title





米国アリゾナのソノラ砂漠に住む鳥好き花好き動物好きのおじさんがおとどけするアメリカの自然情報です。

我家の庭のハミングバード(ハチドリ)たち (その2)

0
     Costas Humm.♀
    寒い冬の朝、朝日を背に受けて体を暖めるコスタハチドリ ♀ (Costa's Hummingbird)

    冬に入るとほとんどのハチドリは暖かい中南米へ渡って行くが、近年の温暖化の影響と庭にハチドリ用のフィーダーを掛ける家が多くなり、ここ数年、冬になっても渡りをせずに南アリゾナで越冬するハチドリの数が増えている。

    Costas Humm. ♂

    冬のアリゾナ砂漠の早朝の気温は時々零度近くまで下がることがある。 そんな寒い朝、コスタハチドリは太陽の光で暖められた塀の上に止まりうずくまって、腹をべったり塀につけて暖をとることがある。

    フィーダー下げる

    今年の1月末”大寒”に入って南アリゾナでは珍しく朝方零下になる日が3日間ほど続いた。そのためかなりの数のハチドリが凍死してしまい、地元の新聞やTVで大騒ぎとなった。 珍しく我家のフィーダーの砂糖水も凍ってしまい、あわてて温めた砂糖水をフィーダーに入れなおした。 そのフィーダーを持って部屋から庭へ出るや否や、ポーチのチェアーで死んだようにうずくまっていたハチドリが待ちきれんばかりにまだ手にぶら下げているフィーダーにふらふらしながら上がって来て砂糖水を舐め始めたのには驚いた。
    危機一髪で凍死を免れたハチドリの姿を見てほっとした朝であった。

    コスタ・ハチドリとプッシュリッジ山

    ハチドリは夜になると脈拍や呼吸が低くなり、新陳代謝を低くして冬眠のような状態でエネルギーの消耗を防いでいる。 冬の寒い朝は特に動きが鈍いので、それをいいことに小さいコスタハチドリ(体長7.5センチ)と嶮しい岩山を一緒にした写真を何とか撮りたいと思い、短い23ミリの広角レンズをカメラにつけて彼の体にくっつくぐらい思いっきり近づけてみた。

    コスタ・ハチドリのドアップ

    フィーダーに来るハチドリを見ていると、こんな小さな鳥でもそれぞれ個性があって面白い。 人が近づくとすぐ逃げてしまう臆病ものや、手で触れられるほどの距離に近づいても飛ばずにドーンとしている度胸のある個体もいる。 写真のコスタハチドリ(オンタというニックネーム)の雄は我家の庭に来た時から私が近づいても怖がらず、カメラのレンズが体に触っても飛んで行かない度胸の座った愛嬌のあるヤツだった。

    Broad-billed Humm. ♂

    我家のフィーダーに来るハチドリは年間8種類で、春秋の渡りの時だけ寄って行く5種類を除くと3種類が常時見られる。 その内の一種がアカハシハチドリ(Broad-billed Hummingbird) で、体長10センチと日本のメジロより小さく、金属光沢の緑色と赤い嘴のコントラストが大変美しい。

    ブッシュに止まるアカハシハチドリ

    小さな潅木の枝先に止まって日向ぼっこしているアカハシハチドリ。 体全体が明るい日に当たると、そのメタリックグリーンが大変美しいが、光が当たらないと、全身真っ黒に見えるだけである。

    フィーダーのアカハシハチドリ
    フィーダーの砂糖水を美味しそうに舐めるアカハシハチドリ

    ハチドリは早い呼吸と早い心拍そして高い体温が必要なので、一日中花の蜜やフィーダーの砂糖水を取らなくてはならない。

    Costas Humm. ♂

    コスタハチドリ(Costa's Hummingbird) も一年中庭の周りで過ごすハチドリである。 体長7.5センチと小さいが、金属光沢の青紫の頭と長く伸びたジョーゼットが豪華で大変美しい。

    コスタハチドリのホブァリング

    コスタハチドリの求愛行動は大変激しく、30メートル近く上昇して時速45キロ近いスピードでアーチ型に急降下する。 しかも美しい青紫のジョーゼットが丁度日の光に当たって輝くようなアングルで急降下し、将来の番いとなる相手にその美しいジョーゼットを見せるのを得意とする。

    Annas Humm. ♂

    頭と喉の深紅色が美しいアンナハチドリ(Anna's Hummingbird) はもともと北米の太平洋西海岸だけに生息するハチドリだったが、近年内陸の南アリゾナ砂漠でもその数が増え、今では一年中フィーダーで砂糖水を取ったり、庭木に巣を作って子育てしたりする姿を見ることが出来る。

    White Lined Sphinx Moth

    多くの人々がハチドリと見間違うスズメガの一種 White-lined Sphinx Moth . ホブァリングしながら空中静止し、花の蜜を吸う姿はまさにハチドリによく似ている。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • チュマカコリ国立歴史公園 南アリゾナ (その4)最終
      藤波
    • 春のワイルドフラワーと生き物たち カタリナ州立公園 2020年(上)
      imakarayarou
    • チュマカコリ国立歴史公園 南アリゾナ (その4)最終
      imakarayarou
    • チュマカコリ国立歴史公園 南アリゾナ (その1)
      藤波
    • チュマカコリ国立歴史公園 南アリゾナ (その1)
      imakarayarou
    • 雪が舞い氷雨が降る真冬、子育てに頑張るコスタハチドリ (その4)最終
      imakarayarou
    • 雪が舞い氷雨が降る真冬、子育てに頑張るコスタハチドリ (その3)
      藤波
    • 雪が舞い氷雨が降る真冬、子育てに頑張るコスタハチドリ (その3)
      imakarayarou
    • 豪華なワイルドフラワーに沸く2019年春のソノラ砂漠 (上)
      藤波
    • 謹賀新年 2020年南アリゾナ・ソノラ砂漠の元旦
      藤波

    links

             

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode