title





米国アリゾナのソノラ砂漠に住む鳥好き花好き動物好きのおじさんがおとどけするアメリカの自然情報です。

オハイオ州エリー湖マギーマーシュ保護区(2011年5月 その5)

0
     保護区は柵付きの長いボードウオークが完備されていて、人と鳥が区分けされており、Songbird(春の渡り鳥)が安心して高い枝から低い目の高さまで下りて来てエサ取りをするので大変見やすく写真も撮りやすいのでここは近年春の重要探鳥スポットの一つとして人気が高い。
    Blackpoll Warbler
    ズグロアメリカムシクイ(Blackpoll Warbler)
    アメリカムシクイの中で最も距離の長い渡りをする。特に秋は北カナダの営巣地から大西洋に出ていっきに南米アルゼンチンまで8,000キロ以上の旅をする。最高は3日間飲まず食わず、ノンストップで3,500キロ近くも飛び続けるようである。たった14センチの小さな体でのこの長距離の渡りはまさに驚異である。
    Northern Parula
    アサギアメリカムシクイ(Northern Parula)
    このムシクイも高い木の天辺でエサ取りをすることが多く、なかなか写真を撮るチャンスに恵まれないので何回もチャレンジする楽しみがある。
    Black-throated Green Warbler
    ノドグロミドリアメリカムシクイ(Black-throated Green Warbler)
    長い渡りの旅で疲れきっているのだろうか?木の枝に上がることが出来ず、グラウンドでエサ取りしている珍しい姿を見る。

    コメント
    マギーマーシュはすごいところなんですね。
    また、鳥たちの写真もすばらしいと思います。
    毎回楽しみにしています。
    • 藤波さんの弟子
    • 2012/01/14 9:32 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 庭で生まれ育ったオオカバマダラ蝶 (その3)
      藤波
    • 庭で生まれ育ったオオカバマダラ蝶 (その3)
      Sakura
    • ソノラ砂漠のオアシス、スイートウオーター水再生処理場 2018年春(その1)
      藤波
    • ソノラ砂漠のオアシス、スイートウオーター水再生処理場 2018年春(その1)
      tokumitsu yayoi
    • 意外と身近に居る猛毒なガラガラヘビ 2018年夏
      藤波
    • 意外と身近に居る猛毒なガラガラヘビ 2018年夏
      yayoi
    • ソノラ砂漠のオアシス、スイートウオーター水再生処理場 2018年春(その1)
      Yayoi Tokumitsu
    • ソノラ砂漠の秋の話題 ガラガラヘビ住宅街に現れる 2016年
      YUko
    • ソノラ砂漠の秋の話題 ガラガラヘビ住宅街に現れる 2016年
      藤波
    • ソノラ砂漠の秋の話題 ガラガラヘビ住宅街に現れる 2016年
      Yuko

    links

             

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode