title





米国アリゾナのソノラ砂漠に住む鳥好き花好き動物好きのおじさんがおとどけするアメリカの自然情報です。

オハイオ州エリー湖マギーマーシュ保護区(2011年5月 その7)

0
     今回のマギーマーシュのバーディングではアメリカムシクイだけで34種類(北米では58種そのうち東側で見られるのは38種)見ることが出来、昨年のスローだったのと比べると大満足の旅であった。
    地元紙に何十年ぶりの「ビッグウイーク」であり、州が”力”をいれている「バードフェスティバル」も大成功であった・・・・というニュースが大きく報じられていた。

    Philadelphia Vireo
    セアオモズモドキ(Philadelphia Vireo)
    モズモドキは新大陸(アメリカ大陸)独特の鳥で、なかでもこのセアオモズモドキは数がすくないのでそう簡単には見れない・・・・とあって今回も多くのバーダーが「ついに見れた!」と興奮していた。

    Baltimore Oriole
    ボルチモアムクドリモドキ(Baltimore Oriole)
    日本のハクセキレイぐらいの大きさで、東側では春から夏にかけてごく普通に見られる渡り鳥である。車に戻って昼めしを食べている時、高い木の上から口笛を吹くような独特の囀り声が聞こえてきたので、車の前の枝にオレンジを掛けてやるとさっそく食べに下りて来てくれた。

    Orchard Oriole
    アカクロムクドリモドキ(Orchard Oriole)
    ボルチモアムクドリモドキほど派手さはないが、しっとりとした赤黒のボディーが美しく数も少ないので人気がある。心地良い春風に吹かれ、Songbird を見ながら飲むコーヒーの味は格別である。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 庭で生まれ育ったオオカバマダラ蝶 (その3)
      藤波
    • 庭で生まれ育ったオオカバマダラ蝶 (その3)
      Sakura
    • ソノラ砂漠のオアシス、スイートウオーター水再生処理場 2018年春(その1)
      藤波
    • ソノラ砂漠のオアシス、スイートウオーター水再生処理場 2018年春(その1)
      tokumitsu yayoi
    • 意外と身近に居る猛毒なガラガラヘビ 2018年夏
      藤波
    • 意外と身近に居る猛毒なガラガラヘビ 2018年夏
      yayoi
    • ソノラ砂漠のオアシス、スイートウオーター水再生処理場 2018年春(その1)
      Yayoi Tokumitsu
    • ソノラ砂漠の秋の話題 ガラガラヘビ住宅街に現れる 2016年
      YUko
    • ソノラ砂漠の秋の話題 ガラガラヘビ住宅街に現れる 2016年
      藤波
    • ソノラ砂漠の秋の話題 ガラガラヘビ住宅街に現れる 2016年
      Yuko

    links

             

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode