title





米国アリゾナのソノラ砂漠に住む鳥好き花好き動物好きのおじさんがおとどけするアメリカの自然情報です。

1月の「寒」入り、南アリゾナの記録的な寒さに震えるハチドリ

0
     プッシュリッジ山と雪
    庭から眺めるプッシュリッジ山も薄っすらと雪化粧の「寒」入り。

    クリスマスぐらいまで、庭にはブーゲンビリアやハイビスカスの花が咲いていたソノラ砂漠も、1月中旬「寒」に入るや南アリゾナは記録的な寒波に見舞われた。 例年この時期は日中の平均気温が20度ぐらいで暖かいが、今冬の「寒」入りからの5日間の気温は早朝、零下5度から8度、日中でもプラス4度から6度ぐらいしか上がらず、しかもミゾレや小雪が散らつく日もあって、砂漠ではまれな厳しい寒さが続いた。

    Broad-billed Humm
        からだ全体をぷっくり膨らませ、早朝の冷たい寒風に耐えるアカハシハチドリ(Broad-billed
        Hummingbird) ♂

    ハチドリ(ハミングバード)はもともと冬に中南米で過ごす渡り鳥であるが、近年、温暖化と庭にフィーダーを掛ける家が多くなり、冬でも南アリゾナに残って過ごす「無精もの」が増えてきた。
    冬は花の蜜がほとんど取れないので、彼らにとってフィーダーの砂糖水は生命を左右する貴重な飲み物である。

    私とBroad-billed Humm.
    凍らないように室温で温めたフィーダーを持って庭へ出たとたん、待ちきれんばかりにアカハシハチドリ
    が砂糖水を舐め始めた。

    零下の日が何日間も続くと、ハチドリのフィーダーを面倒見るのが大仕事となって来る。 フィーダーを庭に掛けっぱなしにしておくと、朝方には完全に砂糖水が凍ってしまう。 そのため夜にはフィーダーを家に入れ、翌朝まだ真っ暗な夜明け前に庭に出してやらなければならない。 彼らは夜になるとエネルギーの消耗を防ぐため新陳代謝を低くしている。 そのためまだ薄暗いうちの寝起きに体を暖めるため蜜を必要とする。

    私とCosts Humm 2羽
    コスタハチドリ(Costa's Hummingbird) ♂ ♀ 手に持ったままのフィーダーに次から次へとハチドリ
    たちがやって来る。

    砂漠の気温は東の空が白んでくる頃の1時間が最も低く、せっかく早朝に室温で温めて出した砂糖水もシャーペト状になり凍り始める。 そのため再びフィーダーを少し温めなおして、太陽が山の端から顔を出し始めると又それを出してやらねばならず、凍りつくような早朝の作業(4つのフィーダー)は寒さで身体が冷え込み大変疲れる。

    私とCostas Humm.♀
    コスタハチドリ(♀)はフィーダーを持っている私をまったく気にせずに、無我夢中で砂糖水を舐める。 そして体が暖まって少し落ち着くと、やおら私の顔をじっと見上げる。 どうやら身の安全を確認しているようであるが・・・・・?。 たった9センチの小さな体で、この寒さのなか頑張って生きている姿をこうして見ていると、厳しい自然のなかで生きる彼らの生命力に頭が下がり、フィーダーを出す者としての責任の重さをつくづく感じる。

    私とVerdin
    突然ハチドリを押しのけるようにアメリカツリスガラ(Verdin)が現れ、砂糖水を舐め始めたのには驚いた。 警戒心の強いこの鳥がこれだけ人間に近づく姿を初めて見る。 冬の寒い朝、とにかく早く砂糖水を舐めて体を暖めたいのはハチドリだけではないようだ。

    フィーダーの3羽のHumm.
    ハチドリは縄張りを守る習性が強いので、時々空中で絡み合って下へ落ちて来るぐらいの激しい戦いをすることがある。 一つのフィーダーにこうしてコスタハチドリとアンナハチドリ3羽が並んで仲良く砂糖水を舐める姿は冬の寒い朝ならではの大変珍しい光景である。

    クーラーの上に止まるCosta Humm.
    フィーダーは嘴を入れて砂糖水を舐める穴が3つしかなく、先着3羽のハチドリで「満員御礼」の状況。
    そのため、仕方なくすぐ横のクーラー機の上に止まって、じっとフィーダーが空くのを待っているコスタハチドリ。 こんな姿を間近かに見ていると、彼らの間での”力”関係、それからくる序列があるのかなー・・・と
    思ったりするのだが・・・・・。

    コメント
    秋も深まったバンクーバーで 我が家にやってくるハミングバードの観察を 日々楽しみにしている者です。
    藤波さんのページで ハミングバードについて たくさんの事を知りました。とてもきれいな写真でよく観察しておられますね〜。感心させられました。
    • Rie
    • 2014/10/29 6:40 AM
    Rie さま。コメントありがとうございました。アリゾナはハチドリの数が大変多く、我が家の庭の花や水場に来て一日中蜜を舐めたり水浴びをしたりしております。これからもたくさん写真を載せてゆきますので、引き続きご覧になって下さい。今後ともよろしく。
    • 藤波
    • 2014/11/02 2:14 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • チュマカコリ国立歴史公園 南アリゾナ (その4)最終
      藤波
    • 春のワイルドフラワーと生き物たち カタリナ州立公園 2020年(上)
      imakarayarou
    • チュマカコリ国立歴史公園 南アリゾナ (その4)最終
      imakarayarou
    • チュマカコリ国立歴史公園 南アリゾナ (その1)
      藤波
    • チュマカコリ国立歴史公園 南アリゾナ (その1)
      imakarayarou
    • 雪が舞い氷雨が降る真冬、子育てに頑張るコスタハチドリ (その4)最終
      imakarayarou
    • 雪が舞い氷雨が降る真冬、子育てに頑張るコスタハチドリ (その3)
      藤波
    • 雪が舞い氷雨が降る真冬、子育てに頑張るコスタハチドリ (その3)
      imakarayarou
    • 豪華なワイルドフラワーに沸く2019年春のソノラ砂漠 (上)
      藤波
    • 謹賀新年 2020年南アリゾナ・ソノラ砂漠の元旦
      藤波

    links

             

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode