title





米国アリゾナのソノラ砂漠に住む鳥好き花好き動物好きのおじさんがおとどけするアメリカの自然情報です。

珍しいスズメフクロウの子育て マデラ渓谷 2019年夏 (その5)最終

0

    セミを捕らえたスズメフクロウ雌親

    セミを捕らえたロッキースズメフクロウのメス。昆虫などの小さい獲物はメス親自身が捕って雛に与えている。

     

    セミ ( Grand Western Cicada / Tibicen dorsata ) はこの時期非常に数が多いので、スズメフクロウが簡単に捕れて雛に与えられる貴重なタンパク質栄養源の一つである。スズメフクロウは他のフクロウのようにゆっくりふあーふあーと飛ばず、ほとんど羽ばたきもしないで、弾丸のように真っ直ぐ早いスピードで飛ぶので、飛んでる姿を見るのは難しい。セミを見つけると、素早く飛んで来て鋭い爪で木の幹や枝につかまると同時にセミを捕らえる。また、時々木の枝から宙返りし急降下しながらグラウンドに下りて獲物を捕らえることもある。残念ながら、このダイナミックな姿は双眼鏡で見るのが精一杯で、写真に納めるチャンスはなかった。

     

     

    セミを銜えたメス親と2羽の雛

    捕らえたセミを2羽いる雛のどちらへ与えようか…と迷ってるメス親。全部で4羽いる雛へのメス親だけでのエサ与えは大変な労働である。

     

     

    雛にセミを渡す雌親

    メス親はさんざん迷ったあげく、左側の雛にセミを渡し始めた。

     

     

    セミを雛の口に与える雌親

    メス親は雛が銜えやすいようにセミを低く下して直接渡そうとしている。

     

     

    セミを足で抑えるスズメフクロウ雛

    雛はメス親から与えられたセミを一先ず足で抑えて、どうやって食べようか考えていた。先に巣立ちした2羽の雛がバッタを食べるのに苦労したのと同じように、この雛も経験がないのでやはり苦労している。

     

     

    セミを足で持ち上げる雛

    やおら足でセミを持ち上げ、又しばらく考え、困った顔をしていた。

     

     

    セミを食べる雛 1

    5分ぐらい経って、雛はいよいよセミを食べ始めた。実に旨そうに食べてる。その顔が映画「スターウォーズ」に出てくる「ヨーダ」に似ているので、思わず笑ってしまった。

     

     

    セミを食べる雛 2

    先ずはセミを小さく千切って食べ始めた。

     

     

    セミを丸かじりする雛

    いよいよセミが小さくなってきたので、丸かじりし出した。

     

     

    セミを丸ごと飲み込む雛

    雛にとってセミを丸ごと飲み込むのは難しいらしく、目をひん剥いて苦労して口の中に入れ込んでいた。

     

     

    セミが喉につっかえ苦しんでる雛

    何とか飲み込めたようだが、セミが喉にまだつかえているようで、喉を膨らませて何とか飲み込もうと寄り目になって苦労していた。

     

     

    コールしながら雛を呼ぶ雌親

    最後に見たメス親の鳴く姿。

     

    最後の2羽の雛たちが巣立ちして4時間後、エサ与えが一段落すると、メス親が盛んにコールして雛たちを呼び、先に巣立ちした2羽と一緒に森の奥へ消えて行った。翌朝にはスズメフクロウ一家の姿はまったく見られず、これが最後の姿となった。スズメフクロウは卵から孵化して23日から30日ぐらいで巣立ちし、巣の中の雛が全て巣立ちするとさっさと巣の場所から離れて森の奥深く入ってしまう。その後20日から30日ぐらいは親に守られエサを与えてもらって成長する。そして早くも5か月後には立派な成鳥となる。そもそも雛の成長は大変早く、孵化後2週間で成鳥の60%近い大きさになる。

    15日間毎朝4時に起きて現場に駆け付け、昼過ぎまでの8時間彼らが我々の存在を意識しない距離を保ちながらびったりスズメフクロウ一家と付き合った。フィールドではなかなか見られない彼らの習性、獲物の捕り方、エサ与えの方法、雄親とメス親そしてメス親と雛たちとのコミュニケーションの仕方など多くを知ることが出来た。スズメフクロウは同じ巣穴を2〜3年は使うらしいので来夏また会えるのを楽しみにしている。このスズメフクロウ一家は大変な人気者で、ニューヨークやボストン、カリフォルニアなど色々な州から又隣のカナダからもたくさんのプロカメラマンや愛鳥家たちがやって来た。観察の合間の彼らとの鳥談義や情報交換は実に楽しく、あっと言う間に過ぎてしまった2週間であった。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 庭で生まれ育ったオオカバマダラ蝶 (その3)
      藤波
    • 庭で生まれ育ったオオカバマダラ蝶 (その3)
      Sakura
    • ソノラ砂漠のオアシス、スイートウオーター水再生処理場 2018年春(その1)
      藤波
    • ソノラ砂漠のオアシス、スイートウオーター水再生処理場 2018年春(その1)
      tokumitsu yayoi
    • 意外と身近に居る猛毒なガラガラヘビ 2018年夏
      藤波
    • 意外と身近に居る猛毒なガラガラヘビ 2018年夏
      yayoi
    • ソノラ砂漠のオアシス、スイートウオーター水再生処理場 2018年春(その1)
      Yayoi Tokumitsu
    • ソノラ砂漠の秋の話題 ガラガラヘビ住宅街に現れる 2016年
      YUko
    • ソノラ砂漠の秋の話題 ガラガラヘビ住宅街に現れる 2016年
      藤波
    • ソノラ砂漠の秋の話題 ガラガラヘビ住宅街に現れる 2016年
      Yuko

    links

             

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode