title





米国アリゾナのソノラ砂漠に住む鳥好き花好き動物好きのおじさんがおとどけするアメリカの自然情報です。

天井裏に入り込んだ可愛い生きもの

0
     Ringtail 1
    カコミスル (Ringtail)

    ソノラ砂漠の我家のまわりには色々な夜行性の動物が住んでおり、夜ともなると庭や玄関の前を徘徊する。   先週、友人としこたま飲んで夜中過ぎに帰宅、ベッドに入り眠りについたとたん「ギャーギャーギャー」というものすごい動物の叫び声に飛び起きる。 スポットライトとカメラを持って声がする玄関の扉を恐々と開けると、2匹のコヨーテ(オオカミの一種Coyote)に追い詰められ、屋根の梁にしがみついて鳴き叫ぶカコミスル(Ringtail ) を見つける。


    Ringtail 2
    カコミスル (Bassariscus astutus )

    愛称を「リングテイル・キャット(Ringtail Cat )」と呼ばれるが、ネコではなくアライグマ(Raccoon) の仲間である。 体長は40センチとネコより少し小さいぐらいであるが、何しろ体より長い鮮やかな白黒の縞模様のブラシのような尾、そして黒くて大きい瞳が実に愛らしい。足の関節が柔軟で180度以上回転させることが出来るので、   垂直の家の壁も素早く簡単に登れる能力を持っている。

    Cactus Mouse
    カコミスルが大好きな砂漠のネズミ Cactus Mouse (Peromyscus eremics)

    リングテイルのネズミを捕る腕前はネコよりも優れており、しかも人に馴れやすいので昔は鉱山でのネズミ駆除のため飼育され、"Miner's Cat "(鉱夫ネコ)という俗称で呼ばれていた。

    Ringtail captured 2
    大型動物用捕獲罠に収まったリングテイル

    南アリゾナの砂漠で生活をしていく上で、常に夜行性の動物や毒蛇、毒グモ、サソリなどに注意を払わなくてはならない。そのため Pest Controller (害獣、害虫を駆除する専門業者)と契約を結び、定期的に庭や天井裏、ガレージなどを見てもらい、家のまわりに殺虫剤を散布してもらう。 夜中のリングテイル騒動の後、数日してどうも屋根裏でゴソゴソ動物の歩く音がするので急きょペストコントローラーに来てもらい大きな罠を天井に仕掛けたところ、何と前の週にご対面したリングテイルが御用となった。

    Ringtail captured

    リングテイルは1986年にアリゾナの「州獣」に指定され殺すことは法律で禁止されているので、このリングテイルは二度と住宅街に現れないよう何十キロも離れた山に離されることになった。

    Cap - Ringtail

    グランドキャニオン国立公園の土産用帽子の刺繍にも使われているほどリングテイルは人気者である。しかし、夜行性のため実際にこの動物を見てる人は非常にすくないので、写真を見せ、話をすると皆びっくりする。





    2013年の干支「ヘビ」にちなんだアリゾナの「毒蛇」の話

    0
       Diamond-back Rattlesnake 1
      我家の庭に現れたヒシモンガラガラヘビ(Western Diamond-back Rattlesnake)茶色種

      2013年(平成25年)は「巳年」である。 ヘビは生命と英知の象徴とされ、大昔から尊敬されている
      「生きもの」と同時にその姿から大変嫌われている「生きもの」でもある。
      アリゾナと言えばすぐ思い浮かぶのが「砂漠」と「サボテン」そして「ガラガラヘビ」であろう。
      その「ガラガラヘビ」は夜行性のため、日中フィールドではめったに見られないが・・・・・・?

      Diamond-back Rattlesnake 2
      私を警戒しながら塀に沿って移動するヒシモンガラガラヘビ。尾の白黒の帯状の模様が特徴

      ヒシモンガラガラヘビは2メートル近い大きさであるが非常に毒が強く、咬まれると血管や神経組織の
      細胞が壊されるので、人間にとっては致命的となるほど怖い「生きもの」である。
      しかし、通常は人間に対して攻撃をしてくることはなく、気が付かず踏んでしまうとか、棒でたたくなどの
      行為をしない限り、おとなしく人間を避けて逃げて行く。

      Diamond-back Rattlesnake 3
      庭のイリゲーション(タイマーで定時的に庭木に水をさす装置)の水を飲みに現れたヒシモンガラガラヘビ(灰色種)

      ガラガラヘビは4月から6月にかけて特に行動が活発になるので、この時期、庭の手入れをする場合は
      細心の注意を払う必要がある。 昨年の5月に庭の手入れをしていて足元にガラガラヘビが居るのに気づかず、うかつにも50センチほど近づいてしまった。その時ヘビが独特な「シュルシュルシュル・・・」という警戒音を出してくれたので、すぐ気がつき止まることが出来て危機一髪で助かった。 もう10センチヘビに近かったら、間違いなく咬まれたであろうと思うと、さすが冷や汗がどっと出た。
      色々な「生きもの」が豊富にいるアリゾナ砂漠で彼らと共存しながら生活することは、日本ではとても考えられない緊張感がある。

      スカンク! クリスマスのトレール歩きでばったり出会う(南アリゾナ)

      0
         プッシュリッジ山トレール
        プッシュリッジ山トレール

        ホリデーシーズンに入って町は賑わっても、山の麓の住宅街はほとんど人や車の動きがなく、シーンと
        した静けさのクリスマスの朝である。 抜けるような青空に誘われて家の裏のプッシュリッジ山トレールをぶらりと歩いてみた。 早朝は5度と寒くても、日中は22度という気温は冬しかも師走とは思えない快適なハイキングである。

        スカンク歩く姿
        トレールをのんびり歩くスカンク (Hooded Skunk )

        いつものように鳥や獣の動きを探しながら歩いていると、突然トレールをこちらに向かってやって来る生きものに気づき立ち止まる。 相手も立ち止まってこちらを見上げ驚く様子もなく、くるりとUターンしてもと来た道をスタコラ歩き始めた。 ご対面した生きものは、何と白黒のまさにスカンクであった。

        スカンク歩く全身像

        夜行性のスカンクが朝日の輝く明るい所で餌取りしている光景は何とも不思議である。 塒への朝帰りの途中かも?・・・ 彼らの主たる食べ物は草や木で、特にウチワサボテン(Prickly Pear) の実が大好物である。 体長は40センチぐらいでスカンクの中では大きいが、尾が35センチと長い。

        スカンクの顔
        眠そうな目でじっと私を見つめる Hooded Skunk

        北アメリカには4種類のスカンクが生息している。 その内でもこのスカンクは「砂漠の動物」と呼ばれ、
        メキシコ種でわずかな数が国境を越えて南アリゾナに入って来ている。 生態について動物学上あまり詳しく判っていない。

        スカンク後ろ向き
        お尻を向けて悪臭の液体を吹っかけようとする Hooded Skunk

        スカンクは近づきすぎると、自己防衛のため揮発性の成分を含んだ液体をお尻のリンパ腺から吹きかける。 時には6メートルから7メートルも届くらしく、しかもこの液体が身体や服に付くと、石鹸や洗剤では何回洗っても取れないらしい。 時々車に轢かれているスカンクの臭いを嗅がされることがあるが、その臭いは独特で耐えられないぐらいの悪臭である。

        スカンク寝ている
        日の光で温まったグラウンドに腹をつけて暖をとる Hooded Skunk

        首周りから頭にかけて襟巻き状に毛が広がっておりフードを被っているようなので英名「フーディッド・スカンク」と呼ばれる。 ほかのスカンクと比べ性格は大変おとなしく、人に会っても少々小突かれても、静かに密集した低い潅木の下にすぐ隠れてしまう。


        モンスター庭に現れる(アリゾナ)

        0
           Gila Monster 2
          ソノラ砂漠にある我家の庭には色々な鳥、動物、ヘビ、トカゲ、カエルなどの「生きもの」が餌とりや水飲みにやって来る。砂漠の夏は日中の気温が40度近い日が多いので、ほとんどの「生きもの」は夜行性であるが、真夏のモンスーン季は彼らは活動期なので日中でも盛んに動き回る。
          7月中頃めったに見られない珍しいアメリカドクトカゲ(Gila Monster) が庭に現れ大騒ぎになった。

          Gila Monster 1
          アリゾナ砂漠ならではのトカゲで”ヒラ・モンスター”と呼ばれる。全長60センチもあり、世界でも他に類を見ないアメリカでゆいつ毒を持った大トカゲである。特異性ゆえにアリゾナの砂漠地帯の生息地では見つけられるたびに片っ端から殺されてきたのでその数は激減。今ではなかなか見ることが難しい。
          1952年に州法が成立して殺すことはもちろん商品売買や生け捕りすることも禁止されている。

          Gila Monster 3
          小学生の頃に見たディズニー映画「砂漠は生きてる」の中にも登場しており、強烈な印象を受けた「生きもの」だったことを憶えている。彼らの一生の95%は地中生活、その為めったに地上に出て来ないので砂漠のトレールを歩いていてもまったく見ることはないし、アリゾナに生まれ住んでいる人でもほとんど見たことがないぐらい珍しい「生きもの」である。塀の上をのそのそ歩いているのを最初に見た時は信じられないほどびっくりした。

          Gila Monster 4
          ずんぐりした体型、黒ずんだピンク色の体は砂漠の中にいると保護色となって木切れや石ころにしか見えない。毒を持っているが性格は大変おとなしく向こうから攻撃はしてこない。しかし彼との距離が近すぎると”シュー”という音を出して口を大きく開け威嚇しながらワニのように早足で近づいて来る。
          咬まれるとスッポンのように離れず指を噛み切られることもあり、毒が強いので非常に痛いらしい。
          ばかに出来ない恐ろしい生きものであるが、彼らとの距離の保ち方をしっかり学べば怖がることはまったくない。こんな珍しい爬虫類が庭に来たことは本当の”生の自然”がまだまだ家の周りに残っているのをじかに感じられ実にうれしくなった。

          アリゾナ・ツーソン近郊のハイキングでついに熊に遭遇

          0
             Madera Canyon
            山の後ろから朝日が照り始めると、黒いマデラ渓谷が緑一色に変化していく。
            アリゾナ・ソノラ砂漠の町ツーソンの近郊には砂漠の海に浮かぶ島のような緑濃い山並みがいくつか
            ある。2700万年前の火山爆発で出来たもので、高いのは標高3,000メートル近いのもある。
            その山の森林には砂漠では考えられないマウンテンライオンやアメリカクロクマなどの大型動物が生息
            している。

            American Black Bear 1
            その山の一つにコロナド国立森林のサンタリタ連山がある。その幾つかの渓谷の一つでバーダーやハイカーにとっては有名なマデラキャニオンは私のフィールドの一つで、特に6月・7月にウツクシキヌバネドリ
            (Elegant Trogon) を撮影するためにちょくちょく歩く森である。
            先日この渓谷でハイキングをしている時、アリゾナに来て初めてアメリカクロクマ(Black Bear) に遭遇した。ニューヨークでは時々出会うことがあったが、まさかアリゾナでお目にかかるとは思ってもいなかった。

            American Black Bear 3
            アメリカクロクマは全米各地に生息していて、ハイカーやキャンパーにとってはごく身近な動物で、性格はおとなしく好奇心が旺盛なので人間とのトラブルがけっこう多い。
            嗅覚が大変発達していて、山小屋や森に近い住宅などでは部屋に食べ物を置いておくと窓や戸を壊して家の中へ入り暴れまくる話を時々耳にする。
            アリゾナでも森のトレール入口の立て看板には必ず「ここは熊が暮らしている森なのでピクニックテーブルでランチを食べる時は食べ物が入ったバックなどから目を離さないように!キャンプをした後のゴミの始末には充分気をつけるように!」と大きな字で書かれてある。

            American Black Bear 2
            今回遭遇した若熊は体長1.5メートルで体重200キロぐらいの大きさであった。出会った時、私と熊との距離がわずか15メートルほどで大変近かったため少々機嫌が悪く口を開けてこちらを睨みつけ少し威嚇しているような顔だった。これ以上こちらへ歩き出したらどうしよう・・・・とドキドキしながら恐々震える手でシャッターを押し続け静かに後ずさりした。

            American Black Bear 4
            性格のおとなしいクロクマとはいえ、時には攻撃的になり物を壊す話も聞いている。心臓が止まる思いでじっと動かず(動いているのはシャッターを押す指だけ)睨みあった1〜2分間の長かったこと・・・・。
            やがて静かに後ろを向いて大きなお尻を振りながら森へ帰って行った。
            アメリカ人が大好きな"Teddy Bear" は可愛いが、野生の"Bear" は威圧感があり森の「ぬし」といった威厳を感じ、やはり恐ろしくて冷や汗をかいた。




            calendar

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            31      
            << March 2019 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • ソノラ砂漠のオアシス、スイートウオーター水再生処理場 2018年春(その1)
              藤波
            • ソノラ砂漠のオアシス、スイートウオーター水再生処理場 2018年春(その1)
              tokumitsu yayoi
            • 意外と身近に居る猛毒なガラガラヘビ 2018年夏
              藤波
            • 意外と身近に居る猛毒なガラガラヘビ 2018年夏
              yayoi
            • ソノラ砂漠のオアシス、スイートウオーター水再生処理場 2018年春(その1)
              Yayoi Tokumitsu
            • ソノラ砂漠の秋の話題 ガラガラヘビ住宅街に現れる 2016年
              YUko
            • ソノラ砂漠の秋の話題 ガラガラヘビ住宅街に現れる 2016年
              藤波
            • ソノラ砂漠の秋の話題 ガラガラヘビ住宅街に現れる 2016年
              Yuko
            • アリゾナ・ソノラ砂漠のオアシスで見る冬鳥たち(2012年3月 その3)
              Fujinami
            • アリゾナ・ソノラ砂漠のオアシスで見る冬鳥たち(2012年3月 その3)
              Kumiko

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode