日一日と蝶のボディー、翅が出来上がっていくのが判る。

     

     

     

    黒くなったモナコ蝶蛹1

    サナギになって16日目、サナギは色が黒くなり中の蝶の翅の模様がくっきり見えるようになってくる。この段階になると、蝶が現れてくるのも間近である。

     

     

    黒くなったモナコ蝶蛹2

    サナギの中から蝶が現れる寸前、翅の色、縞模様の黒いボディーがさらにくっきりと見えてくる。


    庭で生まれ育ったオオカバマダラ蝶 (その2)

    0

      モナコ蝶幼虫 1

      指と比較してもその小ささが判るオオカバマダラの生まれたての幼虫

       

      卵から孵った幼虫は体長1センチ程で薄い緑の半透明な色、そして、まだオオカバマダラの特徴のボディーに派手な帯がない。幼虫は卵の殻を食べ、やがてトウワタの花や葉を食べ始める。幼虫はくるくると円運動をするが、これは食べたトウワタの乳液を体の中に流し込むためである。

       

       

      モナコ蝶幼虫 2

      卵から孵って10日目の幼虫

       

      幼虫はサナギになるまでに5回脱皮をする。その度に大きくなり体内に栄養分を貯め、一切何も食べれなくなるサナギの時に備える。

       

       

      モナコ蝶大小2匹の幼虫

      トウワタの葉を食べる大小の幼虫

       

      右の小さな幼虫、3回目の脱皮ステージまで大きくなると体に白、黄色、黒の帯状の縞模様が濃くなって大変きれいである。前と後ろに2本の長い触角が2組出てくる。このステージを超すと幼虫は葉のエッジに沿って歩き始め、花は食べずに葉を食べ始める。左の大きい幼虫は4回目の脱皮ステージで、足の外側に大きな白い斑点が出てくる。

       

       

      モナコ蝶Jの字の幼虫 1

      サナギになる時が近づくと、アルファベットの”J”の字型になってくる。

       

      トウワタの葉をたくさん食べて大きくなった幼虫、5回目の脱皮ステージを終えた段階では体の大きさも4センチ以上、太さも8ミリ、重さは最初の1回目の脱皮ステージ時の2000倍にもなっている。

       

       

      モナコ蝶Jの字の幼虫 2

      サナギになる準備のため尻から白い液体(赤丸)を出す

       

      サナギになる直前には、細いトウワタの茎を登り糸を紡ぐように絹のような白い液体を出す。この液体がセメンダインのような役割をして幼虫の体を茎に固定し、いよいよサナギになる最終ステージに入っていく。

       

       

      モナコ蝶Jの字の幼虫 3

      ”J”の字型になって逆さまにぶら下がるサナギ直前の幼虫

       

      尻から出した白い液体で体を固定した幼虫は、逆さまにぶら下がったまゝ外側の皮を溶かしながら関節のある緑の外骨格に包まれていく。最後に頭の部分を落とし、緑色のサナギとなる。


      ソノラ砂漠に大雪 2019年2月末

      0

        サワーロサボテンに積もる雪

        巨大サボテン「サワーロ」 (Saguaro) に雪が積もる

         

        2月22日南アリゾナのソノラ砂漠に大雪が降る。毎年冬には1〜2度ぐらいは小雪が散らつくことがあっても、これほどの大雪は5年ぶりである。西隣のカリフォルニア州のロスアンゼルスでも雪が降ったようで、これも珍しくTVニュースでは大騒ぎであった。

         

         

        雪が積もったプリザーブ

        一面、白銀の世界となったソノラ砂漠

         

        今年の冬は、例年より雨の日が多いので、春には野花 (Wild Flower) がいつもより多く咲き見事な花畑が予想されてたところ、春を目の前にした2月末、早朝から牡丹雪が降り始め、街中でも5センチ近く積もった。サボテンと雪の風景は珍しく、住んでる人はもちろん、観光客も大喜びでカメラを持って雪降る中を大騒ぎしていた。興奮した雪の光景も一日だけで、翌日には青空が戻り雪もきれいに消えてしまった。

         

         

        雪が被ったフィーダー

        庭のハミングバード用フィーダーもすっぽり雪に包まれてしまう

         

        花蜜が出る花が少ない冬は、ハミングバードはどうしてもフィーダーの砂糖水に頼る。寒い雪空の中では彼らは糖分がいつもより多く必要となるため、庭に来るハミングバードの数も急増したので急遽フィーダーを増やした。フィーダーは彼らにとって命綱であり、並んで仲良く分け合えばいいものを、他から庭に入って来るハミングバードを体当たりして追い払うほどテリトリー意識が強いのには驚く。

         

         

        積雪の枝に止まるコスタハチドリ雄

        雪が積もった小さな木でじっと寒さに耐えてるコスタハチドリ ( Costa's Hummingbird ) の雄

         

        コスタハチドリ ( Calypte costae ) は「砂漠のハチドリ」と言われており、主に南アリゾナ、南カリフォルニア、北メキシコのソノラ砂漠に生息している体長9センチの北米で二番目に小さい鳥である。一部は中米に渡りをするが、我が家の庭では一年中見られ営巣もしている。

         

         

        花蜜を舐めるアンナハチドリ

        雪の重さで地面すれすれに垂れた花から懸命に花蜜を舐めるアンナハチドリ (Anna's Hummingbird / Calypte anna)

         

        寒い冬でもよく花が咲く「チュパロサ」はハミングバードにとって貴重なエサ(花蜜)のもとで、出来る限り多くこの花を植えることにしている。アンナハチドリは元々主にカリフォルニアの太平洋沿岸に生息していたハミングバードであるが、フィーダーに対する順応性が非常に高く、近年、庭の飾り物として一般の家庭でもフィーダーを掛ける所が多くなり、そのため内陸へどんどん移動してきて、今では南アリゾナでも一年中見られるポピュラーなハミングバードとなった。

         

         

        横向になった巣

        真横に傾いたコスタハチドリの巣

         

        庭には丁度一週間前に卵から孵った雛がいる巣があり、その巣の枝が雪の重さで下へ垂れてしまい、巣(赤い矢印)が横向きになって雛が落ちそうになったので少々慌てた。雛は巣に懸命にしがみついてるが雌親は巣に座ることすら出来ず、近くの灌木の枝にじっと止まってボー然としていた。

         

         

        巣のある灌木の雪払い

        雪降る中、巣の周りと枝に積もった雪払いを開始

         

        雪が降り続く中、とにかく巣を元へ戻さないと雛が落ちて死んでしまうので、ひとまず、ほうきで垂れた枝と巣の周りの雪を払い落す。コスタハチドリの雌親は観念したのか、パニックになって飛ぶこともなく、すぐ横の灌木でじっとこちらを向いて見ていた。何時もフィーダーの砂糖水を取り換えてる私との間の信頼関係が出来上がってるのかもしれない。

         

         

        元の位置へ戻った巣

        葉に積もった雪を下ろしたので巣は元の位置に戻る。これで雌親も巣に座れるだろう。まだ完全に羽が生えてない雛が寒さで凍え死なないことを祈りながら雌親が巣に座るのを待つ。

         

         

        巣に座るコスタハチドリ雌親

        安心したように巣に座る雌親

         

        晴天の翌日にはすっかり雪も消えて雛の無事を確認。雌親もしっかり巣に座って雛を温めていたので一安心した。小さなハミングバードの生命力の強さには驚く。コスタハチドリはハミングバードの中でも一番営巣が早い。暖冬だと12月に巣作りを開始するのもいる。しかし、砂漠の気候は変化が激しいので、今回のようなリスクに直面することもある。


        庭で生まれ育ったオオカバマダラ蝶 (その1)

        0

          欄干上を飛ぶモナコ蝶

          ハミングバードのフィーダーの上を舞っている渡り途中のオオカバマダラ ( Monarch Butterfly )

           

          晩秋の青空を、渡りのオオカバマダラがひらひら飛んで行く風景は秋の風物詩の一つである。オオカバマダラは渡りをする蝶として有名で、大型で派手な色をしているので北米では一番人気のある蝶の一種である。近年はペットや学校の教材として飼育され、又、結婚式や大きなセレモニーでこの蝶を大量に放つことが流行っており、100匹単位で飼育しそれを商売にしてる人もいる。そして、越冬地の南カリフォルニアやメキシコでは、この蝶が大きな樹木に鈴なりになってる光景がエコーツーリズムに役立ってもいる。

           

           

          屋根上を飛ぶモナコ蝶

          秋の青空から庭に下りて来るオオカバマダラ ( Donaus plexippus )

           

          オオカバマダラは,一年の内に四世代から五世代かけて世代交代を繰り返しながら,南から北へそして北から南への渡りをする。春になると,越冬地であるメキシコと南カリフォルニアからカナダまで主に太平洋沿岸を北上し、秋になると,大西洋の東海岸から真ん中のコロラド山脈沿いにかけてメキシコへ南下して行く。春に Host Plant (卵を産み付ける花)を求めて北上する世代は,蝶として2週間から4週間ぐらいしか生きられないが、秋に南へ渡って行く世代は寿命が非常に長く6か月から8か月近く生きるので、一世代でメキシコまでの長旅をすることが出来る。

           

           

          ハチドリのフィーダーとモナコ蝶

          庭に下りて来てハミングバードのフィーダーの周りを飛ぶオオカバマダラ

           

          オオカバマダラはあまり羽ばたかず風に乗ってゆっくりと滑空しながら飛ぶので、その姿は実に優雅である。非常に飛行能力に優れているので気流に乗って遠距離を飛び続けることが出来、特に秋の渡りはカナダの南からメキシコに向かって一世代で3000キロ以上の旅をする。

           

           

          ミルクウイードに止まるモナコ蝶

          翅を広げて休むオオカバマダラ

           

          翅が黒とオレンジ色で白のパターンがある派手な蝶で、翅を広げた時の横幅の長さが10センチ近くもあって大きい。毎年秋の渡り途中に庭に寄って行くオオカバマダラは夏に羽化した世代で、多くの花から蜜を吸い体内に脂肪を大量に蓄える。この脂肪をエネルギーにしてメキシコの越冬地へ渡って行く。

           

           

          花蜜を吸うモナコ蝶

          トウワタ ( Milkweed ) の花蜜を吸うオオカバマダラ

           

          別名 " Milkweed Wanderer " (トウワタの放浪者)と呼ばれ、トウワタの花を求めてさすらいの旅をする。英名 " Monarch " (モナコ)はその色から「オレンジプリンス」と言われた英国のウイリアム三世王の名から付けられた。花粉を媒介するアイコン的な昆虫で、世界的には主に北米で見られる " D. plexippus " と南米で見られる " D.erippus " そしてジャマイカ島に生息する " D.cleophile " の3種類がいる。

           

           

          卵を産むモナコ蝶

          トウワタの葉の裏に卵を産み付けるオオカバマダラの雌

           

          トウワタ ( Milkweed ) は幼虫の食草であり、幼虫はこの葉を食べることによってトウワタのアルカロイドを体内に蓄えて毒化する。このため鳥がオオカバマダラを捕食すると苦い味がして苦しみ、ついには吐き出してしまうので、二度とオオカバマダラを捕食しない。長旅をする蝶にとって、これと言った天敵から逃れるすべを持たないので、オオカバマダラの唯一の防御方法と思われる。

           

           

          モナコ蝶の卵

          体長がたった2ミリ程度しかないオオカバマダラの小さな卵(赤い矢印

           

          オオカバマダラの卵から蝶になる変態期間は暖かい夏だと25日間ぐらいであるが、うすら寒い晩秋だと7週間以上掛かることがあるようだ。しかもその生存率はトウワタの成長にもよるが、極端な天候の変化や天敵、病気などにも左右されるので平均して10%以下と思われてる。


          ソノラ砂漠の珍しくて可愛い生き物 (下)

          0

            ツノトカゲ 1

            ツノトカゲの仲間 Regal Horned Lizard ( Phrynosoma solare )

             

            米国内では主に南アリゾナのソノラ砂漠で見られるポピュラーなトカゲであるが、体長がたった10センチ程度と小さいのと、体の色が生息してる岩場のグラウンドと同じで、しかも動作が鈍いのでトレールを歩いていても見つけるのが非常に難しい。

             

             

            ツノトカゲ 2

            カモフラージュされていてなかなか見つけ難い Regal Horned Lizard

             

            フィールドで目にする普通のトカゲ ( Lizard ) の姿は、ほとんどが細長くて蛇の胴体に手足が付いた形であるが、ツノトカゲは胴体は短くしかも丸い、そして背中に棘があり首の後には角に似た突起があって恐竜の風貌があり、愛嬌があって可愛らしい。

             

             

            岩を登るツノトカゲ

            亀のようにゆっくりと岩を登るツノトカゲ

             

            好物の蟻を探しに岩を登り始めたツノトカゲ。丸いボディーと頭、そして、がまぐちのような口がヒキガエルに似てるので、愛称「ツノヒキガエル」 ( Horned Toads ) とも呼ばれる人気者である。

             

             

            岩の上で待機するツノトカゲ

            じっと動かずに蟻が岩を登って来るのを待つ。頭の後の大きな「ツノ」が赤く光っている。

             

            Regal Horned Lizard の主なる食べ物は90%蟻で、ねばねばした舌をペロッと出して捕まえる。一度の食事で2500匹以上の蟻を食べるようで、そのため骨格の形態が進化して歯が短く下あごが小さい。蟻を好物としているこのツノトカゲでも、蟻の大群に出会うと急いで退散することがある。群れで襲ってくる蟻には、その毒で時にはやられる場合があるようだ。

             

             

            ツノトカゲと留見子の指

            人間の手の指と比較すると、ツノトカゲが如何に小さいかがよく判る。

             

            ツノトカゲのボディーは短くて丸いので、歩いたり外敵から逃げたりするためのスピードに欠けるが、ボディーの幅が広過ぎて天敵の蛇は飲み込むのに大変苦労するようである。また、外敵が近づくと、目の後から血のような赤い液体を吹き出して脅かすことがあるが、残念ながら無毒のため相手に害を与えることは出来ない。


            ソノラ砂漠の珍しくて可愛い生き物 (上)

            0

              トレールとポケットネズミ

              早朝のカタリナ州立公園、トレール(遊歩道)を歩いている時、目の前を横切って草陰に隠れた小さな生き物を見つける。(赤い丸印

               

              写真の珍しい Arizona pocket Mouse ( Perognathus amplus ) は夜行性のため穴で生活することが多く、昼間はめったにお目にかかれない。しかも、体長13センチと非常に小さく、外敵(ガラガラヘビ、コヨーテ、ボブキャット、キツネ、スカンクなど)に出会ったり驚いたりすると直ぐ穴に入ってしまうか、草の陰でフリーズしてじっと動かないので大変見つけ難い。

               

               

              ポケットネズミ

              アリゾナポケットネズミ ( Arizina Pocket Mouse ) は南アリゾナ・ソノラ砂漠に生息する固有種である。

               

              餌(主に草の種や葉)を巣穴に運ぶために頬に小さな袋を持っており「ネズミ」に似てるので英名 " Pocket Mouse " と付けられてるが、実はネズミではなく「齧歯動物」 ( Heteromyidae ) の仲間で、北米には他の種がいない「地リス」( Ground Squairrels ) に近い独立種である。

               

               

              灌木の根元ポケットネズミ

              巣穴がある低い灌木の根元でじっとしている。(赤い矢印

               

              Arizona Pocket Mouse はミシシッピー川より西側の砂漠や平原に多く生息してる Little Pocket Mouse ( Perognathus logimembris ) の仲間であり、大きな体の Ord's Kangaroo Rat ( Dipodomys ordii ) によく似ている。巣穴は小さく昼間は土で入口を塞いで砂漠の日中の暑さと乾燥を防ぎ、穴の中の湿度を保っている。

               

               

              写真撮る小生とポケットネズミ

              しゃがんだ姿勢でカメラを構え、ポケットネズミが歩き出すのをじっと待つ。

               

              なかなか動こうとしないポケットネズミを、荒地の斜面で長時間待つのは非常にきつくて体がしびれて来る。周りには大きな鋭い棘を持ったサボテンが多く、手を付くことや腰を下ろすことが出来ない。しかも、近くの木の根や草の根には猛毒なガラガラヘビがいることもあるので、細心の注意をを払いながら常に周りにも気を配らなくてはならない。ソノラ砂漠はたとえ公園と言えども、出来る限り「人手」を入れず自然のままの状態が保たれてるので、色々な「生きもの」が暮しており、歩いていると思いもよらない「生きもの」に出会える楽しみが多い。

               

               

              ポケットネズミのアップ

              灰色が混じった淡い茶色のソフトな毛と、大きな黒い瞳が実に可愛い。

               

              ポケットネズミはネズミと異なる種類であり、その特徴は後ろの足が大きくて長い、そしてパワフルである。また、前足は短く、歩く場合や外敵から逃げる時などは、長い尾を使って体のバランスを保ちながら、カンガルーのようにホップ、ジャンプする。時には20センチ以上も跳ね上がることもある。彼らは水が少ない砂漠に住んでいるが、腎臓で「尿」を再生しそれを水分として使用出来るので、ほとんど水を飲まなくても大丈夫な体にできてる。


              謹賀新年 2019年元旦

              0

                カタリナ州立公園と雪山

                2019年新年、初雪のソノラ砂漠、カタリナ連山

                 

                新年おめでとうございます。

                本年も皆様に南アリゾナの自然を少しでも多くご紹介するため精いっぱい努力する所存ですので、引き続きよろしく

                お願い申し上げあげます。

                 

                 

                サワーロと雪山

                今冬初の積雪が見られたカタリナ連山とマイフィールド・カタリナ州立公園のサボテン " Saguaro "

                 

                南アリゾナは、31日大晦日の夜から降り出した雨が翌日の元旦の午前中いっぱい降ったので、新年の初日の出は見られなかった。翌2日の朝、今年初のマイフィールド(カタリナ州立公園)歩きをする。クリスマスまで暖かった南アリゾナも晦日の前日から朝方零下、日中も5度ぐらいしか気温が上がらない寒い日が続き、ソノラ砂漠も本格的な冬となった。巨大サボテン " Saguaro " 超しに見る雪景色は実に荒々しく荘厳で雄大である。この組み合わせは冬のソノラ砂漠でしか見られない美しいシーンで、北風に顔が突っ張る寒さも忘れてしばし見とれてしまう。

                 

                 

                キツツキ、サワーロ、雪山

                寒そうに Saguaro の天辺で雪空を見上げる砂漠のキツツキ、サバクシマセゲラ ( Gila Woodpecker / Melanerpes uropygialis )

                 

                ツーソンを中心とする南アリゾナソノラ砂漠は東と南北に標高1500メートル以上の山が連なっている。冬に入ると、この山々が白化粧をした姿に変わり、砂漠も寒々としてくる。南アリゾナの冬は12月末から2月初旬までの一か月半と大変短い。一番寒いのは1月の「寒」に入った頃で、毎年一日か二日ぐらい平地にも雪が降る。元旦に降る雨や雪を昔の人は「御降(おさがり)」と言ったそうだが、書斎から「御降」を静かに眺め過ごす年始は、南アリゾナの例年と違って冬らしい趣があった。

                 

                 

                Brittlebush

                寒い雪空の中、岩場の斜面に咲く小さなヒマワリに似たキク科の Brittlebush ( Encelia farinosa )

                 

                例年2月中旬ごろの春に一番早く咲く花であるが、新年にしかも冬空の中でこの花を目にするのは初めてである。

                南アリゾナの正月はあっさりとしたものである。大晦日はもちろん「除夜の鐘」、「紅白〜」もなく、夜中12時から打ち上げられる花火だけで、 " Happy New Year " である。暦の上の休日は元旦の一日だけ。二日は銀行、証券取引所などすべてのマーケットが開く「御用始め」である。

                 

                 

                Paper Flower

                例年だと4月に咲き始める Paper Flower ( Psilostrophe cooperi ) が正月にチラホラ咲いてるのにもびっくりした。

                 

                英名 " Paper Flower " (ペーパーフラワー)は、花が終わりに近づくと白くなって紙の造花のようになるところから付けられた。

                今年の元旦の夜明けは,小雨降る中,屋根の上で盛んに雄雌で鳴き合うアメリカワシミミズク ( Great Horned Owl ) の声で目が覚めた。新しいと年が明ける嬉しいファンファーレでもあり、耳に心地よかった。冬のこの時期は鳥種が少ないが、山から下りて来てソノラ砂漠で冬を越すチャガシラヒメドリ ( Chipping Sparrow ), ブリューワーヒメドリ ( Brewer's Sparrrow ), ヒバリヒメドリ

                ( Lark Sparrow ), ノドグロヒメドリ ( Black-throated Sparrow ), ミヤマシトド ( White-crowned Sparrow ) などの所謂 Sparrow 類の群れがグラウンドで餌取しては低灌木を飛び回っている姿を近くで見ることが出来る。

                 

                 

                Marigold

                朝方、零下まで気温が下がる冬でも、枯れずに花を咲かせる砂漠の野花 " Desert Marigold ( Baileya multiradiata )

                 

                冬のキャニオン ( Canyon ) 歩きは大変疲れる。まず、早朝の歩きだしと昼近くに帰って来る時の寒暖の差が大変激しい。冬の日の出は遅いのでキャニオンでは7時頃となる。太陽が山の稜線から顔を出す時に気温が下がり零度(時には零下2度から3度)近くにもなる。セーター、厚手のハイキング用ジャケット、これに時にはマフラーとホカロンが必要で手袋も厚手となる。太陽が高く上がって気温が少しづつ上昇してくる10時頃になると、やっと体全部が暖まって来てホッとしてくる。岩に腰を下ろし、持参の熱いコーヒーを飲みながらボヤーと過ごす時間が心地よい。周りでは、やっとサボテンミソサザイ ( Cactus Wren ) , マルハシツグミモドキ ( Curve-billed Thrasher ), アメリカツリスガラ ( Verdin ), オグロブユムシクイ ( Black-tailed Gnatcatcher ) など砂漠の鳥が鳴き始める。12時過ぎる頃の帰り道は気温も20近くになるので防寒具のほとんどをリュックに押し込み、シャツ一枚しかも腕まくりをしないと暑いぐらいである。砂漠の気候は実に激しい。

                 

                 

                Mexican Gold Poppy

                新年には珍しく、一輪だけ咲いていた春の花、メキシカンポピー ( Mexican Gold Poppy / Eschscholtzia mexicana )

                 

                山の岩肌に吹き付けた雪と、岩がごろごろして寒々とした風景のソノラ砂漠でも、足元を見ると幾つかの春の花が咲いているのには驚いた。昨年の秋からクリスマスにかけて暖かく例年以上に雨が多く降ったので、野花が春の到来を待ちきれず咲き始めてしまった・・と思われる。

                 

                 

                Roadrunner

                今年見た第一号の鳥、オオミチバシリ ( Greater Roadrunner / Geococcyx californianus )

                 

                新年の歩きで最初に視界に入って来たのは、ソノラ砂漠の人気者ロードランナーであった。しかもドンドン寄って来て、肉眼で翅の細部まで見れるほどの距離まで近づいて来るのでドキドキした。餌となるトカゲや昆虫類が少なくなる冬の砂漠では、エサ探しに苦労するようで人間の存在など無頓着、ゆっくり歩きながら木の上や幹、グラウンドなどを見つめながら何か動くものは居ないか・・懸命にエサ探しをする。幸先の良い今年の鳥見のスタートであり、砂漠の新年に相応しい鳥に最高の状況で出会えたので、大変満足した歩きとなった。


                ハッピーホリデー( Happy Holidays ) 2018年クリスマス

                0

                  クリスマスカード

                  早いものでもう年の瀬となりました。今年も私のブログを見ていただきありがとうございました。こちらは12月に入ってホリデーシーズンとなり多くの人々が休暇を取って旅に出たり、パーティーをしたり、一年で一番楽しい月です。

                   

                   

                  カタリナ公園の紅葉

                  12月に入って見られるソノラ砂漠ならではの巨大サボテン " Saguaro " と美しい紅葉

                   

                  そしてこの時期、愛鳥家にとっては「クリスマス・バードカウント」 ( Christmas Bird Count ) という大きなイベントがある。1900年に始まった長い歴史を持つイベントで、今年はその119回目にあたり、12月14日から来年の1月5日まで行われる。アメリカ合衆国、カナダ、カリブ海の島、太平洋の島で行われる鳥の国勢調査のようなもので、オーデュボン協会 ( The National Audubon Society ) が主催する。参加登録したグループが一日(24時間)で見た鳥の数、種類を全て記録して報告する。私が住んでるアリゾナ州は12月15日に行われた。ちなみに、昨年前回(118回目)の記録では、参加人員数76,987人(アメリカ合衆国58,719人、カナダ14,264人、その他4004人)で、2,585件のレポートが提出され、見られた鳥の数は59.242,067羽、鳥種は2,673種類が報告されている。

                   

                   

                  12月の夕焼け空

                  クリスマスイブの南アリゾナソノラ砂漠の夕焼け空。12月のソノラ砂漠の天候は、通常ドライで抜けるような青空の毎日であるが、

                  今年は例年より雨の日が多く、12月としては珍しい美しい夕焼け空が見られた。夕陽を見て、コヨーテ ( Coyote ) の遠吠えを聞きながら迎えるクリスマスイブ、何とも言えない不思議な気持ちがする。


                  ソノラ砂漠のオアシス・スイートウオーター水再生処理場 2018年春(その4)最終

                  0

                    ロードランナー蜥蜴を銜える

                    トカゲを銜えて目の前に現れたオオミチバシリ ( Greater Roadrunner / Geococcyx californianus )

                     

                    南アリゾナの人気者ロードランナー、テキサスからアリゾナ、カリフォルニア、そしてメキシコの乾燥した砂漠地帯に生息するポピュラーなジカッコウの仲間である。めったに飛ばないでグラウンドを歩き大きな木の陰に入ってじっと休んでたりすると、体色が地面の色に近くてカモフラージュされてるので以外と見つけ難い。スイートウオーターにいる個体は割と人馴れしていて、ちょくちょく人前に出て来るので見やすく写真も撮りやすい。

                     

                     

                    ロードランナー後ろ姿

                    獲物を見せてくれた後、後ろを向いて得意げに長い尾を左右に振りながら去って行った。

                     

                    ロードランナーは可愛くて愛嬌のある鳥であり、獲物を捕ると得意げに見せに近寄って来ることがある。主な食べ物はトカゲ、ヘビ(特に猛毒なガラガラヘビを好む)小鳥、ネズミ、リスなどの動物食である。尾が長くキジ ( Phasianus versicolor ) のように歩くが、大きさはキジの三分の二程度しかない。囀りは冴えない低い声でハトのように「クークークー」と最後が消えるように下がるので、フィールドでは聞きなれてないとほとんど耳に入って来ない。

                     

                     

                    Aberts Towhee

                    南アリゾナのごく一部の地域でしか見られないメグロトウヒチョウ ( Abert's Towhee / Pipilo aberti )

                     

                    この希少種のトウヒチョウは、スイートウオーターでは毎年繁殖をしてるので写真を撮れる機会が多い。しかし、非常に臆病な鳥で、何時もこそこそしていて、ちょっとでも外敵の気配がすると驚いて直ぐ近くの藪の隠れ場所へ走り去ってしまうので見るのに苦労する。日本のツグミ ( Turdus naumanni ) と同じ大きさで、地面ををかいたり落ち葉をひっくり返して種や草の実、虫などを取り出して食べる。

                     

                     

                    Western Kingbird

                    北米の西側で主に見られる最もポピュラーなタイランチョウのニシタイランチョウ ( Western Kingbird / Tyrannus verticalis )

                     

                    スイートウオーターでは春に中米から戻てくる夏鳥である。大変環境の変化への順応性が高く、郊外の住宅街や公園でも目にすることがある。町ではエサ取りのために止まる高い木の枝に代わって高い塀や電線に止まってることが多々あり、しかも、電柱や他の人工物を巣作りの場所に利用している。エサ取り方法は木の枝や電線にじっと止まり虫の動きを見て、見つけると飛び出して空中で捕まえ、またもとの枝に戻る。又、しばしばグラウンドの上でホバリングして虫を掬い上げる芸当もする。求愛行動が大変大袈裟で、矢のように上空へ飛んで行き、翼を震わせながら鳴く。

                     

                     

                    Yellow-rumped Warbler

                    水浴びをするキヅタアメリカムシクイ ( Yellow-rumped Warbler / Dendroica coronata )

                     

                    スイートウオーターには幾つかの水の流れがあり、砂漠の鳥たちにとっても貴重な水場となっている。腰を下ろしてじっとしてると、次から次へと色々な鳥たちが水飲みにまた水浴びにやって来る。キヅタアメリカムシクイは写真のように喉が黄色い " Audubon's Warbler " と喉が白い " Myrtle Warbler " の2種類が居る。以前は別々に分けられていたが、今は " Yellow-rumped Warbler " 一種となった。 " Myrtle Warbler " は主にニューヨークなどの東側で見られ、アリゾナには大変少ない。日本のウグイス( Cettia diphone ) とほゞ同じ大きさか少し小さい。

                     

                     

                    Common Yellowthroat

                    臆病な鳥で、周りを気にしながら少しづつ水辺に近づいて来るカオグロアメリカムシクイ ( Common Yellowthroat / Geothlypis trichas )

                     

                    水辺の低灌木を好むので、スイートウオーターには数組のペアーが営巣している。地域による亜種が多く、南アリゾナで見られるのは

                    " chryseola " 種である。大きい草や灌木の幹を垂直に登りながら虫やクモなどを探す。また、時には空中を飛んでる虫をフライングキャッチすることもある。

                     

                     

                    Orange-crowned Warbler

                    水浴びするサメズアカアメリカムシクイ ( Orange-crowned Warbler / Vermivora celata )

                     

                    南アリゾナでは主に冬の間だけ見られる渡り鳥で、夏には繁殖のためカナダ、アラスカへ北上して行く。南アリゾナで見られるのは明るい黄色の亜種 " lutescens " である。アメリカムシクイの多くは高い木のキャヌピーでエサ取りするが、サメズアカアメリカムシクイは低い枝を好み、時にはグラウンドでエサ取りすることもある。

                     

                     

                    Coopers Hawk

                    日本のキジバトより小さいクーパーハイタカ ( Cooper's Hawk / Accipiter cooperii )

                     

                    スイートウオーターでは猛禽類も近くで見ることが出来る。留鳥のクーパーハイタカは町の公園や人家近くでもごく普通に見られる鷹で、庭のフィーダーに集まって来る鳥(特にナゲキバト)を狙ってちょくちょく庭でハンティングすることがある。多くの鷹は空をソワリングしながら獲物を探すが、クーパーハイタカはソワリングはほとんどせず、鬱蒼と葉の茂った木の枝のしかも幹に近い所に止まり、じっと静かに待ちながら獲物の動きを見る所謂待ち伏せスタイルで、獲物を見つけると、素早くダッシュして木と木の間を低く曲芸飛行のように凄いスピードで獲物に襲い、足の爪で捕獲する。

                     

                     

                    ワシミミズクの巣と雛

                    大きなユーカリの木、鷹の古巣を利用したアメリカワシミミズク ( Great Horned Owl / Bubo virginianus ) の巣と雛

                     

                    アメリカワシミミズクは大きな木が少ない南アリゾナソノラ砂漠では巨大サボテン " Saguaro " に造られたモモアカノスリ

                    ( Harris's Hawk / Parabuteo unicinctus ) やワタリガラス ( Common Raven / Corvus lorax ) の古巣を利用することが多い。人家の庭の低灌木でも見られるポピュラーなフクロウであり、秋から冬にかけては特に雄・雌で夜ごと屋根の上で鳴き合うので大変身近な鳥でもある。

                     

                     

                    ワシミミズクの親

                    雛の頭上の枝でじーと私を見ているアメリカワシミミズクの雌親

                     

                    全米の広い地域で見られるポピュラーな大型のフクロウで、日本で迷鳥として記録があるワシミミズク ( Bubo bubo ) より小さい。主たる獲物はスカンクなど大きな動物からリス、ネズミまで幅広く食べる。秋になると庭の灌木の豆が下に落ち、野ネズミの Cacutus Mouse がそれを食べに庭に現れるので,それを狙ってアメリカワシミミズクが夜頻繁に庭に来てくれる。


                    ソノラ砂漠のオアシス・スイートウオーター水再生処理場 2018年春(その3)

                    0

                      風景トレール

                      よく整備されてるトレールの一部は舗装されてるので車椅子でのバーディングも可能。

                       

                      砂漠のウエットランド「スイートウオーター」は大小10以上の池があり、それらを取り巻くように全長2キロ近いトレールが造られてる。池には「ガマ」が密生しており、水辺には大きなユーカリの木やポプラの仲間「ハヒロハコヤナギ」そして低灌木も点在してるので水鳥だけでなく小鳥たちの絶好のエサ場となっている。

                       

                       

                      killdeer

                      水辺のグラウンドに営巣するフタオビチドリ ( Killdeer / Charadrius vociferus )

                       

                      北はアラスカのツンドラ地帯から南はアリゾナまでの全米広い地域でごく普通に見られるチドリで、草原や海岸の砂浜、河川、湖沼、町の公園など、どこでも見られるポピュラーな鳥である。和名の由来である二本の太い黒い帯が特徴で、英名 " Killdeer " (キルディア)はその甲高い声からつけられた。日本全国広く分布しているシロチドリ ( Charadrius alexandrinus ) よりずーと大きい。小走りしては止まって私を見たり、私の歩く音を聞いたりして突然嘴でトントンとグラウンドを突っついていた。

                       

                       

                      Chick of Killdeer

                      生まれたばかりのフタオビチドリの雛

                       

                      巣は開けたグラウンドで、砂礫の上に直に卵を産む。孵化した雛はすぐ歩き始めてよく走る。主な食べ物は虫で、親から直に与えられていた。雛に近づくと、親は翼が傷ついたような擬態をして、尾を広げ足を引き摺ってヨタヨタ歩き出した。私を雛から遠ざけるためのようなので、一枚だけ写真を撮らせてもらって直ぐその場を退散した。

                       

                       

                      Red-winged Blackbird

                      両肩の赤い羽を大きく膨らませて囀るハゴロモガラス ( Red-winged Blackbird / Agelaius phoeniceus )

                       

                      ハゴロモガラスは全米で一番数の多い鳥の一種で、全米各地の湿地帯、水辺でごく普通に見られる。「スイートウオーター」では群れを成して営巣している。日本のツグミ ( Turdus naumann ) より小さいが、囀りはよく通る大きな声で「コンコリーン」となくので大変目立つ。繁殖期に雄は雌の前で肩の赤いパッチを膨らませるが、この赤い面積が大きいほど雌にもてるようである。

                       

                       

                      Great-tailed Grackle - Male

                      英名の由来である、非常に大きな尾を持つオナガクロムクドリモドキ ( Great-tailed Grackle / Quiscalus mexicanus ) の雄

                       

                      北米のテキサスから西側の南部地域でごく普通に見られる鳥種で、南アリゾナではスーパーマーケットの大きな駐車場にもおり、腰を振りながら地面を歩き、人々が落としていく食べ物を拾って食べている。主なエサは虫、カタツムリ、小魚、カエル、果実など、時々他の小鳥が捕った獲物を盗むのが得意である。

                       

                       

                      Great-tailed Grackle - Female

                      雄と異なり全身薄い茶色一色のオナガクロムクドリモドキの雌

                       

                      開けたグラウンドを好んで歩き回るが、風が強い日など、大きな尾に風が当たって「風見鶏」のように左右に体を回すことがあり、見ていて思わず笑ってしまう。群れで行動してることが多く、大きな通る声で「キーキーキー」と鳴き合うので非常に騒々しい。繁殖期に雌を観察してると、ちょくちょく他の鳥の巣材を盛んに盗んでいるのが見られる。

                       

                       

                      Ladder-backed Woodpecker

                      砂漠のキツツキと言われるシマアカゲラ ( Ladder-backed Woodpecker / Picoides scalaris ) 雄

                       

                      美しい白黒の縞模様の背中と可愛らしい赤い帽子を被ったキツツキで、サボテンが生えていて低灌木が点在する乾燥した砂漠を好む。テキサスからアリゾナ、カリフォルニアの南部地域で年中見られる留鳥である。日本のコゲラ ( Dendrocopos kizuki ) より大きい。雄と雌でエサ取りするスポットが異なる面白い習性を持っている。雄は木の低い枝や時にはグラウンドに下りてきて虫(特に蟻)を食べるが、雌は高い枝で他のキツツキと同様、樹皮を突っついて虫を拾い集める。また、雄と雌両方ともサボテンの実をよく食べ水分の補給をしているので、庭の水場にはほとんど姿を現さない。

                       

                       

                      Song Sparrow

                      名前の通り美しい歌を聞かせてくれるウタスズメ ( Song Sparrow / Melospiza melodia )

                       

                      大変数が多く、全米ほとんどの地域で見られるポピュラーな鳥である。また、31種類と亜種が多いが、南アリゾナの砂漠で見られる亜種は " Saltonis " で全体が薄い茶色。日本のホオジロ ( Emberiza cioides ) と同じ大きさ。クリアーな口笛のような音色で囀るので遠くに居てもよく聞こえてくる。

                       

                       

                      Cottontail

                      カメラを気にしながらものんびりと草を食べるサバクワタオウサギ ( Desert Cottontail / Sylvilagus audubonii )

                       

                      早朝のスイートウオーターは色々な動物に会える。コヨーテ、ボブキャット、キツネなどが時々目の前をチラッと横切って灌木の中へ入ってしまい、なかなかシャッターチャンスを与えてくれない。砂漠の動物は夜行性が多いので、いつも彼らの朝帰りの姿を見るだけであるから、ゆっくり写真が撮れないのは仕方ないのかもしれない。



                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << March 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • ソノラ砂漠のオアシス、スイートウオーター水再生処理場 2018年春(その1)
                        藤波
                      • ソノラ砂漠のオアシス、スイートウオーター水再生処理場 2018年春(その1)
                        tokumitsu yayoi
                      • 意外と身近に居る猛毒なガラガラヘビ 2018年夏
                        藤波
                      • 意外と身近に居る猛毒なガラガラヘビ 2018年夏
                        yayoi
                      • ソノラ砂漠のオアシス、スイートウオーター水再生処理場 2018年春(その1)
                        Yayoi Tokumitsu
                      • ソノラ砂漠の秋の話題 ガラガラヘビ住宅街に現れる 2016年
                        YUko
                      • ソノラ砂漠の秋の話題 ガラガラヘビ住宅街に現れる 2016年
                        藤波
                      • ソノラ砂漠の秋の話題 ガラガラヘビ住宅街に現れる 2016年
                        Yuko
                      • アリゾナ・ソノラ砂漠のオアシスで見る冬鳥たち(2012年3月 その3)
                        Fujinami
                      • アリゾナ・ソノラ砂漠のオアシスで見る冬鳥たち(2012年3月 その3)
                        Kumiko

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode