title





米国アリゾナのソノラ砂漠に住む鳥好き花好き動物好きのおじさんがおとどけするアメリカの自然情報です。

ハミングバードの巣作り、ヒナ誕生、巣立ち 2020年春 (その4)最終

0

    雌親からエサを貰うアンナハチドリ雛1

    雛が巣から離れて1時間半後、やっと雌親からエサを貰うことが出来た。

     

    3月初めはまだ朝晩の気温が冬の様に低くなる日もある。アンナハチドリの体温は成鳥で通常42度ぐらい、人間にとっては皮膚が焼けてしまうほどの高温である。外気温が真冬の様に下がると、他のハミングバードと同じように「仮冬眠」の状態となり、脈拍、心拍ともスローとなって体温を下げる。外気温が上がると通常の状態に直ぐ戻って動き出す。そのため零下5度ぐらいまでは耐えられる丈夫な体を持っている。

     

     

    翼を羽ばたかせるアンナハチドリ雛

    雛はエサを貰うと元気が出たのか、翼を盛んに羽ばたかせて、もう一歩遠くの枝へ飛び移ろうとする。

     

     

    雌親からエサを貰う雛2

    巣立ちして3日後の雛、まだ行動範囲が狭く、巣の周りの木を枝移りしていた。本能的に雌親がエサを持って来た時、居場所が分かり易い枝に止まっている。

     

     

    雌親に向ってコールする雛

    雛は枝移りして居場所を変えるので、雌親がエサを持って近づいて来ると、雛独特な「ジュリジュリ・・・」という声を出し、盛んにコール(地鳴き)して自分の居場所を教えている。

     

     

    メス親からエサを貰う雛3

    巣立ちして6日目の雛。巣にいる時と違って足場が悪いので苦労している。アンナハチドリの雄の雛の特徴である喉と胸の黒いボチボチが見え始める。

     

     

    アンナハチドリ雌親と雛同時飛ぶ姿

    雛(右上)は雌親(左下)の飛ぶのを見よう見まねで盛んに飛ぶ練習をしている。

     

     

    ハニーサックル花とアンナハチドリ

    スイカズラの仲間ハニーサックル ( Mexican Honey Suckle ) の花蜜を舐める雌親

     

    ハミングバードは長い嘴を花の奥深く差し込んで舌で花蜜を舐めるので、ハニーサックルの様なラッパの形をした赤い花を好む。ハミングバードは花蜜の他に空中を飛んでる小さな虫をフライングキャッチすることもあり、また、葉に付いてる虫をホバリングしながら嘴でもぎ取ることもある。ハミングバードが好む花には花蜜を求めて蜂も集まって来る。大型のスズメバチがハミングバードの嘴の上を刺すことがあって、これで餓死することもあるらしい。

     

     

    チュパロサの枝に止まるアンナハチドリ雛

    巣立ちして2週間後の雛

     

    ホバリングしながら花蜜を舐める雌親の姿をしっかり見て学び、自分でも何とか花に嘴を入れて花蜜を舐めるが、まだ嘴と舌が少し短いので舐めるのに苦労し、直ぐ疲れて枝に止まることが多い。そしてまだ雌親からエサを貰うのと、フィーダーの砂糖水に頼ることが多い。3週間ほど経つと、いつの間にか雌親の姿が雛の近くで見られなくなる。いよいよ雛の独立である。雌親から譲り受けた餌場を自分で守る戦いが始まる。

     

     

    2羽のハミングバード空中戦

    嘴をぶっつけ合うハミングバードの戦い

     

    ハミングバードが好む花がたくさん植わってる庭は、彼らにとって極上の餌場である。庭の外から色々なハミングバードが庭に入って来て、隙があればテリトリーを奪おうとするので、それを体当たりして追い払わなくてはならない。時にはグラウンドすれすれでチャンバラのように嘴をぶっつけ合いパチパチというすごい音を出して戦う姿も見られる。なかなか厳しい生涯であるが、たった10センチの小さな体でも8年ぐらい生きる個体もおり、結構長生きをする。


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 大変身近な我々の生活圏で暮らすフクロウたち (その2)
      藤波
    • 大変身近な我々の生活圏で暮らすフクロウたち (その2)
      せき
    • チュマカコリ国立歴史公園 南アリゾナ (その4)最終
      藤波
    • 春のワイルドフラワーと生き物たち カタリナ州立公園 2020年(上)
      imakarayarou
    • チュマカコリ国立歴史公園 南アリゾナ (その4)最終
      imakarayarou
    • チュマカコリ国立歴史公園 南アリゾナ (その1)
      藤波
    • チュマカコリ国立歴史公園 南アリゾナ (その1)
      imakarayarou
    • 雪が舞い氷雨が降る真冬、子育てに頑張るコスタハチドリ (その4)最終
      imakarayarou
    • 雪が舞い氷雨が降る真冬、子育てに頑張るコスタハチドリ (その3)
      藤波
    • 雪が舞い氷雨が降る真冬、子育てに頑張るコスタハチドリ (その3)
      imakarayarou

    links

             

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode