title





米国アリゾナのソノラ砂漠に住む鳥好き花好き動物好きのおじさんがおとどけするアメリカの自然情報です。

ソノラ砂漠の秋の話題 ガラガラヘビ住宅街に現れる 2016年

0
    玄関の案山子人形とガラガラヘビ
    ​玄関に飾ってある「サンクスギビングデー」の案山子人形の足元(右下)で丸まって暖をとるヒシモンガラガラヘビ ( Western Diamond-back Rattlesnake ) 。

    ​11月中旬にもなると、ソノラ砂漠は秋も深まり、朝晩は気温が5度近くまで下がって肌寒くなる。短パン(ショートパンツ)の生活が終わって、Gパンに履き替え、砂漠の「生きもの」の一部は冬眠生活に入る準備をし始める。夜行性のためフィールドを歩いていてもめったにお目にかからない猛毒なガラガラヘビが、この時期になると朝方の寒さを凌ぐために、また冬眠の寝場所探しのために人家近くに現れることがあり大騒ぎとなる。
     
    ガラガラヘビのアップ
    ​玄関の片隅で眠っていたのは今年生まれた未成熟なヒシモンガラガラヘビ ( Crotalus atrox ) で、体長が90センチぐらいと小さい。

    ​今年も11月に入ると、隣近所の家々で「ガラガラヘビがガレージに入ってきて困ってる」とか、「玄関の前でとぐろを巻いている」とか、「庭へ出ようとしたらポーチの出口であわゆくば踏むところだった」などなど大騒ぎになった。ほとんどの家ではこの手の騒ぎは毒蛇やサソリなどを駆除したり、捕えて別の場所へ移すことを専門にしている業者 ( Pest Control Co. ) に電話をして家に来てもらい一件落着となる。

     
    ガラガラヘビの子供
    未成熟な子供のヒシモンガラガラヘビは尾に特徴である大きな白黒の縞模様はあるが、その先の「ガラガラ」という音を出すコイルの形をした突起がまだついていない。

    ​この未成熟なガラガラヘビ、まだ子供の毒蛇であるが、これが意外と恐ろしい。尾の先端の突起がないので警戒する時に発する「ガラガラ」という音を出すことが出来ない。しかも、噛みついて毒を出す時、成熟した大人のヘビは毒を小出しにするが、子供のヘビはすべて出してしまうので毒が非常に強くなる。
     
    ガラガラヘビの大人
    体長2メートル近くある成熟したヒシモンガラガラヘビ。

    ​ヒシモンガラガラヘビは米国南部からメキシコにかけて生息する猛毒なヘビで、噛みつかれた時に出す分泌液が神経組織を壊すので主に血管や心臓、筋肉などを駄目にされ呼吸困難となる。致死率が高いので、噛まれたらもちろん救急病院へ行かなくてはならない。しかし、性格は攻撃的でなく大変おとなしい。家の中に入って来ることはほとんど稀で、よく被害に会う状況は、夜、ガレージを開けっ放しにして入って来られる場合や、ライトも持たず庭や玄関先にうっかり出て、踏んだり触れたりすると噛まれるケースがほとんどである。主なる獲物は砂漠に居る野ネズミや野ウサギ、トカゲなどの小型動物なので、ガラガラヘビの習性をよく理解していれば、まず危険な目に会うことはない。そして彼らも私たち人間と同じ砂漠で暮らしている生きものでもあり、自然界の食物連鎖の上で大切な生きものでもあるので、殺すことはアリゾナ州法で禁じられている。
     
    Western Banded Gecko 1
    ​ヒシモンガラガラヘビの大好物であるトカゲの仲間 Western Banded Gecko 。

    ​このトカゲ、ソノラ砂漠には非常に多く生息しているが、夜行性のため昼間フィールドではほとんど見られない。トカゲの仲間なのに家の壁や塀などを登ることが出来ない情けないやつである。それでも、天敵に襲われそうになると尾を上げてそれを左右に振りながら走るし、また尾をボディーの上にあげて丁度サソリのような形になり威嚇することもある。
     
    Western Banded Gexko 2
    ​親しげに片手を私のスリッパにのせる Western Banded Gecko ( Coleonyx variegatus ) 。

    ​このトカゲの主食は小さな昆虫やクモ、サソリで、秋には時々夜になるとガレージの中に入って来る。体長10センチから15センチの小さなトカゲなのでちょっとした隙間があればどっからでも入って来れる。見かけが華奢なこのトカゲは、他の種と違って瞼があり大きな瞳でじっと見るので実に可愛い。丸まると膨らんだ丸い尾には、9か月近い冬眠を支えるための脂肪が蓄えられてる。

    コメント
    初めまして、1週間前Tucsonに引っ越してきました。家を探している中、色んな動物に遭遇すると聞き、心配になってネットで調べていたら辿り着きました。心配な面もありますが(^_^;) 藤波さんの写真を見ていたら素敵な場所に引っ越してきたんだと感じました。ちゃんとした知識を持ってアリゾナ生活を楽しめたらいいな(*^_^*)と思います。
    • Yuko
    • 2018/09/05 2:56 PM
    Yukoさん コメントありがとうございます。Tucsonの周りは粗削りですが雄大な自然が豊かで、鳥や動物などの生き物にたくさん出会える楽しい所です。一年のほとんどが晴天ですので戸外へ出られて自然探索を楽しんでください。まずは、近場の"Catalina State park"へ行かれ、トレールを歩かれることをお勧めします。景色が美しく巨大サボテンSaguaro「サワーロ」が林立する景観は感動します。
    • 藤波
    • 2018/09/08 4:19 AM
    お返事ありがとございます!Catalina State Park 是非行ってみようと思います^_^
    • YUko
    • 2018/09/27 11:34 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 意外と身近に居る猛毒なガラガラヘビ 2018年夏
      yayoi
    • ソノラ砂漠のオアシス、スイートウオーター水再生処理場 2018年春(その1)
      Yayoi Tokumitsu
    • ソノラ砂漠の秋の話題 ガラガラヘビ住宅街に現れる 2016年
      YUko
    • ソノラ砂漠の秋の話題 ガラガラヘビ住宅街に現れる 2016年
      藤波
    • ソノラ砂漠の秋の話題 ガラガラヘビ住宅街に現れる 2016年
      Yuko
    • アリゾナ・ソノラ砂漠のオアシスで見る冬鳥たち(2012年3月 その3)
      Fujinami
    • アリゾナ・ソノラ砂漠のオアシスで見る冬鳥たち(2012年3月 その3)
      Kumiko
    • 艶やかなサボテンの花咲くソノラ砂漠 (前編)
      Fujinami
    • 艶やかなサボテンの花咲くソノラ砂漠 (前編)
      Chel
    • 艶やかなサボテンの花咲くソノラ砂漠 (前編)
      藤波

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode