title





米国アリゾナのソノラ砂漠に住む鳥好き花好き動物好きのおじさんがおとどけするアメリカの自然情報です。

ハッピーイースター(南アリゾナ・ソノラ砂漠の春)2018年(下)

0
    ルーシーアメリカムシクイ逆さま姿
    逆さまになって葉の裏にいる虫を探すルーシーアメリカムシクイ ( Lucy's Warbler )

    ソノラ砂漠の「春告鳥」であるルーシーアメリカムシクイは冬をメキシコや中米で過ごし、春になると南アリゾナに戻って来る渡り鳥である。野花が一面に広がり、木々の緑も深みを増して、明るい陽射しとそよ風に誘われるようにルーシーアメリカムシクイの春を告げる囀りがあちらこちらから聞こえてくると、まさに春の訪れを実感する。
     
    ルーシーアメリカムシクイジャンプ
    ジャンプして虫を捕えるルーシーアメリカムシクイ ( Vermivora luciae )

    ルーシーアメリカムシクイは体長11センチ(メジロより小さい)と大変小さい。身軽のせいか、常に飛び上がったり枝先をくるくる回ったり、ちょこまか枝移りしたり落ち着きなくじっとしてくれない鳥で、南アリゾナの砂漠で営巣する唯一のアメリカムシクイである。英名ルーシー ( Lucy ) はスミソニアン協会長官の娘さんの名前からとったもの。囀りは「チェチェチェ・・・」とせわしなく聞こえ、ソングスポットを持たないで枝移りしながら忙しく鳴く。
     
    Cream Cups
    ポピーの仲間 Cream Cups ( Platystemoa californicus )

    「立春」を過ぎると空気が緩み冬とは違う気配があり、気分が晴れて明るくなる。そしてソノラ砂漠の長閑な明るい春の昼は、ハイキングをしていても心がウキウキしてくる。
     
    Baby Aster
    Baby Aster ( Leucelene ericoides )

    枯草の下から草の芽が生え出る「下萌」を南アリゾナソノラ砂漠でも、見ることは出来る。まだ寒気が残っていても大地はもう春の準備に動き出している。
     
    Trailing Four Oclock
    Trailing Four O/clock ( Allionia incernata )

    春の野花の中でも数少ない珍しい種類である。春を知らせる陽射しの中であでやかに咲く野花、肌に触れる空気が柔らかくなっていて、春の近づくのを感じさせられる。
     
    Fairy Duster
    ハミングバードが大好きな Fairy Dustar ( Calliandra eriophylla )

    日本で春彼岸の頃に吹く西風、これは冬の名残の寒い風であるが、ソノラ砂漠に春に吹く西風は、南カリフォルニアの太平洋から吹く風で、柔らかな春の風である。
     
    Ocotillo
    「砂漠のローソク」と呼ばれる Ocotillo (オコティーオ / Fouquieria splendens )

    9メートルから10メートルの高さの細い茎に小さい緑の葉をつけ、突端に赤い色の花が咲くので別の英名で " Candle wood " とも呼ばれる。茎は棘に覆われているがサボテンではなく、メキシコ Bajacalifornia " の木 " Boojum " の仲間である。花蜜がよく出るので春の渡りのハミングバードの貴重なエサとなる。
     
    Pincushion Cactus
    サボテンの中で春一番に咲く Pincushion Cactus ( Mammillaria microcarpa )

    長いカギ型の棘が特徴で、魚を釣る釣針に似てるので別名 " Fishhook Cactas " と呼ばれている。このサボテンが咲き始めると春の野花も終わりに近づき、代わって色々なサボテンの花が咲き始めてソノラ砂漠は初夏に入って来る。
     
    Desert Mariposa
    紙の造花のような Desert Mariposa ( Calochortus kennedyi )

    ユリ科の仲間で、葉がほとんどない細くて長い茎の先に派手な色の花が咲くので遠くからでも非常に目立つ。英名 " Mariposa " (マリポサ)はスペイン語で「蝶」の意味で、チューリップの花の形に似てるので「マリポサチューリップ」ともよばれている。
     
    新緑のカタリナ公園
    新緑に包まれたソノラ砂漠、巨大サボテン「サワーロ」 ( Saguaro ) の林がひときわ目立つ

    カリフォルニアから飛行機で南アリゾナのツーソン空港に入って来る時、上空から見る地上は茶色一色の広大な荒野に見え、まさに殺伐とした砂漠を想像するが、ツーソン空港に降り立って車で走り出すと、大きな木や低灌木がたくさんあって緑と美しい自然が豊かで砂漠とは思えない光景にほとんどの人がびっくりする。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 艶やかなサボテンの花咲くソノラ砂漠 (前編)
      Fujinami
    • 艶やかなサボテンの花咲くソノラ砂漠 (前編)
      Chel
    • 艶やかなサボテンの花咲くソノラ砂漠 (前編)
      藤波
    • 艶やかなサボテンの花咲くソノラ砂漠 (前編)
      徳光弥生
    • 艶やかなサボテンの花咲くソノラ砂漠 (前編)
      藤波
    • 艶やかなサボテンの花咲くソノラ砂漠 (前編)
      徳光弥生
    • 砂漠の夏に咲くサボテンの花 2017年 (上)
      藤波
    • 砂漠の夏に咲くサボテンの花 2017年 (上)
      Sonobe
    • 雛を連れたアメリカワシミミズク 2017年夏 (上)
      藤波
    • 雛を連れたアメリカワシミミズク 2017年夏 (上)
      ヒライ

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode