title





米国アリゾナのソノラ砂漠に住む鳥好き花好き動物好きのおじさんがおとどけするアメリカの自然情報です。

ソノラ砂漠のオアシス・スイートウオーター水再生処理場 2018年春(その4)最終

0

    ロードランナー蜥蜴を銜える

    トカゲを銜えて目の前に現れたオオミチバシリ ( Greater Roadrunner / Geococcyx californianus )

     

    南アリゾナの人気者ロードランナー、テキサスからアリゾナ、カリフォルニア、そしてメキシコの乾燥した砂漠地帯に生息するポピュラーなジカッコウの仲間である。めったに飛ばないでグラウンドを歩き大きな木の陰に入ってじっと休んでたりすると、体色が地面の色に近くてカモフラージュされてるので以外と見つけ難い。スイートウオーターにいる個体は割と人馴れしていて、ちょくちょく人前に出て来るので見やすく写真も撮りやすい。

     

     

    ロードランナー後ろ姿

    獲物を見せてくれた後、後ろを向いて得意げに長い尾を左右に振りながら去って行った。

     

    ロードランナーは可愛くて愛嬌のある鳥であり、獲物を捕ると得意げに見せに近寄って来ることがある。主な食べ物はトカゲ、ヘビ(特に猛毒なガラガラヘビを好む)小鳥、ネズミ、リスなどの動物食である。尾が長くキジ ( Phasianus versicolor ) のように歩くが、大きさはキジの三分の二程度しかない。囀りは冴えない低い声でハトのように「クークークー」と最後が消えるように下がるので、フィールドでは聞きなれてないとほとんど耳に入って来ない。

     

     

    Aberts Towhee

    南アリゾナのごく一部の地域でしか見られないメグロトウヒチョウ ( Abert's Towhee / Pipilo aberti )

     

    この希少種のトウヒチョウは、スイートウオーターでは毎年繁殖をしてるので写真を撮れる機会が多い。しかし、非常に臆病な鳥で、何時もこそこそしていて、ちょっとでも外敵の気配がすると驚いて直ぐ近くの藪の隠れ場所へ走り去ってしまうので見るのに苦労する。日本のツグミ ( Turdus naumanni ) と同じ大きさで、地面ををかいたり落ち葉をひっくり返して種や草の実、虫などを取り出して食べる。

     

     

    Western Kingbird

    北米の西側で主に見られる最もポピュラーなタイランチョウのニシタイランチョウ ( Western Kingbird / Tyrannus verticalis )

     

    スイートウオーターでは春に中米から戻てくる夏鳥である。大変環境の変化への順応性が高く、郊外の住宅街や公園でも目にすることがある。町ではエサ取りのために止まる高い木の枝に代わって高い塀や電線に止まってることが多々あり、しかも、電柱や他の人工物を巣作りの場所に利用している。エサ取り方法は木の枝や電線にじっと止まり虫の動きを見て、見つけると飛び出して空中で捕まえ、またもとの枝に戻る。又、しばしばグラウンドの上でホバリングして虫を掬い上げる芸当もする。求愛行動が大変大袈裟で、矢のように上空へ飛んで行き、翼を震わせながら鳴く。

     

     

    Yellow-rumped Warbler

    水浴びをするキヅタアメリカムシクイ ( Yellow-rumped Warbler / Dendroica coronata )

     

    スイートウオーターには幾つかの水の流れがあり、砂漠の鳥たちにとっても貴重な水場となっている。腰を下ろしてじっとしてると、次から次へと色々な鳥たちが水飲みにまた水浴びにやって来る。キヅタアメリカムシクイは写真のように喉が黄色い " Audubon's Warbler " と喉が白い " Myrtle Warbler " の2種類が居る。以前は別々に分けられていたが、今は " Yellow-rumped Warbler " 一種となった。 " Myrtle Warbler " は主にニューヨークなどの東側で見られ、アリゾナには大変少ない。日本のウグイス( Cettia diphone ) とほゞ同じ大きさか少し小さい。

     

     

    Common Yellowthroat

    臆病な鳥で、周りを気にしながら少しづつ水辺に近づいて来るカオグロアメリカムシクイ ( Common Yellowthroat / Geothlypis trichas )

     

    水辺の低灌木を好むので、スイートウオーターには数組のペアーが営巣している。地域による亜種が多く、南アリゾナで見られるのは

    " chryseola " 種である。大きい草や灌木の幹を垂直に登りながら虫やクモなどを探す。また、時には空中を飛んでる虫をフライングキャッチすることもある。

     

     

    Orange-crowned Warbler

    水浴びするサメズアカアメリカムシクイ ( Orange-crowned Warbler / Vermivora celata )

     

    南アリゾナでは主に冬の間だけ見られる渡り鳥で、夏には繁殖のためカナダ、アラスカへ北上して行く。南アリゾナで見られるのは明るい黄色の亜種 " lutescens " である。アメリカムシクイの多くは高い木のキャヌピーでエサ取りするが、サメズアカアメリカムシクイは低い枝を好み、時にはグラウンドでエサ取りすることもある。

     

     

    Coopers Hawk

    日本のキジバトより小さいクーパーハイタカ ( Cooper's Hawk / Accipiter cooperii )

     

    スイートウオーターでは猛禽類も近くで見ることが出来る。留鳥のクーパーハイタカは町の公園や人家近くでもごく普通に見られる鷹で、庭のフィーダーに集まって来る鳥(特にナゲキバト)を狙ってちょくちょく庭でハンティングすることがある。多くの鷹は空をソワリングしながら獲物を探すが、クーパーハイタカはソワリングはほとんどせず、鬱蒼と葉の茂った木の枝のしかも幹に近い所に止まり、じっと静かに待ちながら獲物の動きを見る所謂待ち伏せスタイルで、獲物を見つけると、素早くダッシュして木と木の間を低く曲芸飛行のように凄いスピードで獲物に襲い、足の爪で捕獲する。

     

     

    ワシミミズクの巣と雛

    大きなユーカリの木、鷹の古巣を利用したアメリカワシミミズク ( Great Horned Owl / Bubo virginianus ) の巣と雛

     

    アメリカワシミミズクは大きな木が少ない南アリゾナソノラ砂漠では巨大サボテン " Saguaro " に造られたモモアカノスリ

    ( Harris's Hawk / Parabuteo unicinctus ) やワタリガラス ( Common Raven / Corvus lorax ) の古巣を利用することが多い。人家の庭の低灌木でも見られるポピュラーなフクロウであり、秋から冬にかけては特に雄・雌で夜ごと屋根の上で鳴き合うので大変身近な鳥でもある。

     

     

    ワシミミズクの親

    雛の頭上の枝でじーと私を見ているアメリカワシミミズクの雌親

     

    全米の広い地域で見られるポピュラーな大型のフクロウで、日本で迷鳥として記録があるワシミミズク ( Bubo bubo ) より小さい。主たる獲物はスカンクなど大きな動物からリス、ネズミまで幅広く食べる。秋になると庭の灌木の豆が下に落ち、野ネズミの Cacutus Mouse がそれを食べに庭に現れるので,それを狙ってアメリカワシミミズクが夜頻繁に庭に来てくれる。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ソノラ砂漠のオアシス、スイートウオーター水再生処理場 2018年春(その1)
      藤波
    • ソノラ砂漠のオアシス、スイートウオーター水再生処理場 2018年春(その1)
      tokumitsu yayoi
    • 意外と身近に居る猛毒なガラガラヘビ 2018年夏
      藤波
    • 意外と身近に居る猛毒なガラガラヘビ 2018年夏
      yayoi
    • ソノラ砂漠のオアシス、スイートウオーター水再生処理場 2018年春(その1)
      Yayoi Tokumitsu
    • ソノラ砂漠の秋の話題 ガラガラヘビ住宅街に現れる 2016年
      YUko
    • ソノラ砂漠の秋の話題 ガラガラヘビ住宅街に現れる 2016年
      藤波
    • ソノラ砂漠の秋の話題 ガラガラヘビ住宅街に現れる 2016年
      Yuko
    • アリゾナ・ソノラ砂漠のオアシスで見る冬鳥たち(2012年3月 その3)
      Fujinami
    • アリゾナ・ソノラ砂漠のオアシスで見る冬鳥たち(2012年3月 その3)
      Kumiko

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode