title





米国アリゾナのソノラ砂漠に住む鳥好き花好き動物好きのおじさんがおとどけするアメリカの自然情報です。

謹賀新年 2020年南アリゾナ・ソノラ砂漠の元旦

0

    朝日と Saguaro

    岩山から顔を出し、巨大サボテン Saguaro (サワーロ)を照らす元旦の朝日。南アリゾナ・ソノラ砂漠で見る新年のご来光。

     

    明けましておめでとうございます。

    昨年は私のブログを見ていただき誠にありがとうございました。

    本年もより質の高いブログ作りを目指して頑張りたいと思いますので、引き続きよろしくお願い申し上げます。

    皆様にとって素晴らしい一年であることを祈念しております。

     

     

    雪山と Saguaro

    Saguaro サボテン越しに見る雪化粧したカタリナ連山(2500メートル)

     

    南アリゾナの2020年1月1日は雲一つない抜けるような青空で風もなく穏やかな元旦であった。家の近くのマイフィールド「カタリナ州立公園」へ行き、新年の「初ハイク」を楽しんだ。早朝零下5度の気温でピッと身のしまる寒さだったが、昼近くには15度まで上がり気持ちの良いハイク日和であった。

     

     

    トレールを行く馬

    太陽がさんさんと輝く南アリゾナの正月、馬でホーストレールを行く。ソノラ砂漠の草原と Saguaro サボテンの林を馬で自然探索するのも南アリゾナならではの楽しみである。

     

     

    幻の滝

    珍しく元旦に見られた「幻の滝」

     

    例年だと春の雪解け時期(4月・5月)にしか見られない名もない「幻の滝」。昨年末クリスマスを挟んでこの時期には珍しい大雨が降り、普段はカラカラに乾いてる川 ( Wash ) に豊かな水が流れ、「幻の滝」の水音も谷間に大きく響いていた。ソノラ砂漠ではめったに聞けない耳に心地よく響く水の音は、ハイカーたちへの素晴らしい正月プレゼントとなった。

     

     

    Wash の流れと雪山

    砂漠の正月には珍しい " Wash " の水の流れ。例年の冬の乾期はほとんど雨が降らず、山から流れてくる水がないので " Wash " はカラカラに乾いて川底が出ている。

     

     

    蝶 Tropical Buckeye

    川の水辺に降りてじっと朝日にあたっている蝶 ( Tropical Buckeye / Junonia evarete )

     

    トロピカルバックアイ ( Tropical Buckeye ) はタテハモドキの仲間で、南アリゾナではほぼ一年中見られる。同じ仲間の Common Buckeye / Junonia coenia ) もおり、非常に似ているので識別が難しい。

     

     

    黄色の雑草花

    トレールを歩く足元に小さい雑草の花が咲いていた。冬は日中暖かくなる砂漠でも、早朝は零下まで気温が落ちるのでほとんど花が見られない。この小さな可憐な花でも、腰をかがめてじっと見ていると、気持ちが明るくなって足取りも軽くなる。

     

     


    暑中見舞い  2019年盛夏

    0

      トロゴン雄

      南アリゾナの夏を象徴する美しいウツクシキヌバネドリ ( Elegant Trogon )

       

      40度近い暑さが続く南アリゾナ・ソノラ砂漠より暑中お見舞い申し上げます。

       

      夏真っ盛りの南アリゾナはモンスーン期に入って南のメキシコから湿った空気が入り、砂漠の高温に温められて積乱雲ができ、午後から夕方にかけて猛烈な雷雨に見舞われる。" Isolated Thunderstorm  " と呼ばれるように、何処で起きるか予想がつかないので天気予報屋泣かせ、しかも限られた小さく狭い地域に集中的に叩きつけるような雨が降る場合が多い。極端な例だと、自分が立っている所が豪雨でも、道を挟んだ向こう側は全く雨が降ってなく陽が差してる・・・という不思議な光景にお目にかかることもある。

      巨大サボテン・サワーロ ( Saguaro ) に落ちて来る稲光、真っ黒な積乱雲に稲妻が横に走る迫力ある光景、大平原にかかる虹の橋などスケールの大きい素晴らしいシーンが見られる。これらを求めて南アリゾナのソノラ砂漠、北アリゾナのグランドキャニオンに風景写真を撮るカメラマンたちが、色々な国や色々な州から集まって賑やかになるのもこのモンスーン期である。

       

       

      トロゴン、ドアップ半身

      ファインダーの中に入りきれないぐらいの近さから、しげしげと私を見てるウツクシキヌバネドリ ( Trogon elegans )

       

      日本のキジバト ( Streptopelia orientalis ) とほゞ同じ大きさ。数は多くなく、しかも北米では南アリゾナのごく限られた山の渓谷でしか見られないので、バーダーだけでなくエキゾティックな雰囲気を持っている鳥なので観光客にも人気がある。近年はツーソンの町から40分程で行けるマデラ渓谷 ( Madera Canyon ) には毎年2組から3組の営巣が確認されてる。山の渓流沿いに生える大きなアメリカスズカケノキ ( Sycamore ) が好きで、6月に入ると求愛行動が盛んになり、早朝に独特な低いしゃがれ声で「グアーグアーグアー・・・」と何回も繰り返しながら渓流に沿って長い距離をパトロールする姿がみられる。大変好奇心の強い鳥で、時々静かに鳥見をしている人々の近くの枝に来て、じっとこちらを見てることがある。

       

       

      トロゴン雌

      クリンとした黒くつぶらな瞳が愛らしく、上品な美しさがあるウツクシキヌバネドリの雌

       

      雌は雄のはでやかさと違って全身がグレーぽい茶色の地味な色合いをしているのと、あまり鳴かないのでフィールドで見つけるのが難しい。ウツクシキヌバネドリは南アリゾナでは4月末から5月にかけてメキシコ、中央アメリカから渡って来て子育てを行い、9月か10月には離れてしまう。しかし近年は温暖化のせいか、一部冬でも南アリゾナに残っている個体が居る。

       

       

      トロゴン後姿

      ウツクシキヌバネドリの雄の後ろ姿は、頭のメタリックな耀きの緑と背中のブルーぽい緑色が美しく、そしてピンクのアイリングが実に可愛い。

       

      トロゴン ( Trogon )は しばしば樫の木 ( Oak ) の高い枝で数分間じっと動かずに止まっていることがある。枝に止まる姿は独特で、長い尾を真っ直ぐ下へおろして、直立したポーズをとることが多い。時々首を回して上を向いたり横を向いたりしながらエサとなる虫を探している。主なエサは昆虫と果実で、葉の裏についてる虫を見つけると、枝から飛び出しホバリングしながら捕まえて他の枝へ移って食べる。あと一ヶ月もすると、トロゴンは子育ても終わって静かになり、フィールドで探すのが少々難しく、マデラ渓谷 ( Madera Canyon ) を歩いていても、やがて過ぎ行く夏を惜しむような気持になる。


      住宅地の小さな木で雛を育てたアメリカワシミミズク (下)

      0

        大きな目で見上げる雛

        アメリカワシミミズクの雛は大きな目を開け、頭上の枝で囀る小鳥をじっと見る。本能的に動くものは美味そうな「獲物」に見えるのだろう。

         

         

        ルーシーアメリカムシクイ

        ワシミミズクの雛など一向に気にせず、長い時間、朝日を浴びて気持ち良さそうに囀っていたルーシーアメリカムシクイ

         

        雛がじっと見上げた先の枝には、砂漠のムシクイ Lucy's Warbler (Vermivora luciae ) が囀っていた。昼間のフクロウは怖くないようなのと、「雛」ということで馬鹿にしてるのかもしれない。

         

         

        布切れのようになって眠る雛

        使い古した布切れのようになって寝ている末っ子雛。巣がなくなっても逞しく育っていく。

         

         

        木に寄り掛るようにして眠る雛

        向きを変え、しっかり幹に寄りかかって眠ってる末っ子雛

         

         

        こちらをじっと見る雛

        寝飽きたのか、むっくり起き上げってこちらを見る末っ子雛

         

         

        縦に並んでるフクロウ一家

        細い木に縦に並んで昼寝するワシミミズク一家。上から雌親、末っ子雛、次男坊雛。

         

         

        正面を向く末っ子雛

        末っ子雛も大きくなって、獲物を掴む足の爪もしっかりしている。

         

        雌親のエサ捕りは主に夜である。枝に静かに止まっていて獲物の音を聞く。よく聞くために木から木へ動き、目指す獲物を見つけたら舞い降りて獲物に飛び掛かる。鋭い爪のついた足を大きく広げ獲物を掴む。小さい獲物は丸呑みするが、大きい動物は小さくちぎって食べる。

         

         

        風景とウサギの足

        雛たちがいる木の下に、昨夜、雌親が与えたワタオウサギ ( Desert Cottontail / Sylvilagus audubonii ) の足が落ちていた。(赤い丸印黄色い丸印はワシミミズクの雛

         

        アメリカワシミミズクの主なる獲物はワタオウサギ、ネズミ、ヘビ、カエル、バッタなどの昆虫類や、スカンクなどの大型の動物である。" Tiger Owl " というニックネームがあるほど、獲物の捕り方は攻撃的でパワーフルである。特にスカンクを食べる唯一のフクロウであり、臭いに対しては鈍感らしい。獲物の毛や翅、骨などはペレット ( Pellet ) の形で吐き出す。

         

         

        欠伸する

        背中に日が当たり暖かくなってくると盛んに欠伸をする末っ子雛

         

         

        目をつぶって眠る雛

        ついには目を閉じて眠ってしまった。一番小さかった末っ子雛もしっかり枝に止まって眠れるようになってきた。アメリカワシミミズク一家の巣離れも間近で、数日後には砂漠へ飛んで行ってしまう。


        住宅地の小さな木で雛を育てたアメリカワシミミズク (中)

        0

          ワシミミズクの雛・前向、後向

          前日の強風と雛3羽+雌親の4羽の重さに耐えられず、巣はとうとう地上に落ちてしまった。巣がなくなった裸の枝に残された2羽の雛が心細そうに枝にしがみついていた。

           

           

          ワシミミズクの雛2羽

          巣がなくなってしまいふらふらしながらも枝につかまっている2羽の雛

           

          一番大きい雛は巣と一緒に地上に落ち、家主に保護されて、犬や自動車そして天敵のコヨーテなどの害を防ぐため、囲いのある裏庭に移され保護された。まだ飛べない雛は直接グラウンドに置かれ、雌親からエサをもらっていた。雛は非常に緊張しており、ストレスを心配して写真撮影を諦め、家の中から双眼鏡で見るだけにしてそっとしておくことにした。

           

           

          木の後から覗くワシミミズクの雛

          一番小さい末っ子雛は、まだ二本足で長い時間枝に止まっておれないため巣があった幹の二股にかろうじて腰を下ろし、寄り掛るようにしてこちらを見ていた。

           

           

          眠ってるワシミミズクの雛

          巣が落ちてしまったショックに疲れたようで、この日はいつもより長い時間眠っていた。

           

           

          しゃがむ姿、立ってる姿のワシミミズクの雛

          巣がなくなってしまった枝で何とか不自由ながら2羽の雛はじっとして眠ったり私を見たりしていた。

           

           

          親と雛2羽が縦に並ぶワシミミズク

          雌親と丸く伏せている末っ子雛、その下に2番目に生まれた雛の3羽が寛いでいる。保護された一番大きい雛は,裏庭のグラウンドで一羽で寂しく眠っているのだろう。兄弟がバラバラになってしまったが、今回のように巣が落ちるケースや雛が巣から落ちてしまうことはよくあるようで、まだ飛べない雛がグラウンドで雌親からエサをもらってる姿を毎年見る機会がある。

           

           

          ボーと正面を見るワシミミズクの雛

          すっかり大きくなった二番目に大きい雛、この木から離れるのも間近なようだ。

           

           

          翼を伸ばして伸びするワシミミズクの雛

          時々翼を大きく下へ伸ばして伸びをする。場所替えが近いのだろう。雛は飛べるようになるまで10週間ぐらい掛る。飛べるようになっても自分でエサ探しは出来ないので、数か月間は親からエサを与えてもらう。

           

           

          後ろを振り向き睨むワシミミズクの

          雛たちの写真を撮り始めて半月以上経過、一番小さかった雛もすっかり大きくなって精悍な顔つきとなった。


          住宅地の小さな木で雛を育てたアメリカワシミミズク (上)

          0

            ワシミミズクの雌親

            アメリカワシミミズク ( Great Horned Owl / Bubo virginianus ) アリゾナで見られる種は全体的に色が薄い亜種 " Subarcticus "

             

            アメリカワシミミズクは北はアラスカからカナダ、北米全域そして中南米まで広い地域に生息している最もポピュラーなフクロウで、古くはディズニー映画の漫画、子供の絵本、装飾品や置物、コマーシャルなどのキャラクターとして今だにしばしば登場する人気者である。南アリゾナは特にその数が多く、繁殖期が始まる12月になると毎晩のように我が家の屋根にも雄雌で飛んで来て鳴き合う声が聞かれるほど身近な鳥でもある。

             

             

            眠ってるワシミミズクの雌親

            目を閉じて静かに眠っているアメリカワシミミズクの雌

             

            体長56センチウイングスパーン125センチ以上と日本のフクロウより大きく、耳のような冠毛か特徴である。英語で " Ear Tufts " と呼ばれる長い冠毛は、ボディーランゲージを伝えると言われている。怒っている時は真っ平に寝かせてしまうし、「何だろう?‥」と好奇心を持って知ろうとする時は真っ直ぐに立てる。鳴き声は低い典型的なフクロウの声で「ホッホ・ホーホー」と鳴き、英語の聞きなしは " Whose Awake, Me Too " (フーザウエイク、ミートゥー)である。夜行性なので昼間はこうして木の枝に寄り掛るようにして眠っている。

             

             

            風景ー巣の場所

            車が通り、犬を散歩する人が行きかう玄関前のコートヤードの小さな木にアメリカワシミミズクの巣がある。(赤丸印

             

            我が家のすぐ近くに住む友人から「家の前のアカシアの木にワシミミズクの雛が居る・・・」というメールが入り、さっそく出かけてみた。ワシミミズクは自分で巣を作ることが出来ないので、他の大型の鳥、アリゾナではクーパーハイタカ、アカオノスリなどの鷹類やワタリガラスの古い巣を利用する。この巣はクーパーハイタカが巣を作り終えたところで、ワシミミズクが乗っ取ったようである。ワシミミズクは大変ずる賢く、巣の主クーパーハイタカが威嚇しても知らん顔でデーンと座り続け、ついにはハイタカは諦めて去ったようである。彼らの巣は通常地上から6メートル〜18メートルの高さであるが、この巣は5メートルぐらいしかない低い枝に作られていた。

             

             

            眠ってるワシミミズクの雛と雌親

            巣に座る雌親の足元で横になってうずくまって眠る雛、卵から孵化後15日ぐらい経っている。

             

            ワシミミズクの営巣は大変早く、冬の1月・2月から4月にかけて卵を産む。ソノラ砂漠では巨大サボテン Saguaro の幹と枝の間に作られたワタリガラスの古巣を利用することが多く、サボテンに座るフクロウの姿は独特な光景である。

             

             

            私を睨んでるワシミミズクの雛と雌親

            目を覚ましむっくり起き上がって不思議そうに私を見る雛

             

             

            雌親に寄り添うワシミミズクの雛

            雌親に甘えるようにぴったりの寄り添う雛

             

             

            片目を開け眠ってるワシミミズクの雛と雌親

            時々目を開けて周りを見渡すが、5分もすると再び眠ってしまう雛。それでも片目はうっすらと開けてこちらを見ている。

             

             

            2羽のワシミミズクの雛、大欠伸の姿

            巣の中に雛は3羽おり、こちらを睨んでいるのが一番最初に生まれた大きい雛(長男?)、右の欠伸をしてるのが二番目に生まれた中ぐらいの大きさ雛(次男?)、三番目に生まれた小さい雛(末っ子)は雌親の腹の下に潜り込んでいて見えない。

             

             

            大きな目を開け睨んでる2羽のワシミミズクの雛

            雛2羽とも大きくしっかりと目を開けてこちらを見ている。

             

             

            一番大きいワシミミズクの雛

            眠ってる一番小さな雛(末っ子)の上に乗ってこちらを見つめている一番大きい雛(長男)

             

             

            口を開け威嚇するワシミミズクの雛

            威嚇するように口を開け私を睨みつける一番大きな雛(長男)

             

             

            ぐっすり眠るワシミミズクの雛と雌親

            朝の温かい陽射しに当たりながらぐっすり眠る雛と雌親

             

             

            ワシミミズク、2羽寄り添って私を見てる

            兄弟で寄り添って私を睨みつける雛たち


            写真で綴るオオカバマダラ蝶の生育 (下)

            0

              綿にしみこませた砂糖水と蝶

              蛹から蝶が出てきたのが午後遅っかったので、翌朝、庭に放すことになる。オオカバマダラ蝶は花の蜜を探すセンサーが足についてるので,コットンボールにハミングバードのフィーダー液を浸して、足を着けてやりエサを覚えさせる。

               

               

              瓶から蝶を出す

              翌朝、いよいよ瓶からオオカバマダラ蝶を出してやる。

               

               

              チュパロサの枝に移る蝶

              低いチュパロサの枝に掴ませる。

               

               

              チュパロサの枝を登る蝶

              手から離れて自力でチュパロサの枝を登る。

               

               

              飛び立つ準備をする蝶

              大きく翅を広げたり閉じたりしながら飛ぶ準備をする。

               

               

              秋空に舞う蝶2匹

              元気に秋空に飛び立ったオオカバマダラ蝶。丁度 Giant Swallow-taile (下の蝶)が飛んできてランデブーをするかのように舞い上がって、雌を探しながら越冬地メキシコへ旅たって行った。


              写真で綴るオオカバマダラ蝶の生育 (上)

              0

                手の上モナコ蝶幼虫

                卵から孵ったのが12月と季節的に少々遅いので、瓶に入れて観察することにしたオオカバマダラ ( Monarch / Danaus plexippus ) の幼虫。

                 

                 

                瓶に入ったモナコ蝶幼虫と蛹

                瓶に入れたオオカバマダラの幼虫(右)とサナギ(左)。両方とも同じトウワタの葉に産み付けられた卵から孵化した。

                 

                 

                Jの字になったモナコ蝶幼虫

                瓶に入れた翌日、トウワタの茎を上がったり下がったりしてサナギになるのに適した場所を探し、”J”の字になった。

                 

                 

                揺れるモナコ蝶蛹

                その日の夜中、幼虫は体を大きく揺らしながらサナギへ変わっていった。

                 

                 

                モナコ蝶蛹1

                最後に頭の部分を出して(下に落ちてる黒い塊)、完全に緑の外骨格に包まれたサナギをなった。

                 

                 

                モナコ蝶蛹2

                緑色の美しいサナギとなった。

                 

                 

                黒いモナコ蝶蛹1

                サナギになって8日目、全体が黒くなり、蝶が出て来るのも間近である。

                 

                 

                黒いモナコ蝶蛹2

                黒くなったサナギ、翅がすっかり出来上がってるのがよく見える。

                 

                 

                蛹から出たモナコ蝶1

                サナギの殻がパクッと割れ、中から足で蹴るようにして逆さまになった蝶の頭の部分が出てきた。

                 

                 

                蛹から出たモナコ蝶2

                次に、小さく折りたたまれたままの黄色の翅が出てくる。

                 

                 

                蛹から出たモナコ蝶3

                そして、最後に太い胴体が殻から出てきた。

                 

                 

                蛹から出たモナコ蝶4

                いよいよ蝶全体の姿が蛹の殻から現れる。

                 

                 

                蛹から出たモナコ蝶5

                逆さまになった体を起こして位置を変えていく。

                 

                 

                翅を乾かすモナコ蝶1

                液体を翅に吹き付けて、縮まっている翅の皺を伸ばしていく。

                 

                 

                翅を乾かすモナコ蝶2

                完全に翅を伸ばし、いよいよ飛び立つ準備である。


                庭で生まれ育ったオオカバマダラ蝶 (その4)

                0

                  蛹から出たモナコ蝶1

                  蛹から出たばかりのオオカバマダラ

                   

                  幼虫がサナギになってから16日目の朝、足で蹴るようにして殻を破り中から蝶が出てきた。折りたたまれて皺くちゃの翅と、太いボディーが目立つ。

                   

                   

                  蛹から出たモナコ蝶2

                  翅を少しづつ広げながら乾かしていく。

                   

                  オオカバマダラは幼虫、サナギ、蝶どれも鮮やかで派手な色をしている。これは天敵である捕食者に毒を持ってることを知らせる警戒色である。

                   

                   

                  蛹から出たモナコ蝶3

                  サナギの殻から少しづつ離れて行く蝶

                   

                  蝶は翅を盛んに広げたり縮めたりしながら枝先の方に移動し、花蜜を吸うため花に向かって飛び立つ準備をする。春に北へ渡って行くオオカバマダラは蝶になって5日以内には成熟するが、秋の我が家の庭で生れた世代は冬が終わるまで完全には成熟しない。

                   

                   

                  蛹から出たモナコ蝶4

                  低いトウワタの枝に下がっていたサナギからもオオカバマダラが出てきた。

                   

                  近い将来、絶滅が心配されてるオオカバマダラを何とか救おうと色々な形での運動がなされている。その結果、庭に蝶を呼ぶ " Butterfly Garden " を造る家も増えてきている。そして、学校や道路わきにオオカバマダラの " Host Plant " のトウワタを植えて蝶の渡りを助ける運動 " Monarch Waystation Habitats " に参加する人々や企業なども増えてきている。既に 22,481 の Waystation が登録されているのも嬉しいニュースである。

                   

                   

                  蛹から出たモナコ蝶5

                  翅をゆっくり少しづつ伸ばしていく。

                   

                  生まれたての蝶は、茶色の分泌液をポンプで押し出すように翅にかけて、一時間近く掛かりながら折りたたまれて縮こまっていた翅の皺を丁寧に伸ばして乾かしていく。そして、開いたり閉じたりしながら時間を掛けて乾かしていく。サナギから出てきて、半日近くかけてゆっくり飛び出す準備をする。

                   

                   

                  翅を広げたモナコ蝶

                  乾かしが最終ステップになると、翅の美しい表が見え始める。

                   

                  近年その数が減少しているオオカバマダラであるが、色々な原因が指摘されている。その大きな原因が二酸化炭素の増加により、オオカバマダラの幼虫が食べるただ一つの植物「トウワタ」の減少である。又、越冬地であるメキシコの森林が開発で多く伐採されて畑になってしまったことや、米国内では、近年トーモロコシ畑や大豆畑、道路わきで大量の除草剤を使用するため、トウワタが群生する草原が減って来て、渡り途中の幼虫のエサがなくなってきてることなどが挙げられてる。

                   

                   

                  初飛び寸前のモナコ蝶

                  トウワタの枝先まで登り、初飛びの準備をしているオオカバマダラ

                   

                  オオカバマダラの数が急減しているニュースがTVや新聞で大きく取り上げられてる。特にカリフォルニアを中心とする西側での減少が顕著で、1980年代と比べても90%近く減少している。毎年全米で行われるオオカバマダラの数をカウントするイベント " Monarch Thanksgiving Count " によると、全米でもこの20年間で80%以上減少している報告がなされている。

                   

                   

                  トウワタの花に止まるモナコ蝶

                  4時間近く掛けて翅の乾かしを終了、近くのトウワタの花までの短い距離の初飛びを行った。

                   

                  メキシコと並んで越冬地とされてる南カリフォルニアでは,1980年代に10百万匹だったオオカバマダラの数が、2018年にはたった 28,429 匹だけという驚くべき数字が報告された。この状況が続くと、20年後には絶滅してしまうかも?・・・という報告もなされていた。庭で生まれ育ったこのオオカバマダラが、無事越冬地メキシコへ渡って行ってくれることをただただ祈るだけである。


                  庭で生まれ育ったオオカバマダラ蝶 (その3)

                  0

                    木に下がるモナコ蝶蛹1

                    木の葉と同じ色でカモフラージュされてるオオカバマダラのサナギ(赤丸)

                     

                    幼虫がサナギになるための場所の選択は色々あって、卵から孵って幼虫の時を過ごすトウワタから、だいたい半径1メートルの範囲内を歩いて小灌木のしっかりした枝を見つける。しかし、無精して何処にも行かず、トウワタの茎でそのままサナギになってしまうのもいる。また、場所探しでグラウンドを歩いてる時にパティオに入ってきてしまい、ソファーやテーブルの脚にぶら下がってそのままサナギになるのもいる。鳥などの天敵に食べられないよう低い所でサナギをしっかり固定出来る物であれば何でも良いようだ。

                     

                     

                    木に下がるモナコ蝶蛹2

                    幼虫から変ったばかりのオオカバマダラのサナギ

                     

                    サナギの上部に幼虫時のすじ模様が残っている。しっかりと木の幹にくっついてるサナギは、雨が降ろうが強い風が吹いてもびくともせず、2週間以上このままの状態が続く。

                     

                     

                    トウワタのモナコ蝶蛹

                    小さくて背丈の低いトウワタの茎にぶら下がってるオオカバマダラのサナギ。一週間経ったサナギは緑色も濃くなり、金色の縁どりが出てくる。

                     

                     

                    木に下がるモナコ蝶蛹3

                    サナギになって13日目には蝶の翅の模様が少し見えてくる。蛹の中で日一日と蝶のボディー、翅が出来上がっていくのが判る。

                     

                     

                     

                    黒くなったモナコ蝶蛹1

                    サナギになって16日目、サナギは色が黒くなり中の蝶の翅の模様がくっきり見えるようになってくる。この段階になると、蝶が現れてくるのも間近である。

                     

                     

                    黒くなったモナコ蝶蛹2

                    サナギの中から蝶が現れる寸前、翅の色、縞模様の黒いボディーがさらにくっきりと見えてくる。


                    庭で生まれ育ったオオカバマダラ蝶 (その2)

                    0

                      モナコ蝶幼虫 1

                      指と比較してもその小ささが判るオオカバマダラの生まれたての幼虫

                       

                      卵から孵った幼虫は体長1センチ程で薄い緑の半透明な色、そして、まだオオカバマダラの特徴のボディーに派手な帯がない。幼虫は卵の殻を食べ、やがてトウワタの花や葉を食べ始める。幼虫はくるくると円運動をするが、これは食べたトウワタの乳液を体の中に流し込むためである。

                       

                       

                      モナコ蝶幼虫 2

                      卵から孵って10日目の幼虫

                       

                      幼虫はサナギになるまでに5回脱皮をする。その度に大きくなり体内に栄養分を貯め、一切何も食べれなくなるサナギの時に備える。

                       

                       

                      モナコ蝶大小2匹の幼虫

                      トウワタの葉を食べる大小の幼虫

                       

                      右の小さな幼虫、3回目の脱皮ステージまで大きくなると体に白、黄色、黒の帯状の縞模様が濃くなって大変きれいである。前と後ろに2本の長い触角が2組出てくる。このステージを超すと幼虫は葉のエッジに沿って歩き始め、花は食べずに葉を食べ始める。左の大きい幼虫は4回目の脱皮ステージで、足の外側に大きな白い斑点が出てくる。

                       

                       

                      モナコ蝶Jの字の幼虫 1

                      サナギになる時が近づくと、アルファベットの”J”の字型になってくる。

                       

                      トウワタの葉をたくさん食べて大きくなった幼虫、5回目の脱皮ステージを終えた段階では体の大きさも4センチ以上、太さも8ミリ、重さは最初の1回目の脱皮ステージ時の2000倍にもなっている。

                       

                       

                      モナコ蝶Jの字の幼虫 2

                      サナギになる準備のため尻から白い液体(赤丸)を出す

                       

                      サナギになる直前には、細いトウワタの茎を登り糸を紡ぐように絹のような白い液体を出す。この液体がセメンダインのような役割をして幼虫の体を茎に固定し、いよいよサナギになる最終ステージに入っていく。

                       

                       

                      モナコ蝶Jの字の幼虫 3

                      ”J”の字型になって逆さまにぶら下がるサナギ直前の幼虫

                       

                      尻から出した白い液体で体を固定した幼虫は、逆さまにぶら下がったまゝ外側の皮を溶かしながら関節のある緑の外骨格に包まれていく。最後に頭の部分を落とし、緑色のサナギとなる。



                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << January 2020 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 雪が舞い氷雨が降る真冬、子育てに頑張るコスタハチドリ (その3)
                        imakarayarou
                      • 豪華なワイルドフラワーに沸く2019年春のソノラ砂漠 (上)
                        藤波
                      • 謹賀新年 2020年南アリゾナ・ソノラ砂漠の元旦
                        藤波
                      • 豪華なワイルドフラワーに沸く2019年春のソノラ砂漠 (上)
                        yayoi tokumitsu
                      • 謹賀新年 2020年南アリゾナ・ソノラ砂漠の元旦
                        imakarayarou
                      • 庭で生まれ育ったオオカバマダラ蝶 (その3)
                        藤波
                      • 庭で生まれ育ったオオカバマダラ蝶 (その3)
                        Sakura
                      • ソノラ砂漠のオアシス、スイートウオーター水再生処理場 2018年春(その1)
                        藤波
                      • ソノラ砂漠のオアシス、スイートウオーター水再生処理場 2018年春(その1)
                        tokumitsu yayoi
                      • 意外と身近に居る猛毒なガラガラヘビ 2018年夏
                        藤波

                      links

                               

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode