title





米国アリゾナのソノラ砂漠に住む鳥好き花好き動物好きのおじさんがおとどけするアメリカの自然情報です。

アリゾナで冬を過ごすカナダヅル(2012年1月 その2)

0
     ツルの越冬地サルフアー・スプリング・バレーは大規模なトーモロコシ畑、それにレタス、トウガラシ、ピーカン、リンゴなどを栽培する長さ160キロ、巾40キロの広大な農耕地である。
    カナダヅル飛翔と山
    渡りをする3亜種のカナダヅルはほとんどが数の多いヒメカナダヅルであるが、混在した群をフィールドで見るとチュウカナダヅル、オオカナダヅルとの判別は大変難しい。

    カナダヅルとオナガガモ
    カナダヅルとオナガガモが一緒にエサ取りするのどかな午後の池。

    カナダヅルの求愛ダンス
    若鳥が求愛ダンスの練習を始める。

    カナダヅルの求愛ダンス
    求愛ダンスもだいぶ形になってきた若鳥。

    カナダヅルの求愛ダンス
    3月に入るとカナダヅルたちは保護区を飛び立って北へ上がり、最初の中継地ネブラスカ州のプラット川流域に集まる。(「過去の記事」のコンテンツのページの「アメリカ国内鳥見旅便り」を参照)そして彼らはここからさらに数千キロ北にある北カナダやアラスカ、シベリアへ向けて長い旅を続ける。

    カナダヅルの水浴び
    カナダヅルは背中や首、胸の羽を鉄分を含んだ泥水で汚す習性がある。

    カナダヅルの大群
    サルフアー・スプリング・バレーには毎冬2万羽から2万5千羽のカナダヅルがやって来て春の渡りまで数ヶ月を過ごす。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 春のワイルドフラワーと生き物たち カタリナ州立公園 2020年(上)
      imakarayarou
    • チュマカコリ国立歴史公園 南アリゾナ (その4)最終
      imakarayarou
    • チュマカコリ国立歴史公園 南アリゾナ (その1)
      藤波
    • チュマカコリ国立歴史公園 南アリゾナ (その1)
      imakarayarou
    • 雪が舞い氷雨が降る真冬、子育てに頑張るコスタハチドリ (その4)最終
      imakarayarou
    • 雪が舞い氷雨が降る真冬、子育てに頑張るコスタハチドリ (その3)
      藤波
    • 雪が舞い氷雨が降る真冬、子育てに頑張るコスタハチドリ (その3)
      imakarayarou
    • 豪華なワイルドフラワーに沸く2019年春のソノラ砂漠 (上)
      藤波
    • 謹賀新年 2020年南アリゾナ・ソノラ砂漠の元旦
      藤波
    • 豪華なワイルドフラワーに沸く2019年春のソノラ砂漠 (上)
      yayoi tokumitsu

    links

             

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode