title





米国アリゾナのソノラ砂漠に住む鳥好き花好き動物好きのおじさんがおとどけするアメリカの自然情報です。

謹賀新年 2019年元旦

0

    カタリナ州立公園と雪山

    2019年新年、初雪のソノラ砂漠、カタリナ連山

     

    新年おめでとうございます。

    本年も皆様に南アリゾナの自然を少しでも多くご紹介するため精いっぱい努力する所存ですので、引き続きよろしく

    お願い申し上げあげます。

     

     

    サワーロと雪山

    今冬初の積雪が見られたカタリナ連山とマイフィールド・カタリナ州立公園のサボテン " Saguaro "

     

    南アリゾナは、31日大晦日の夜から降り出した雨が翌日の元旦の午前中いっぱい降ったので、新年の初日の出は見られなかった。翌2日の朝、今年初のマイフィールド(カタリナ州立公園)歩きをする。クリスマスまで暖かった南アリゾナも晦日の前日から朝方零下、日中も5度ぐらいしか気温が上がらない寒い日が続き、ソノラ砂漠も本格的な冬となった。巨大サボテン " Saguaro " 超しに見る雪景色は実に荒々しく荘厳で雄大である。この組み合わせは冬のソノラ砂漠でしか見られない美しいシーンで、北風に顔が突っ張る寒さも忘れてしばし見とれてしまう。

     

     

    キツツキ、サワーロ、雪山

    寒そうに Saguaro の天辺で雪空を見上げる砂漠のキツツキ、サバクシマセゲラ ( Gila Woodpecker / Melanerpes uropygialis )

     

    ツーソンを中心とする南アリゾナソノラ砂漠は東と南北に標高1500メートル以上の山が連なっている。冬に入ると、この山々が白化粧をした姿に変わり、砂漠も寒々としてくる。南アリゾナの冬は12月末から2月初旬までの一か月半と大変短い。一番寒いのは1月の「寒」に入った頃で、毎年一日か二日ぐらい平地にも雪が降る。元旦に降る雨や雪を昔の人は「御降(おさがり)」と言ったそうだが、書斎から「御降」を静かに眺め過ごす年始は、南アリゾナの例年と違って冬らしい趣があった。

     

     

    Brittlebush

    寒い雪空の中、岩場の斜面に咲く小さなヒマワリに似たキク科の Brittlebush ( Encelia farinosa )

     

    例年2月中旬ごろの春に一番早く咲く花であるが、新年にしかも冬空の中でこの花を目にするのは初めてである。

    南アリゾナの正月はあっさりとしたものである。大晦日はもちろん「除夜の鐘」、「紅白〜」もなく、夜中12時から打ち上げられる花火だけで、 " Happy New Year " である。暦の上の休日は元旦の一日だけ。二日は銀行、証券取引所などすべてのマーケットが開く「御用始め」である。

     

     

    Paper Flower

    例年だと4月に咲き始める Paper Flower ( Psilostrophe cooperi ) が正月にチラホラ咲いてるのにもびっくりした。

     

    英名 " Paper Flower " (ペーパーフラワー)は、花が終わりに近づくと白くなって紙の造花のようになるところから付けられた。

    今年の元旦の夜明けは,小雨降る中,屋根の上で盛んに雄雌で鳴き合うアメリカワシミミズク ( Great Horned Owl ) の声で目が覚めた。新しいと年が明ける嬉しいファンファーレでもあり、耳に心地よかった。冬のこの時期は鳥種が少ないが、山から下りて来てソノラ砂漠で冬を越すチャガシラヒメドリ ( Chipping Sparrow ), ブリューワーヒメドリ ( Brewer's Sparrrow ), ヒバリヒメドリ

    ( Lark Sparrow ), ノドグロヒメドリ ( Black-throated Sparrow ), ミヤマシトド ( White-crowned Sparrow ) などの所謂 Sparrow 類の群れがグラウンドで餌取しては低灌木を飛び回っている姿を近くで見ることが出来る。

     

     

    Marigold

    朝方、零下まで気温が下がる冬でも、枯れずに花を咲かせる砂漠の野花 " Desert Marigold ( Baileya multiradiata )

     

    冬のキャニオン ( Canyon ) 歩きは大変疲れる。まず、早朝の歩きだしと昼近くに帰って来る時の寒暖の差が大変激しい。冬の日の出は遅いのでキャニオンでは7時頃となる。太陽が山の稜線から顔を出す時に気温が下がり零度(時には零下2度から3度)近くにもなる。セーター、厚手のハイキング用ジャケット、これに時にはマフラーとホカロンが必要で手袋も厚手となる。太陽が高く上がって気温が少しづつ上昇してくる10時頃になると、やっと体全部が暖まって来てホッとしてくる。岩に腰を下ろし、持参の熱いコーヒーを飲みながらボヤーと過ごす時間が心地よい。周りでは、やっとサボテンミソサザイ ( Cactus Wren ) , マルハシツグミモドキ ( Curve-billed Thrasher ), アメリカツリスガラ ( Verdin ), オグロブユムシクイ ( Black-tailed Gnatcatcher ) など砂漠の鳥が鳴き始める。12時過ぎる頃の帰り道は気温も20近くになるので防寒具のほとんどをリュックに押し込み、シャツ一枚しかも腕まくりをしないと暑いぐらいである。砂漠の気候は実に激しい。

     

     

    Mexican Gold Poppy

    新年には珍しく、一輪だけ咲いていた春の花、メキシカンポピー ( Mexican Gold Poppy / Eschscholtzia mexicana )

     

    山の岩肌に吹き付けた雪と、岩がごろごろして寒々とした風景のソノラ砂漠でも、足元を見ると幾つかの春の花が咲いているのには驚いた。昨年の秋からクリスマスにかけて暖かく例年以上に雨が多く降ったので、野花が春の到来を待ちきれず咲き始めてしまった・・と思われる。

     

     

    Roadrunner

    今年見た第一号の鳥、オオミチバシリ ( Greater Roadrunner / Geococcyx californianus )

     

    新年の歩きで最初に視界に入って来たのは、ソノラ砂漠の人気者ロードランナーであった。しかもドンドン寄って来て、肉眼で翅の細部まで見れるほどの距離まで近づいて来るのでドキドキした。餌となるトカゲや昆虫類が少なくなる冬の砂漠では、エサ探しに苦労するようで人間の存在など無頓着、ゆっくり歩きながら木の上や幹、グラウンドなどを見つめながら何か動くものは居ないか・・懸命にエサ探しをする。幸先の良い今年の鳥見のスタートであり、砂漠の新年に相応しい鳥に最高の状況で出会えたので、大変満足した歩きとなった。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ソノラ砂漠のオアシス、スイートウオーター水再生処理場 2018年春(その1)
      藤波
    • ソノラ砂漠のオアシス、スイートウオーター水再生処理場 2018年春(その1)
      tokumitsu yayoi
    • 意外と身近に居る猛毒なガラガラヘビ 2018年夏
      藤波
    • 意外と身近に居る猛毒なガラガラヘビ 2018年夏
      yayoi
    • ソノラ砂漠のオアシス、スイートウオーター水再生処理場 2018年春(その1)
      Yayoi Tokumitsu
    • ソノラ砂漠の秋の話題 ガラガラヘビ住宅街に現れる 2016年
      YUko
    • ソノラ砂漠の秋の話題 ガラガラヘビ住宅街に現れる 2016年
      藤波
    • ソノラ砂漠の秋の話題 ガラガラヘビ住宅街に現れる 2016年
      Yuko
    • アリゾナ・ソノラ砂漠のオアシスで見る冬鳥たち(2012年3月 その3)
      Fujinami
    • アリゾナ・ソノラ砂漠のオアシスで見る冬鳥たち(2012年3月 その3)
      Kumiko

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode