title





米国アリゾナのソノラ砂漠に住む鳥好き花好き動物好きのおじさんがおとどけするアメリカの自然情報です。

プッシュリッジ山トレールの自然 (冬シリーズ 5)

0
    風景プッシュリッジ山トレール
    標高950メートルまで登ると360度の視界が開け、間近に2800メートルのレモン山を見ることが出来る。トレールはここから下りとなってカタリナ州立公園へ入っていくので、いつもこの見晴らしの良い所で弁当を食べ、ゆっくり休んでから引き返すことにしている。南アリゾナは冬でもぬけるような青空の日が多く、しかも日中は20度近い暖かさなので、ほぼ毎日がバーディング日和なのがありがたい。
     
    Golden Eagle
    南アリゾナは冬でも陽射しは強く、直接当たっていると身体がすぐ温まってくる。ぬけるような青空の下で、雪解けの水が岩伝いに流れ下りてくる水音を聞きながら飲む暖かいコーヒーの味はまた格別である。1月・2月はイヌワシ (Golden Eagle / Aquila chrysaetos ) がオス・メスでちょくちょく現れるので、時々上空を見渡すことを忘れない。
     
    Black-tailed Gnatcatcher
    ソノラ砂漠で一年中暮らす オグロブユムシクイ (Black-tailed Gnatcatcher / Polioptila melanura ) 。体長10センチと小さく、活発に動き回り枝移りしながらエサ取りするので、カメラのファインダーの中に入れるのにいつもひと苦労する。しかし、寒い朝はぶっくり体を膨らませてじっと動かない。ちょくちょく零下まで下がる冬の砂漠の夜が続くこの季節は、彼らにとってヤハリ辛いだろうな・・・と思う。
     
    Carve-billed Thrasher
    体をまん丸に膨らませて寒さを凌ぐ マルハシツグミモドキ (Curve-billed Thrasher) 。日本のヒヨドリと同じぐらいの大きさで、ソノラ砂漠では一年中ごく普通に見られ、我家の庭にもやって来る身近な鳥でもある。
     
    Black-tailed Gnatcatcher singing
    Saguaro サボテンで高らかに囀るマルハシツグミモドキ (Toxostoma curvirostre) 。この鳥は砂漠でも一番早く鳴き始める。1月に入ると、寒い早朝でも日が照り始めるとよーくとおる声で「キルキルキル・・・ピーピーピー・・・ジュクジュクジュク・・・・」と色々な小鳥の歌を真似て長々と歌う。その歌声は静かな冬の砂漠に響き渡る。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • チュマカコリ国立歴史公園 南アリゾナ (その4)最終
      藤波
    • 春のワイルドフラワーと生き物たち カタリナ州立公園 2020年(上)
      imakarayarou
    • チュマカコリ国立歴史公園 南アリゾナ (その4)最終
      imakarayarou
    • チュマカコリ国立歴史公園 南アリゾナ (その1)
      藤波
    • チュマカコリ国立歴史公園 南アリゾナ (その1)
      imakarayarou
    • 雪が舞い氷雨が降る真冬、子育てに頑張るコスタハチドリ (その4)最終
      imakarayarou
    • 雪が舞い氷雨が降る真冬、子育てに頑張るコスタハチドリ (その3)
      藤波
    • 雪が舞い氷雨が降る真冬、子育てに頑張るコスタハチドリ (その3)
      imakarayarou
    • 豪華なワイルドフラワーに沸く2019年春のソノラ砂漠 (上)
      藤波
    • 謹賀新年 2020年南アリゾナ・ソノラ砂漠の元旦
      藤波

    links

             

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode