title





米国アリゾナのソノラ砂漠に住む鳥好き花好き動物好きのおじさんがおとどけするアメリカの自然情報です。

我家の庭のハミングバード(ハチドリ)たち ( その1 )

0
     アカハシハチドリ ♂
    アカハシハチドリ (Broad-billed Hummingbird) ♂

    ハチドリはTVや雑誌などでよく取り上げられる鳥なので、日本でもその美しさや可愛らしさを知っている人は多いと思われる。 世界で最も小さい鳥のグループで、ほとんどが体長7.5センチから13センチ、
    重さは2グラムから20グラムほどしかない。
    ハチドリは翼を羽ばたいている時「ブンブンブン・・・」と蜂と同じような羽音をたてるので、和名「蜂鳥」、
    英名を「Hummingbird」と名づけられた。

    コスタハチドリ ♂
    コスタハチドリ (Costa's Hummingbird) ♂

    ハチドリはアメリカ大陸(新世界)のみに生息する鳥で341種類おり、その内北米で見られるのは21種
    である。 ほとんどのハチドリは冬に中南米へ渡りをするが、こんな小さな体でアラスカからメキシコまで
    4,800キロの長旅をするのもいる。

    アンナハチドリ ♂
    アンナハチドリ (Anna's Hummingbird) ♂

    ハチドリは尾を広げて上手く舵を取りながら上下、左右、後方そして宙返りなど自由自在に飛ぶことが
    出来るばかりでなく、「8の字」を描くように翼を羽ばたいてホブァリングしながら空中停止も可能である。
    翼の羽ばたきは目に見えないぐらい早く、一秒間に80回以上も羽ばたく。

    オフィスからのフィーダー
    書斎の窓ガラスに取り付けてあるハチドリ用フィーダー

    一年中暖かいアリゾナでの生活の上でハチドリはまさに日本でのスズメやメジロのような大変身近な鳥
    の一種である。 我家では書斎やキッチンの窓、そして庭にもフィーダーが掛けてあり、色とりどりの
    ハチドリが早朝から夕方遅くまで砂糖水を舐めにやって来る。

    ハチドリ用フィーダー

    窓に取り付けたフィーダーは横幅14センチほどの小さいもので、中には砂糖水(水10:砂糖4の割合)
    が入れてある。 フィーダーには色々な形があるが、ハチドリは特に赤い色が好きなので赤が多く、
    綺麗で庭の装飾にもなっている。

    フィーダーに止まるコスタ
    フィーダーに止まって書斎を覗いてるコスタハチドリ

    一番数の多いコスタハチドリはフィーダーに止まってゆっくり砂糖水を舐めたり、時には目を閉じて休んだり、花の蜜を舐めに飛んだりして一日庭で過ごす。
    デスクワークで疲れた時、ボヤーと彼らを眺めていると実に目や心が休まる。

    フィーダーのコスタ ♂
    フィーダーの砂糖水を舐めるコスタハチドリ ♂

    ハチドリは蜜を吸うことが出来ないので、長い嘴を吸い口に差込み、長い舌の先にある薄い膜で蜜を捉
    えて舐める。 蜜を舌で捉える速さは一秒間に13回とまさに驚異の早業である。

    花とコスタ ♀
    サルビアの花の蜜を舐めるコスタハチドリ ♀

    ハチドリはフィーダーだけでなく庭に咲く花にもよく来る。 ホブァリングしながら空中停止し、長くて先が
    細い嘴を花の中央に差し込み、蜜を舐めたり虫を捕ったりする。

    コスタの戦い

    ハチドリは縄張りを守る習性が大変強く、フィーダーを独り占めしようと相手を追い払ったりする。
    時には嘴をぶっつけあい「カチカチ・・・」という音が聞こえてくるほどの激しい戦いをすることもある。
    ハチドリの一生は「戦い」の明け暮れらしいが、平均寿命は3年から5年で、飼育下では12年も
    長生きした記録がある。

    巣に座るアンナ ♀

    4月中旬、玄関の前の低い潅木にアンナハチドリが巣を作り雌が座っていた。
    巾5センチぐらいの小さな巣で、蜘蛛の糸を上手く利用したしっかりしたものである。

    雛に餌与えるアンナ ♀

    5月に入ると卵が無事孵化して2羽の雛が生まれ、雌親が忙しくせっせと餌を運んでいた。
    雄親は子育てをいっさい行わず、近くの高い枝で見張りをしているだけである。

    アンナの雛

    2羽の雛は目もしっかり開いて、巣に近づく私を警戒して見るようになった。
    小さい巣の中で窮屈そうに位置を変えるので、時々巣から落ちそうになることがある。

    コメント
    庭で生ハミングバードを見れるなんてうらやましいかぎりです。
    ハミングバードみたいな虫を見たので検索したらこちらにたどり着きました。興味深いお話でした。
    • jkok
    • 2013/10/20 8:04 PM
    jkok さん。コメントありがとうございます。アリゾナはまさにハミングバード天国です。中南米ほど種類はおりませんが、一年中庭の花やフィーダーにやって来て目を楽しませてくれます。これからも写真をたくさん撮っていきますので楽しみしていて下さい。
    • Fujinami
    • 2013/10/26 8:14 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • チュマカコリ国立歴史公園 南アリゾナ (その4)最終
      藤波
    • 春のワイルドフラワーと生き物たち カタリナ州立公園 2020年(上)
      imakarayarou
    • チュマカコリ国立歴史公園 南アリゾナ (その4)最終
      imakarayarou
    • チュマカコリ国立歴史公園 南アリゾナ (その1)
      藤波
    • チュマカコリ国立歴史公園 南アリゾナ (その1)
      imakarayarou
    • 雪が舞い氷雨が降る真冬、子育てに頑張るコスタハチドリ (その4)最終
      imakarayarou
    • 雪が舞い氷雨が降る真冬、子育てに頑張るコスタハチドリ (その3)
      藤波
    • 雪が舞い氷雨が降る真冬、子育てに頑張るコスタハチドリ (その3)
      imakarayarou
    • 豪華なワイルドフラワーに沸く2019年春のソノラ砂漠 (上)
      藤波
    • 謹賀新年 2020年南アリゾナ・ソノラ砂漠の元旦
      藤波

    links

             

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode