title





米国アリゾナのソノラ砂漠に住む鳥好き花好き動物好きのおじさんがおとどけするアメリカの自然情報です。

ハミングバード(コスタハチドリ)のヒナ誕生 2018年春 (その2)

0
    孵化後の黒いコスタハチドリの雛
    孵化したばかりのコスタハチドリの雛

    卵が産まれてから15日目の3月31日朝、雛が生まれた。全身真っ黒で羽がまだ生えておらず、巣の底にべったりへばりついてるのでどちらが頭でどこが尾か?・・さっぱり判らない。辛うじて翼の軸になる白いすじが見えるので「鳥」だと納得するぐらいである。
     
    目が開いてないコスタハチドリの雛
    生まれて一週間目の雛

    一週間たってもまだ翅は生えてなく目も開いてないが、「雛」と判る形をしてきた。コスタハチドリは体長が7.6センチから8.9センチと大変小さく、北米では2番目に小さい鳥である。
     
    口を開けて上を見るコスタハチドリ雛
    上を向いて大きな口を開け、雌親がエサを持って戻って来るのをひたすら待つ雛2羽

    コスタハチドリは主に南アリゾナと南カリフォルニアの砂漠に生息するハミングバードであるが、時々アラスカやカナダで見られることもあり不思議がられてる。営巣が終わると、砂漠は暑くなるので樫や低木林が茂る涼しい渓谷 ( Cnyon ) へ移る。大きく育って親離れした雛だけが庭に残り、エサ場のテリトリー争いで若鳥同士が凄いバトルを早朝から繰り広げていた。
     
    目を開けて見るコスタハチドリ雛
    生まれて2週間が経つと、目も開いてボヤーとこちらを見ている。

    コスタハチドリの英名 " Costa " はフランスの貴族の名前からとったもの。アンナハチドリ ( Anna's Hummingbird ) と共に南アリゾナではごく普通に見られる最もポピュラーなハミングバードである。そのためかアンナハチドリとの Hybrids (交配種) はよく知られている。
     
    巣からはみ出るコスタハチドリ雛
    一段と体が大きくなって巣からはみ出そうである。まだ警戒心は薄く、顔を近づけても特別こちらを向くわけもなくじっとしている。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ソノラ砂漠の秋の話題 ガラガラヘビ住宅街に現れる 2016年
      YUko
    • ソノラ砂漠の秋の話題 ガラガラヘビ住宅街に現れる 2016年
      藤波
    • ソノラ砂漠の秋の話題 ガラガラヘビ住宅街に現れる 2016年
      Yuko
    • アリゾナ・ソノラ砂漠のオアシスで見る冬鳥たち(2012年3月 その3)
      Fujinami
    • アリゾナ・ソノラ砂漠のオアシスで見る冬鳥たち(2012年3月 その3)
      Kumiko
    • 艶やかなサボテンの花咲くソノラ砂漠 (前編)
      Fujinami
    • 艶やかなサボテンの花咲くソノラ砂漠 (前編)
      Chel
    • 艶やかなサボテンの花咲くソノラ砂漠 (前編)
      藤波
    • 艶やかなサボテンの花咲くソノラ砂漠 (前編)
      徳光弥生
    • 艶やかなサボテンの花咲くソノラ砂漠 (前編)
      藤波

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode