title





米国アリゾナのソノラ砂漠に住む鳥好き花好き動物好きのおじさんがおとどけするアメリカの自然情報です。

ソノラ砂漠の鮮やかな秋の彩り

0

    Ramsey Canyon Trail 入口の紅葉

    ラムゼイ渓谷ハイキングトレールの紅葉

     

    南アリゾナのソノラ砂漠とチウアウア砂漠は三方向2千メートルクラスの山に囲まれており、キャニオン ( Canyon ) と称する渓谷がいくつかある。特に南アリゾナの東部はメキシコのSierra Madre とロッキー山脈、ソノラ砂漠、チウアウア砂漠などが一緒になる生態上の交差路でもあり、浅い川の湿地から針葉樹林地や熱帯地まで非常に自然が変化に富んでおり、色々な種類の植物、動物が数多く見られるので大変人気があるスポットである。

     

     

    Ramsey Canyon Nature Conservancy

    The Nature Conservancy のビジターセンター周辺の紅葉

     

    南アリゾナの東部メキシコとの国境に近いラムゼイ渓谷 ( Ramsey Canyon ) は、湧水と渓谷の高い岩壁によって砂漠にはない湿気と夏でも涼しい環境が整っている。このため、水を必要とするアリゾナ・スズカケノキやカエデなどの大きな木や松やモミなどの針葉樹も多く、しかも大きく育った砂漠のサボテンやユッカ ( Yucca ) ,リュウゼツランの仲間アガベ ( Agave )も数多く見られる。そして、ラムゼイ渓谷の一部380エーカーはアメリカの国際的な活動をしているNGO " The Nature Conservanccy " の自然保護区となっており、ハミングバード(ハチドリ)のキャピタルと言われ、14種類のハミングバード、150種類の鳥類が見られるのでバーダーにとって大変に人気のある有名なスポットでもある。

     

     

    Ramsey Canyon 岩壁と紅葉

    コロナド国立森林 ( Coronado National Forest ) のトレールから見上げるラムゼイ渓谷の大きな岩壁と紅葉

     

    ハイキングは " The Nature Conservancy " のビジターセンターから入り、澄んだきれいな湧水が流れる " Ramsey Creek " 沿いのトレール(自然探索路)を0.8キロほど歩くとやがて険しい登りとなる。そしてZ字型山岳トレールをスイッチバックしながら標高差800メートルを一気に登っていく。勾配がかなりきついので途中で息切れしてるハイカーを時々見かける。トレールはコロナド国立森林に入ると、本格的な森林ハイキングトレールとなり、松の一種 Apache Pine, スズカケノキの仲間Arizona Cycamore, 樫の木の仲間 Gambel Oak, カエデの仲間 Bigtooth Maple などの森の中を赤や黄色に色づいた秋の彩りを楽しみながら歩く。

     

     

    赤いカエデとyucca、agabeが共存

    深い森ならではの鮮やかな赤で美しいカエデと根元に生える砂漠植物ユッカ ( Yucca ) とリュウゼツランの仲間アガベ ( Agave ) が共生していて面白い。

     

     

    紅葉のコロナド森林Hamburg トレール

    山岳トレール " Hamburg Trail " を歩き、森林奥深く入って行くと、人にも会わず鳥の鳴き声もなくて大きな枯葉が落ちてくる音しか耳に入って来ない。そして秋の彩りもさらに濃くなっていく。

     

     

    Ramsey,Hambrg Trail の紅葉 1

    針葉樹の緑、カエデの赤、スズカケノキの黄が混ざり合って実に美しい。

     

     

    Ramsey,Humburg Trail の紅葉 2

    暗い森の中でも一際鮮やかな赤色のカエデ ( Bigtooth Maple ) 葉の大きさが日本のモミジの2倍以上はあるので見事である。

     

     

    Ramsay,Hamburg Trail の紅葉 3

    ラムゼイ渓谷は我が家から一番遠い「マイフィールド」であるが、美しい秋の色合いに出会えると、アリゾナの乾燥した夏の暑さをすっかり忘れてしまう。

     

     

    Ramsey,Hambrg Trail の紅葉 4

    さらに森深く入ると、トレールも細く狭くなって、紅葉した葉が体に触れカサカサ…と大きな音がするのでドキッとする。

     

     

    紅葉の赤いジュータン路

    グラウンドに落ちたカエデの葉、緑の草の中、ピンクのジュータンを敷いたような美しいトレールを歩く。

     

     

    渓流の淀みに浮かぶ枯葉

    渓流の淀みに浮かぶ緑の水草と色づいた枯葉。水が流れる小さな音が耳に心地よく響いてくる。

     

     

    水辺に降りてきた蝶2匹

    渓流の水辺に美しい蝶が2匹水を飲みに下りて来る。枯葉にカモフラージュされて見つけにくい。

     

     

    蝶Chiricahua Pine White メス

    大変珍しい蝶 Chiricahua Pine White の雄

     

    弱い秋の日差しが差す午後、蝶が水辺に集まって来る。その内の一種 " Chiricahua Pine White " ( Neophasia terlooii ) は別名 " Mexican Pine White " とも呼ばれ、標高1900メートル以上の高い山の松林で秋遅くに見られる森の蝶である。ウイングスパン(翼幅)5センチ少々の中型の大きさで、主に南アリゾナの東部の限られた地域でしか見られない珍しい蝶である。

     

     

    蝶 Chiricahua Pine White メス

    グラウンドに降りて枯葉に止まる Chiricahua Pine White のメス

     

    チリカウア・パイン・ホワイト ( Chiricahua Pine White ) はオスとメスで色がまったく異なる。白黒のオスと違ってメスは明るいオレンジ色で大変美しい。この蝶はのらりくらりと何処へ飛んで行くのか判らないぐらいでたらめな蝶らしくない飛び方をし、時々羽を広げて風に吹かれながら舞う。また時には弱弱しくグラウンド近くでヨタヨタ飛ぶことがあり、傷ついて弱ってるのかな‥?と思い写真を撮ろうと近づくと、パッとすごい勢いで飛んで逃げて行ってしまう。

     

     

    手に止まる蝶 Chiricahua Pine White メス

    女房の手のひらに降りて来て止まる Chiricahua Pine White のメス。

     

    この蝶はほとんど高い松の木の天辺のキャヌピーの上をヒラヒラ飛ぶことが多いので見るのに苦労するが、この朝は暖かったせいか、珍しく低い所へ降りて来て女房の手のひらに止まってくれた。5分近くも長く居てくれたので大感激。自然がくれた思わぬ秋のプレゼントに感謝。

     

     

    蝶 Satyr Comma

    水草に止まる大変珍しい蝶サターコンマ ( Satyr Comma / Polygonia satyrus )

     

    ジャノメチョウの仲間で、主にアリゾナそして米国西側の標高1000メートル近辺の渓流の水辺で見られる。ウイングスパンは5センチ前後、英名 " Comma " は後翅にある銀色のコンマ印から付けられた。大変カモフラージュが上手で、木の幹に逆さまに止まることがあり大変見つけにくい。翅の淵がギザギザの形をしてるので変わっていて人気がある。時々水を飲みに下へ’下りて来るが、警戒心が強く近づくとすぐ飛んで行ってしまうので写真を撮るには厄介な蝶であった。

     

     

    蝶 Red Admiral

    カナダから中央アメリカまで、全米広い地域で見られるホピュラーな蝶 Red Admiral ( Vanessa atalanta )

     

    ウイングスパン5センチ前後の中型の蝶で、色が鮮やかなので人気がある。夏から秋に’かけてはキャニオンの森で過ごすが、冬は砂漠に下りて来るので、我が家の庭の花にもやって来る。砂漠のキャニオンの秋は紅葉だけでなく、美しい蝶や珍しい蝶も数多く見られるのでバタフライウォッチング ( Butterfly Watching ) も楽しめる。" Thanksgiving Day " 間近の11月下旬、紅葉と蝶が楽しめた南アリゾナならではの晩秋のハイキングであった。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 庭で生まれ育ったオオカバマダラ蝶 (その3)
      藤波
    • 庭で生まれ育ったオオカバマダラ蝶 (その3)
      Sakura
    • ソノラ砂漠のオアシス、スイートウオーター水再生処理場 2018年春(その1)
      藤波
    • ソノラ砂漠のオアシス、スイートウオーター水再生処理場 2018年春(その1)
      tokumitsu yayoi
    • 意外と身近に居る猛毒なガラガラヘビ 2018年夏
      藤波
    • 意外と身近に居る猛毒なガラガラヘビ 2018年夏
      yayoi
    • ソノラ砂漠のオアシス、スイートウオーター水再生処理場 2018年春(その1)
      Yayoi Tokumitsu
    • ソノラ砂漠の秋の話題 ガラガラヘビ住宅街に現れる 2016年
      YUko
    • ソノラ砂漠の秋の話題 ガラガラヘビ住宅街に現れる 2016年
      藤波
    • ソノラ砂漠の秋の話題 ガラガラヘビ住宅街に現れる 2016年
      Yuko

    links

             

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode