title





米国アリゾナのソノラ砂漠に住む鳥好き花好き動物好きのおじさんがおとどけするアメリカの自然情報です。

庭で生れた野ウサギ 2018年春 (下)

0
    靴に寄り添うワタオウサギの子
    靴にピッタリ寄り添うサバクワタオウサギの子

    まだ外敵の恐ろしさを知らない子ウサギ、写真を撮る私の足元に寄りかかって眠っている。巣立ち直前の子ウサギは体も大きくなって巣穴が小さすぎるのか、居心地が悪いらしく巣の外へ出たがって歩き回る。
     
    手に登るワタオウサギの子
    両手を差し伸べると、すぐ手のひらにのって来る子ウサギたち

    庭の作業用の手袋をはめた手をひろげると、匂いを嗅ぎながら登って来る。サバクワタオウサギは多産で、生まれて3ヶ月も経つと繫殖を始め、1回に2匹から4匹を産み、しかも一年中繁殖を続ける。子ウサギの生まれて一年間の生存率が非常に低いために、たくさん産まないと子孫を残すことが出来ないのだろう。
     
    手のひらで眠るワタオウサギの子2匹
    手のひらの温もりを楽しむ子ウサギ

    毛がまだ完全に生えてない子ウサギにとって、大きく開けた巣穴では北風が吹く早朝は寒いらしく、手のひらで丸く包んでやると直ぐ眠ってしまう。
     
    手のひらで眠る子ウサギ一匹
    一番体の大きな兄き格の子ウサギも手のひらに載って来る

    ワタオウサギは日中はあまり活動的でなく、早朝や夕方に活発に動き回る。また、風の強い日にはエサ探しをすることはまれである。それは彼らの敵が近づいてくる音や気配を聞き取る能力が鈍るからである。
     
    ワタオウサギの巣と子ウサギ
    巣立ちして庭を出て行く前日、巣に収まらないぐらい大きくなった子ウサギたち

    この写真を撮った翌日、まだ私が寝ている夜明け前に子ウサギたちは巣穴を離れ雌親と一緒に庭から出て行った。ワタオウサギは捕食動物から身を守る方法は持っておらず、非常に良い目と良い耳そして素早い逃げ足しかない。そのため生まれて一年間の死亡率は特に高く、3匹生まれても生き残れるのはラッキーで一匹だけと言われている。
     
    サバクワタオウサギの親
    庭の欄干をくぐって保護区へ出て行った雌親

    ボディサイズの14%にもなる大きな耳は、敵の気配を素早く察知するのに役立つばかりでなく、極暑の砂漠で生きるための体温調整にも役立っている。彼らは危険が迫るとフリーズしてじっとしている。危険が去ったと思うと猛烈な勢いでジグザグに飛びながら時速30キロ以上で走り去る。面白いことに、自分より小さい生き物に対しては花で小突いて前足でピタッとパンチを食わせることもある。

    庭で生れた野ウサギ 2018年春 (上)

    0
      ワタオウサギ後姿
      白くて丸い綿のような尾と長い耳が特徴のサバクワタオウサギ ( Desert Cottontail / Sylvilagus audubonii )

      北米西側、南部の砂漠に生息するサバクワタオウサギはトレールを歩いていると一番よく目につく動物で、しかも時々庭にも現れる大変身近な「生きもの」でもある。体長40センチでヨーロッパのウサギとよく似ているが、耳が大変大きく時々直立することがある。北米には2種類のワタオウサギが生息している。もう一種のヒガシワタオウサギ ( Eastern Cottontail / Sylvilagus floridanus ) は大西洋側の東海岸から内陸中央にかけての全米広い地域で見られる。
       
      ワタオウサギの巣穴
      庭の小山に作られたサバクワタオウサギの巣穴

      4月に入って、庭のあちらこちらにウサギが掘ったと思われる穴が見られるようになった。彼らは前足を鍬の様に使って浅い窪地を作り、捕食動物から逃れるための避難所に使うことが多く、まさか狭い庭に巣まで作るとは思ってもいなかった。(実はこれが二回目であるが、ねずみが掘った穴を利用している)
       
      ワタオウサギの子3匹
      巣穴で眠っている3匹のサバクワタオウサギの子

      ワタオウサギの雌親は夜暗くなってから巣に戻って来て子ウサギに乳を与え、夜が明けると、エサ取りのため砂漠へ帰ってゆき、夜まで戻ってこない。子ウサギがまだ小さくて目が開いてない時は雌親が巣穴を離れる時に入口を土でカバーして判らないように巣穴をふさいで行くが、子ウサギが大きくなると写真のように3分の一ぐらい開けて雌親は出て行くので、子ウサギをよく観察出来る。
       
      ワタオウサギの子穴から出る
      巣穴から身を乗り出して暖かい陽射しに当たる子ウサギ

      子ウサギは生まれたては毛が無く目が見えない。2週間で離乳して3周間で巣穴を出て行くので、写真の子ウサギたちは巣立ち直前と思われる。平均寿命はたった2年であるから非常に短い。
       
      ワタオウサギの子歩く1
      初めて巣から出た子ウサギ

      4月の砂漠の昼夜の気温差は激しくて、北から寒気が下りて来ると、早朝は3度から5度まで下がることがある。まだ完全に毛が生えそろっていない子ウサギにとっては、この早朝の寒さは堪えるだろう。
       
      ワタオウサギの子歩く2
      時々転びながらヨタヨタ歩く子ウサギ

      巣穴から出てきての初歩き、小石に躓いては転んでいる。サバクワタオウサギにとって砂漠に生息するほとんどの「生きもの」は敵である。ヘビ、コヨーテ、ボブキャット、キツネなどの動物、そして鷹やフクロウなどの猛禽類まで全てが捕食者である。
       
      ワタオウサギの子花食べる
      甘いサルビアの花を食べる子ウサギ

      離乳食として最適な柔らかく甘いサルビアの花をさっそく見つけて食べていた。サバクワタオウサギの主食は80%草の葉や茎、そしてサボテン類である。庭の野菜畑は彼らにとって大好物で、一夜で丸坊主になるぐらいきれいに食べられてしまう。ワタオウサギは菜園を持ってる人にとってはまさに憎き害獣でる。
       
      ワタオウサギの子岩陰で眠る
      歩き疲れて花の根元で眠る子ウサギ

      巣穴を出て初めての歩きはすぐ疲れてしまうのだろう・・・?ものの3メートルも歩くとサルビアの根元の岩に寄りかかってじっとしてしまう。サバクワタオウサギが外敵から身を守る方法は木の下や岩陰に隠れてフリーズするか、思いっきりジャンプして速足でジグザグに走るしかない。しかし、まだ子ウサギに走ることは無理なので、こうして岩に隠れるようにじっとしているのが安全であることを本能的に判っているようだ。

      ハッピーイースター(南アリゾナ・ソノラ砂漠の春)2018年(下)

      0
        ルーシーアメリカムシクイ逆さま姿
        逆さまになって葉の裏にいる虫を探すルーシーアメリカムシクイ ( Lucy's Warbler )

        ソノラ砂漠の「春告鳥」であるルーシーアメリカムシクイは冬をメキシコや中米で過ごし、春になると南アリゾナに戻って来る渡り鳥である。野花が一面に広がり、木々の緑も深みを増して、明るい陽射しとそよ風に誘われるようにルーシーアメリカムシクイの春を告げる囀りがあちらこちらから聞こえてくると、まさに春の訪れを実感する。
         
        ルーシーアメリカムシクイジャンプ
        ジャンプして虫を捕えるルーシーアメリカムシクイ ( Vermivora luciae )

        ルーシーアメリカムシクイは体長11センチ(メジロより小さい)と大変小さい。身軽のせいか、常に飛び上がったり枝先をくるくる回ったり、ちょこまか枝移りしたり落ち着きなくじっとしてくれない鳥で、南アリゾナの砂漠で営巣する唯一のアメリカムシクイである。英名ルーシー ( Lucy ) はスミソニアン協会長官の娘さんの名前からとったもの。囀りは「チェチェチェ・・・」とせわしなく聞こえ、ソングスポットを持たないで枝移りしながら忙しく鳴く。
         
        Cream Cups
        ポピーの仲間 Cream Cups ( Platystemoa californicus )

        「立春」を過ぎると空気が緩み冬とは違う気配があり、気分が晴れて明るくなる。そしてソノラ砂漠の長閑な明るい春の昼は、ハイキングをしていても心がウキウキしてくる。
         
        Baby Aster
        Baby Aster ( Leucelene ericoides )

        枯草の下から草の芽が生え出る「下萌」を南アリゾナソノラ砂漠でも、見ることは出来る。まだ寒気が残っていても大地はもう春の準備に動き出している。
         
        Trailing Four Oclock
        Trailing Four O/clock ( Allionia incernata )

        春の野花の中でも数少ない珍しい種類である。春を知らせる陽射しの中であでやかに咲く野花、肌に触れる空気が柔らかくなっていて、春の近づくのを感じさせられる。
         
        Fairy Duster
        ハミングバードが大好きな Fairy Dustar ( Calliandra eriophylla )

        日本で春彼岸の頃に吹く西風、これは冬の名残の寒い風であるが、ソノラ砂漠に春に吹く西風は、南カリフォルニアの太平洋から吹く風で、柔らかな春の風である。
         
        Ocotillo
        「砂漠のローソク」と呼ばれる Ocotillo (オコティーオ / Fouquieria splendens )

        9メートルから10メートルの高さの細い茎に小さい緑の葉をつけ、突端に赤い色の花が咲くので別の英名で " Candle wood " とも呼ばれる。茎は棘に覆われているがサボテンではなく、メキシコ Bajacalifornia " の木 " Boojum " の仲間である。花蜜がよく出るので春の渡りのハミングバードの貴重なエサとなる。
         
        Pincushion Cactus
        サボテンの中で春一番に咲く Pincushion Cactus ( Mammillaria microcarpa )

        長いカギ型の棘が特徴で、魚を釣る釣針に似てるので別名 " Fishhook Cactas " と呼ばれている。このサボテンが咲き始めると春の野花も終わりに近づき、代わって色々なサボテンの花が咲き始めてソノラ砂漠は初夏に入って来る。
         
        Desert Mariposa
        紙の造花のような Desert Mariposa ( Calochortus kennedyi )

        ユリ科の仲間で、葉がほとんどない細くて長い茎の先に派手な色の花が咲くので遠くからでも非常に目立つ。英名 " Mariposa " (マリポサ)はスペイン語で「蝶」の意味で、チューリップの花の形に似てるので「マリポサチューリップ」ともよばれている。
         
        新緑のカタリナ公園
        新緑に包まれたソノラ砂漠、巨大サボテン「サワーロ」 ( Saguaro ) の林がひときわ目立つ

        カリフォルニアから飛行機で南アリゾナのツーソン空港に入って来る時、上空から見る地上は茶色一色の広大な荒野に見え、まさに殺伐とした砂漠を想像するが、ツーソン空港に降り立って車で走り出すと、大きな木や低灌木がたくさんあって緑と美しい自然が豊かで砂漠とは思えない光景にほとんどの人がびっくりする。

        ハッピーイースター(南アリゾナ・ソノラ砂漠の春)2018年(上)

        0
          Catalina State Park
          下草が枯れ茶色の土肌が見える、春直前(2月)のソノラ砂漠

          今年のイースター(キリスト教の復活祭)は4月一日。ヨーロッパの暦では4連休。日本のゴールデンウイークのようなもので、特に北ヨーロッパの人々は厳しい長い冬から解放されて、南ヨーロッパの暖かい春の陽気を求めて民族の大移動をする。しかし、北米は連休ではないので人々の大移動はないが、春の挨拶として顔が合えば「ハッピーイースター」と言い合い、待ちに待った春の喜びを分かち合う。
           
          Mexican Gold Popy & Bee
          春一番に咲くポピーの仲間 Mexican Gold Popy と蜜を集める蜜蜂そして、背後はソノラ砂漠の象徴サワーロサボテン (Saguaro) の斜面林

          多くの日本の人々にとって「砂漠」というイメージは砂と砂丘だけの広大な平地であるが、南アリゾナのソノラ砂漠は緑が豊富で春には色々な野花が咲き美し変化に富んでいて、アフリカや中国の「砂漠」とは大きく異なる。
           
          Texas Toadflax
          冬枯れの灌木の根元から春の野花 Texas Toadflax ( Nuttallanthus texanus ) が顔を出す。

          メキシコと国境を接する砂漠の南アリゾナでも少々あいまいであるが四季がある。12月から2月初旬にかけては肌寒く、日中15度以下で朝晩は時には零下になることもあり、2日ないし3日ぐらいは雪が降ることも珍しくない。しかし、2月末ごろから日中は徐々に暖かくなり20度を超して木の新しい芽が出始め野の花が一斉に咲き始める。そんな砂漠の春の美しい野花をたっぷりと紹介しましょう。
           
          Desert Honeysuckle
          スイカズラの仲間 Desert Honeysuckle ( Anisacanthus thurberi )

          春の早い時期は、花蜜を出す野花が少ないのでハミングバードがエサ探しに苦労する。3月初めに早くも花が咲くハニーサックル (Honeysuckle) はハミングバードにとって大変貴重な花である。そのため、花蜜の取り合いが起こり、ハミングバードの間で空中での激しい戦いがちょくちょく見られる。
           
          Tiny Checker Spot
          春一番に舞う小さな蝶 Tiny Checker Spot ( Dymasia dymas )

          野花が咲き出すと蝶も舞い始める。ウイングスパンがたったの22ミリの大変小さな蝶で、陽気が春らしくなるとたくさん出てくる。グラウンドに近い低い所を飛ぶことが多く、時々地面に下りてゆっくり翅を開いてくれる。色とりどりの春の野花が開いて蝶が舞うと、のんびりした春の「アリゾナ時間」を楽しむことが出来る。
           
          Mexican Gold Popy & Trail
          トレールの両側に群生する Mexican Gold Popy ( Eschscholtzia mexicana )

          秋から冬にかけてのソノラ砂漠のトレールは、巨大サボテン・サワーロ (Saguaro) 以外はほぼ茶色一色の世界で、緑のないごつごつした岩肌と、下草も枯れてほとんど土肌が見える殺風景な自然歩道で歩いていてもあまり楽しくない。しかし、春の温かい風が吹き始めると、今まで茶色の土しか見えなかった足元がパッと明るくなって足取りも軽くなってくる。
           
          Mat of Mexcan Gold Popy
          黄色のマットを敷いたような美しい Mexican Gold Popy と California Popy

          日本の春は梅の花が散ると桜が咲きじわじわとゆっくりやって来るが、ソノラ砂漠の春は突然やって来る。3月に入ると、灌木の枯れ枝は瞬く間に新緑の葉に包まれ、歩く足元には野花が一斉に咲く。しかし、春はさーと短く終わってしまう。4月の終わり頃には日中の気温が30度を超すドライな初夏となる。そして、人々は短パン(ショートパンツ)とTシャツに衣替え、9月いっぱいまでの半年近くは買い物、レストラン、カフェーなど、どこへ行くのにもこの格好で闊歩する。
           
          Purple Mat
          Purple Mat ( Nama demissum )

          ソノラ砂漠は、冬の間に降る雨の量によって野草の花の咲き具合が変化する。今年の冬は、例年より雨の量が少なくドライウインターだったので野花の咲き具合もあまり良くない。写真の Purple Mat は、雨の量が多いとグラウンドは紫色のマットを敷いたようにたくさんの花が咲いて見事な光景となる。
           
          Miniature Wool Star
          Miniature Wool Star ( Eriastrum diffusum )

          アリゾナを代表する野草の花の一つで、赤茶の長い茎の先に咲く小さい花で、花が出て来る頂生の房は,毛糸のような柔毛に覆われる。
           
          Blue Dicks
          倒木の横に何げなく咲く Blue Dicks ( Dichelostemma pulchellum )

          「砂漠のヒヤシンス」の愛称で呼ばれる可憐な春の花。ねぎのような球根は,原住民インディアンや開拓移民のスペイン人たちが好んで食していた。

          マイフィールドの珍鳥及び希少種 2017年夏 その(最終)

          0
            ムラサキノジコ囀り1
            メキシコ種のムラサキノジコ ( Varied Bunting )

            主たる生息地はメキシコ全域であるが、モンスーン期の8月にメキシコ国境に近い南アリゾナ、南テキサスに営巣のため渡って来る。真夏の雷雨が降り始めると巣作りが始まるので、北米ではモンスーン期のごく短い間しか見ることが出来ない。
             
            ムラサキノジコ囀り2
            ムラサキノジコ ( Passerina versicolor )

            英名の " Varied Bunting " はいろいろな色の混じった変化に富んでる美しいノジコという意味からきている。繁殖期の美しい雄も秋の換羽期となると雌と同じ全体的に冴えない茶色になるが、尾の根元のランプの美しいブルーが残る。
             
            風景 Montosa Canyon
            モンスーンの8月には、ほぼ確実にムラサキノジコが見られる営巣地のモントサ渓谷 ( Montosa Canyon )

            ムラサキノジコは水が流れる山麓の低灌木地帯を好み、毎夏、繁殖期になるとメキシコから渡って来る。秋になるとほとんどがメキシコへ帰ってしまうので、観察できる期間はモンスーン期の8月だけで大変短い。
             
            ムラサキノジコ全身1
            全身に陽の光が当たると、美しい複雑な色に輝く繁殖期のムラサキノジコの雄

            この鳥は遠距離から見たり、暗い場所や曇りの日などに見ると、全体が黒く見えるだけの地味な鳥である。一方、昼間の明るい太陽のもとで見ると、ハッとするほど大変美しい色に耀き人目を引きつける。同じ鳥とは思えないほど色鮮やかなのに驚かされる。
             
            ムラサキノジコ後姿
            頭の赤と尾の根元のブルーが一際目に付くムラサキノジコの後ろ姿

            主たる食べ物は草や木の種であり、密に茂った低い木の根元のグラウンド近くでエサ取りをするため見つけるのに苦労する。しかし、雌が巣に座り始めると、巣の近くの目立つ高い枝のソングスポットでテリトリーソングを歌うので、早朝の雄が活発に鳴く短い時間がよく観察出来るチャンスである。
             
            ムラサキノジコ全身2
            赤い色、青紫色、濃い紫色、そして黒い色と繁殖期の雄は複雑な美しさである。

            ムラサキノジコはフィールドで簡単に見れる鳥ではなく、ましてや写真に撮るのは非常に難しい。町の公園や人間が住んでる場所の近くにはほとんど現れない。夏の激しい雷雨が降るモンスーン期の短い間だけしかゆっくり観察出来るチャンスがないので、一般のバーダーにはなじみが薄い。

            マイフィールドの珍鳥及び希少種 2017年夏 その(8)

            0
              ズグロブユムシクイ1左向

              北米では南アリゾナの限られた数か所でしか見られないメキシコ種ズグロブユムシクイ ( Black-capped Gnatcatcher )

              ブユムシクイ、英名 " Gnatcatcher " (ナットキャッチャー)、学名 " Polioptila " は新世界(アメリカ大陸)のみに生息する鳥で、ヨーロッパやアジアでは見られない。北米には4種類生息していて、南アリゾナではこのうち全米広い地域で見られる最もポピュラーなブユムシクイ ( Blue-gray Gnatcatcher / Polioptila caerulea ) , そして、主に西側の砂漠(南アリゾナはこの種が多い)で見られるオグロブユムシクイ ( Black-tailed Gnatcatcher / polioptila melenura ) それと写真の珍しいメキシコ種ズグロブユムシクイの3種類を見ることが出来る。3種類とも大変良く似てるので、フィールドでの識別が難しい。
               

              ズグロブユムシクイ2正面
              頭の黒い部分が目の下まで被さってるのが特徴のズグロブユムシクイ ( Polioptila nigriceps )


              ズグロブユムシクイの主たる営巣地は北メキシコの西側の水が豊かに流れる森林で、しかも渡りをしない留鳥である。しかし、近年メキシコ国境に近い南アリゾナまで北上しながら生息地域を広げてきている。まさに鳥には国境がないので、いとも簡単に新天地を求めて越境して米国に入って来ることが出来る。
               

              風景 Montosa Canyon
              南アリゾナでの営巣地の一つ Montosa Canyon


              ズグロブユムシクイの北米での初確認は1971年(アリゾナ)で、2002年にペアーで営巣しているのがやはりアリゾナで
              確認さるまで、ごく稀にしか見られない大変な珍鳥であった。現在でも、写真の Montosa Canyon, 北隣の Madera Canyon, Patagonia Lake の3ヶ所のみで毎年営巣しているのが確認される程度で、相変わらずごく限られたスポットでしか見られない希少種である。ABC ( Arizona Bird Commitee ) でも、このズグロブユムシクイの情報が不足してるため、ネットで観察記録の提供を求めている。
               

              ズグロブユムシクイ3囀り

              モンスーンの真夏(8月)の早朝にはズグロブユムシクイのテリトリーソングがよく聞けるので識別が楽で助かる。

              南アリゾナでは、砂漠でごく普通に見られるオグロブユムシクイとこのズグロブユムシクイは営巣地が重なるので初心者にとっては識別が厄介であるが、中級以上のバーダーにとってはこの希少種を見つけるのが腕の見せ所で、バーディングが一段と面白くなるので非常に人気の高い鳥でもある。そのため、真夏の珍鳥情報 " ebird " には毎日のようにズグロブユムシクイを見つけた報告が載せられてる。
               

              ズグロブユムシクイ4羽繕い

              モンスーン期はしばしば激しい雷雨に見舞われるので鳥たちはよく羽繕いをしている。


              ズグロブユムシクイは川が流れる水辺の密に茂った低灌木に営巣しているので巣に座ってる姿はなかなか見れないが、雨がやんで陽が差すとゆっくり羽繕いしてる姿に出会える。人をあまり恐れないのと、好奇心が強いので唇で「ピシピシ・・・」という音(アメリカのバーダーが鳥寄せによくやる)を出すと、灌木の中から目の高さのよく見える枝先に出て来ることが多い。
               

              ズグロブユムシクイ5警戒

              他の鳥がテリトリーに入って来ると、凄い警戒音を出しながら枝移りして威嚇する。


              体が小さく尾が長いのでフィールドで見ていると日本のエナガに似ているが、体は丸くなく体長11センチとエナガよりずーと小さい。餌取は非常にアクティブで、密生した灌木の中で虫を探す、また、時にはホバリングしながら虫を嘴で掴むこともある。
               

              ズグロブユムシクイ6後姿

              特徴の黒い頭が朝日に当たってよく目立つズグロブユムシクイの後ろ姿。


              他のブユムシクイ、特によく似ているオグロブユムシクイとの違いは、ズグロブユムシクイは嘴が細く長い、しかも先端がだんだん細くなっていく。一番の特徴と言われる尾の裏側の模様と尾の外側の白色は、夏の羽毛が抜け替わる Molt シーズンには残念ながら全体的に色が変わるので識別はさらに難しくなる。矢張り事前に囀りや地鳴きを耳に叩きこんで覚え、フィールドでは声をよく聞き識別するのがベストで確実性が高い。日中40度近くまで気温が上がる真夏の南アリゾナのバーディングは早朝(日の出)の3時間から4時間が勝負、事前の予習と突然一転にわかに掻き曇りの雷雨にも負けないチャレンジ精神が必要かもしれない。


              マイフィールドの珍鳥及び希少種 2017年夏 その(7)

              0
                チャバネスズメモドキ囀る後姿
                アリゾナの「スペシャルバード」と呼ばれるチャバネスズメモドキ ( Botteri's Sparrow )

                チャバネスズメモドキは、北米では南アリゾナのメキシコ国境に近い非常に限られた地域のごく一部のスポットでしか見られない希少な渡り鳥である。アリゾナに来る多くのバーダーがどうしても見たい・・・と思う鳥種は、ウツクシキヌバネドリ ( Elegant Trogon ) やハミングバードのような派手な鳥であるが、色が地味でしかも見つけにくいチャバネスズメモドキは、一般のバーダー(特に初心者)にとっては馴染みの薄い鳥となっている。
                 
                チャバネスズメモドキ左向
                日中はほとんどグラウンドで過ごすチャバネスズメモドキ ( Aimophila botterii )

                この大きなスズメモドキは主なる営巣地が中央メキシコで短い距離の渡りをするメキシコ種である。背丈の高い草に覆われた草原を好み、主にグラウンドでエサ取りをし、危険が迫っても飛び出さず地上を走って逃げるぐらいの隠密行動が得意な鳥である。学名 " Aimophila " の「スズメモドキ」の類はどれも同じような習性なので非常に見つけにくいのと,識別に苦労するため初心者のバーダーには馴染みが薄く、中級以上のバーダーが好んで探し求める鳥種である。
                 
                風景Box Canyon への道
                英名 " Sparrow " 学名 " Aimophila " のスズメモドキ類が多種見られる Santa Rita 連山の麓の山岳道路 Greaterville Road


                時には前の車が見えなくなる土煙の中、車の窓を開けてスズメモドキの声を聞きながらゆっくり車を走らせ、鳴き声が聞こえてくると車を停めて識別をして行く。中級以上のバーダーが好んで競い合うバーディングに " Sparrow Challenge " というのがある。南アリゾナで見られるスズメモドキの4種、チャバネスズメモドキ、サメスズメモドキ ( Cassin's Sparrow / Aimophila cassinii ), フタスジスズメモドキ ( Rufous-winged Sparrow / Aimophila carpalis ), ズアカスズメモドキ ( Rufous-crowned Sparrow / Aimophila ruficeps ) の識別をフィールドで競い合う楽しい探鳥方法で、囀りを聞く以外の形や色で識別するのは、やはりある程度の技術がいるので腕の見せ所である。
                 
                風景草原
                チャバネスズメモドキが好む背丈の高い草が一面覆っていて、マメ科の低木メスケ ( Mesquit ) とオカティヨ ( Ocotillo ) が点在する広大な草地

                チャバネスズメモドキは南アリゾナの砂漠に多いイネ科のヒゲシバ類が密生している牧草地を好むようなので、。近年、夏に渡って来る個体数が少しづつであるが増えている。写真の牧草地はチャバネスズメモドキのリサーチフィールドで、1960年に立てられた古いほとんど字が読めない看板が立っていた。風の音しか聞こえてこない草原に立っていると、チャバネスズメモドキとサメスズメモドキの囀る声が交互に混じって聞こえてくる。
                 
                チャバネスズメモドキ正面顔
                全身茶色でしかも特徴のない顔をしているが、太くて白い眉毛はよく目立つ

                チャバネスズメモドキは6月に南アリゾナに現れ、9月にはメキシコへ去ってしまう。営巣は真夏のモンスーン期(8月)で、激しい雷雨が降り始めないと卵を産まない。観察が難しい鳥なので、営巣状況の詳しいことは今だに判っていない。
                 
                チャバネスズメモドキ囀り
                夏のモンスーン期の短い間だけ Ocotillo の高い枝先のソングスポットで囀る

                チャバネスズメモドキがしっかり見れるのは、モンスーンに入り雌が巣に座り始めると雄がソングスポットでテリトリーソングを歌うので、チャンスはその時だけである。車の中で夜明けを待ち、朝日が上がって来て鳥たちが鳴き始めると、車の窓を開けて鳴き声に耳を立てチャバネスズメモドキの居場所を探す。ソングスポットが見つかれば写真を撮るのもそれほど難しくないが、雄がテリトリーソングを歌うのがモンスーン期の短い期間で、しかも日中は40度を超す暑さと、時々激しい雷雨に見舞われることもあるので少々撮影は難儀である。
                 
                花、アリゾナポピー
                撮影をしている足元に咲いていたハナビシソウの仲間アリゾナポピー ( Arizona Poppy / Kallstroemia grandiflora )

                チャバネスズメモドキが盛んに囀る頃に咲く砂漠の真夏の花で、ポピーに似ているところからアリゾナポピーの愛称で親しまれている。 " Caltrop " の仲間で、正式英名は " Arizona Caltrop " 。また、春先に山の麓のスロープ一面に花畑となって咲く "Mexican Gold Poppy / Eschscholtzia mexicana ) とよく似ているが、こちらはポピーの仲間である。どちらも主に南アリゾナで見られる人気のある野花である。

                アリゾナ砂漠で見る皆既月食のスーパームーン 2018年1月

                0
                  ブラッドムーンとサワーロサボテン
                  砂漠の象徴、サワーロサボテン ( Saguaro ) と皆既月食のスーパー、ブルー、ブラッドムーン

                  1月31日午前5時52分、北米では1866年3月以来150年ぶりの天体ショーを我が家の庭で見ることが出来た。月が地球に近くて大きく明るいのでスーパームーン ( Super moon ) と呼ばれ、カレンダーの同じ月に2回ある満月の2回目の月なので、別に色が青くないのにブルームーン ( Blue moon ) と名付けられてる。そして、皆既月食で血のような赤い色に染まるのでブラッドムーン ( Blood moon ) というニックネームも付けられてる。

                   
                  スーパームーン
                  皆既月食が始まる前のスーパーブルームーン

                  今回の満月は通常の満月より14%大きく、しかも30%明るい当にスーパームーンである。庭から見る野生生物保護区の巨大サボテン Saguaro や灌木のパロベルディーの木々がくっきり見えるほど明るい。
                   
                  月食の始まり
                  満月が上から地球の影に隠れ始める

                  南国のアリゾナとは言え、ブラッドムーンが見られる「大寒」の早朝の気温は3度と大変寒く、普段着る機会がないがっちりした冬のコートを着て手袋をはめ、温かいコーヒーを飲みながらの3時間に及ぶ奮闘であった。
                   
                  紫色のスーパームーン
                  月食が進んで半分以上暗くなると、スーパームーンは紫色に変化していく

                  夜明け前の砂漠はたいへん静かで何の音もしない。アリゾナは州の法律で動物保護のためネオンサインはもちろん、道路のライト、家の周りの街路灯などはいっさい灯すことを禁止されている。月明かり、星明かり以外は何も光がないのでスーパームーンがひときわ明るく見える。
                   
                  赤くなり始めたスーパームーン
                  月食が始まって30分が過ぎる頃、満月もしだいに赤みが増してくる

                  皆既月食の天体ショーを見ている間、近くでアメリカワシミミズクとアメリカオオコノハズクが盛んに鳴き合う声が耳に心地よく響いて、大変印象的なスーパーブラッドムーンであった。
                   
                  月食のスーパームーン
                  月全体がどんどん赤くなっていく

                  ここ数日間新聞やTVで大騒ぎをするからには、頑張って早起きせねばならない・・・と思いつつベッドに入った。早朝4時、目覚ましに起こされ眠い目をこすりながら、カメラのファインダー越しに刻々と色が変わっていく神秘的なブラッドムーンを楽しんだ。
                   
                  ブラッドムーン
                  2時間後皆既月食となって、スーパームーン全体が血のような赤い色に染まっていった。まさにブラッドムーン ( Blood moon ) である。何とも言えない不思議で神秘的な宇宙の現象に寒さも忘れ酔いしれた。

                  マイフィールドに珍鳥及び希少種 2017年夏 その(6)

                  0
                    シロスジヒメドリ枝に止まる
                    アリゾナでは過去2回しか記録されてないシロスジヒメドリ ( Le Conte's Sparrow )

                    9月下旬、インターネット上の Rare Bird (珍鳥)情報 " ebird " にアリゾナでは3回目の記録(これまで2004年と2005年の2回のみ)としてシロスジヒメドリのニュースが流れた。この鳥は珍種ではなく、北カナダで営巣し冬にはガルフ湾沿いのテキサス、ルイジアナの湿地帯の一部で過ごす渡り鳥である。短距離であるが渡りをするコモン ( common ) なヒメドリであるが、不思議なことに多くのバーダーにとって非常になじみが薄く、しかも近くでしっかりと観察できたバーダーが少ない。そのため多くのバーダーにとってぜひ見たい鳥の一種となっている。
                     
                    シロスジヒメドリ芝生の上
                    エサ取りのため芝生に下りてきたシロスジヒメドリ ( Ammodramus leconteii )

                    何故シロスジヒメドリがバーダーたちに馴染みが薄いのか?・・・その理由はまず、営巣場所がカナダのあまり人が行けない草が密に茂った湿地や沼地なので、巣を見つけるのが大変難しい。又、秋の渡りで南へ下る時も、丈の高い草に覆われてしっとりとした草原や浅瀬の沼地の淵の草を好み、しかも主にグラウンドを歩きながらエサ取りをする。そして、草が密生した地面をこそこそと隠れるように忍び歩き、驚くと鼠のようにチョコチョコ走るだけで飛ぶことは極めて珍しい。他のヒメドリのようにびっくりして草からパッと飛び出してくることはほとんどなく、飛び出しても、ほんの1メートルから3メートルぐらいの距離を飛ぶだけで、すぐ草の下に下りて見えなくなってしまう。このように見れるチャンスが非常に少ないので、この鳥に関する情報や知識も少なく、主に何を常食としているのか、又どんな営巣状況なのかに関しても記録報告が少ないので、いまだにあまり判ってない部分が多い鳥でもある。
                     
                    風景ゴルフ場
                    2日間シロスジヒメドリが現れ大騒ぎとなった名門ゴルフ場リッツカールトンゴルフコースの5番フェアーウエイ。赤円がエサ取りをしていたスポット。

                    今回シロスジヒメドリが現れた場所は、オープンな誰にでも行き易いゴルフコースのフェアウエーだったので、バーダーたちにとって、この見つけるのが困難なヒメドリをじっくり観察出来るまたとないチャンスとなって大騒ぎになった。これほど人目に付かないこそこそしている鳥がこんなオープンな場所にどうして現れたのか?・・・たぶん渡りの途中で十分にエサ取りが出来なかったのと、毎日早朝と夕方のゴルファーがプレーをしていない時間帯にフェアウエーのスプリンクラーから水が散布され、この鳥が好きな草の種が水分を含んで柔らかくなったのを彼は偶然にも見つけたのだろう・・・と多くのバーダーが推測していた。
                     
                    シロスジヒメドリとヒメウタスズメ
                    シロスジヒメドリ(左)と付かず離れず一緒にエサ取りをしているヒメウタスズメ(右)

                    9月27日夕方4時頃報告に出ていたゴルフコースの5番に行き、すでにフェアウエーの周りでシロスジヒメドリを探している10人ほどのバーダーのグループに合流し、プレーヤーがいなくなったフェアウエーとラフを1時間ほど歩いて一緒に探す。ラフ横の低灌木からまずヒメウタスズメが芝生に下りてエサ取りを始めだしたので、数分間しゃがんで静かに待っているとお目当てのシロスジヒメドリが同じ灌木の中から出てきた。めったに見れないこの鳥が目の前に現れた姿を見た時の息を吞む驚きは今でも忘れられない。
                     
                    ヒメウタスズメ餌取
                    ヒメウタスズメ ( Lincoln Sparrow / Melospiza lincolnii )

                    ヒメウタスズメは営巣場所がシロスジヒメドリと同じような草が茂った湿地や沼地であるが、アラスカからカナダ全域にかけての幅広い地域で見られるポピュラーな鳥である。秋に南下して越冬する場所も太平洋側のカリフォルニアから大西洋側のフロリダまで暖かい北米南部の幅広い地域であり、しかもシロスジヒメドリのような隠密行動を取らず人目につきやすい所に出て来るので、比較的普通に見られる鳥である。
                     
                    シロスジヒメドリ芝生に嘴入れる
                    芝生の根元に嘴を深く入れ夢中でエサ取りするシロスジヒメドリ

                    エサ取りに忙しいシロスジヒメドリを10メートルほど離れたところで、半円状に囲むようにフェアーウエー上にバーダーたちが並んで観察しているが、エサ取りに夢中になっているらしく我々のことなど一向に気にすることなくどんどん我々の方に近づいて来て、ついに2メートルぐらいまで寄って来られたのには皆口を開けてポカーンとするほど驚いた。臆病で人目に付きにくいシロスジヒメドリをたっぷり観察出来た珍しいチャンスに遭遇した喜びに大いに沸き、帰り際に皆で握手をし笑顔でこの幸運を祝いあった。
                     
                    シロスジヒメドリ種食べる
                    美味しそうに草の種を食べるシロスジヒメドリ。丁度夕陽が顔に当たってさらに美しく見えた。

                    シロスジヒメドリはヒメドリの中でも最も小さい種で、日本のコガラ ( Parus montanus ) と同じ大きさである。和名(シロスジ)にあるように頭のてっぺんの白いすじが目立つ。そしてオレンジ色に近い黄色の額、襟首の茶色のすじ、太くて赤茶の眉、背中の淡黄褐色の線などが特徴で、小さくて人目に付かないが美しいヒメドリである。短くて高い声で虫のようにブジーという地鳴きを時々繰り返していた。ラッキーなことに、このゴルフコースの同じ場所で2日間エサ取りする姿が見られたが、3日目以降には "ebird " 上に「見た!」という報告が出なくなったのでさらに西へ移動して行ったのだろう。

                    ハッピーニューイヤー! 2018年元旦

                    0
                      初日の出カタリナ州立公園
                      南アリゾナ・ソノラ砂漠・カタリナ州立公園の初日の出

                      明けましておめでとうございます。
                      昨年は私のブログを見ていただきありがとうございました。今年もアリゾナ、そして米国内のより質の高い自然情報をお届け出来ますよう一生懸命努力する所存ですのでよろしくお願い申し上げます。南アリゾナ・ソノラ砂漠は東側にカタリナ連山とリンコン連山があるため残念ながら地平線から上がって来る大きな太陽は見れず、標高2000メートルを超す山々の間から出て来る初日の出となりました。
                       
                      カタリナ州立公園全景
                      マイフィールド「カタリナ州立公園」の元旦の朝

                      午前0時、4か所で一斉に花火が上がり、日本から16時間遅れ(時差16時間のため)の新年を迎えた。砂漠に響く大きな花火の音、さぞ野生の動物や鳥たちはびっくりして怖がっているだろうな・・・?と思うと複雑な気持ちになる。2018年の元旦初歩きは近くの州立公園のトレール歩きでした。早朝は零下2度の寒さでしたが、11時ごろには20度を超す暖かさで、冬鳥たちが元気よくグラウンドに下りてエサ取りをしていた。
                       
                      サワーロとトレール
                      巨大サボテン・サワーロ (Saguaro ) を見ながら2018年新年も元気にトレールを歩ける喜びに感謝する。

                      冬といっても南アリゾナは暖かい。しかし、冬枯れで花が少なくなった正月の我が家の庭はハミングバードが砂糖水の入ってるフィーダーをすっかり頼りにしているので、エサ場の確保のためテリトリーの取り合いが激しく、よそ者が入って来るとすごいバトルが繰りひろげられる。また、その甘い砂糖水をキツツキのサバクシマセゲラ ( Gila Woodpecker ) が頻繫にフィーダーにやって来るので、これを狙って小型の鷹クーパーハイタカ ( Cooper's Hawk ) が襲う。自然界には正月休みはないようである。
                      そして、少なくなった花の蜜を求めて数匹の蝶が飛んでいるのも南国ならではの新年であろう。
                       
                      ロードランナーカタリナ州立公園
                      元旦の朝の鳥見歩きで、さっそく新年のあいさつに現れたオオミチバシリ(ロードランナー Greater Roadrunnner )

                      冬の早朝歩きはほとんど人がいないので静かでロードランナーもトレールにちょくちょく出てくる。アリゾナを象徴する鳥の一種であり、飛ぶことより速足で歩いたり走ったりすることが得意である。トレールを歩いてると、前を横切ったり、先導してくれるかのように同じ方向に同じ速度で歩いたり、こっそり後ろを気づかれないように歩いたり・・・と大変愛嬌があり人気者で私も大好きな鳥でもある。
                       
                      ハイカーの後ろロードランナー
                      ハイカーの後ろを何気なくロードランナーが歩いて行く、これも砂漠の元旦ならではの、のんびりした光景であろう。

                      他の州や外国からアリゾナに来るバーダーはもちろん、観光客もぜひ見たいと思う鳥ロードランナー。全身がグラウンドや枯草に近い地味な色をしていて、めったに飛ばないので目立たず意外と見つけにくい鳥の一種であるが、秋から冬にかけては人家近くや町の公園、車が行きかう道路にもちょくちょく現れるので目につきやすくなる。2018年新年の「元旦鳥見」の第一号はやはり人気者のロードランナーであった。
                       


                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << May 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 艶やかなサボテンの花咲くソノラ砂漠 (前編)
                        Fujinami
                      • 艶やかなサボテンの花咲くソノラ砂漠 (前編)
                        Chel
                      • 艶やかなサボテンの花咲くソノラ砂漠 (前編)
                        藤波
                      • 艶やかなサボテンの花咲くソノラ砂漠 (前編)
                        徳光弥生
                      • 艶やかなサボテンの花咲くソノラ砂漠 (前編)
                        藤波
                      • 艶やかなサボテンの花咲くソノラ砂漠 (前編)
                        徳光弥生
                      • 砂漠の夏に咲くサボテンの花 2017年 (上)
                        藤波
                      • 砂漠の夏に咲くサボテンの花 2017年 (上)
                        Sonobe
                      • 雛を連れたアメリカワシミミズク 2017年夏 (上)
                        藤波
                      • 雛を連れたアメリカワシミミズク 2017年夏 (上)
                        ヒライ

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode