title





米国アリゾナのソノラ砂漠に住む鳥好き花好き動物好きのおじさんがおとどけするアメリカの自然情報です。

鳥たちのさえずりに包まれるソノラ砂漠の初夏シリーズ(3)

0
     Ocotillo & Puschridge Mt.
    新緑のOcotillo(オカティーヨ)とプッシュリッジ山

    初夏に入ると陽射しは日増しに強くなり、殺風景だったソノラ砂漠も緑の葉や色とりどりの花が咲き始め、明るく華やかになってくる。

    Ocotillo & Saguaro
    Saguaro(サワーロ)サボテン林に咲く赤い”オカティーヨ”の花はソノラ砂漠の初夏の象徴である。 ソノラ砂漠からメキシコにかけて多い”オカティーヨ”は棘が多いがサボテンではなく、多脂性の低木でハナシノブの仲間である。

    Ocotillo Flower
    初夏のぬけるような青空に映える”オカティーヨ”の赤い花”オカティーヨ”の花蜜は春の渡りをするハチドリ(Hummingbird)の重要な栄養源となる。

    Parry Penstemon Flower
    オオバコの仲間 Parry penstemon

    こんなさりげない野花でも季節の変化を見事に教えてくれる。初夏の砂漠のトレールは歩く足元の草花が花を咲かせ、小さな虫たちが飛びまわり始め、ソングバード(Songbird) が新緑の梢でさえずり始める。

    Black taled Gnatcatcher 1
    オグロブユムシクイ (Black-tailed Gnatcatcher ) ♂

    初夏に入ると、色々な鳥たちが巣材集めや巣作りを始める。オグロブユムシクイはメキシコと国境を接する南の砂漠地帯に生息する留鳥で、3月には早くも雄・雌で仲良く巣材を運ぶ姿が見られる。

    Black tailed Gnatcatcher 2
    オグロブユムシクイ (Polioptila melanura) ♂

    オグロブユムシクイは雄・雌で巣作りをし雛を育てる仲の良い鳥である。雌が巣材の鳥の羽を持ってきて巣底に敷き、雄が色々と体の角度を変えながら座り心地をチェックしている。

    Black tailed Gnatcatcher 3
    青空に向かってさえずるオグロブユムシクイ。こんな小さな仕草でも初夏を感じる。

    オグロブユムシクイは体長10センチとメジロより小さい。さえずりは単調で、忙しくただ”ジェージェージェー”をくり返すだけである。

    Black tailed Gnatcatcher 4
    オグロブユムシクイの雌は雄のさえずりを横でじっと聞きほれているようである。

    Curve billed Thrasher
    マルハシツグミモドキ (Curve-billed Thrasher / Toxostoma Curvirostre)

    早くも3月に生まれたマルハシツグミモドキの雛はすっかり親と同じ大きさになり巣の周りを歩き始めた。それにしても、チョーヤサボテンの大きな棘に囲まれた巣は外敵から雛を守るには最適であるようだ。

    鳥たちのさえずりに包まれるソノラ砂漠の初夏シリーズ(2)

    0
       Pyrrhuloxia 1
      ムネアカコウカンチョウ (Pyrrhuloxia ) ♂

      ラテン語そのままの英名は「ピルロキシア」と呼ぶ。 巨大な Saguaro(サワーロ)サボテンの天辺で高らかにさえずるムネアカコウカンチョウはオオムのような嘴で、大変愛嬌のある顔をしている。

      Pyrrhuloxia 2
      ムネアカコウカンチョウ (Cardinalis sinuatus )

      赤い花が咲き始めた「Ocotillo](オカティーヨ)の枝先でさえずるムネアカコウカンチョウのクリアーな鋭い口笛のような鳴き声は砂漠によく響く。 初夏!自然の中での鳥のさえずりは大変気持ちをいやしてくれる。

      Pyrrhuloxia ♀
      ムネアカコウカンチョウ ♀

      メスは地味な色で目立たない。オカティーヨの花蜜を食する姿も初夏ならではの光景である。

      Rufous-winged Sparrow
      フタスジスズメモドキ (Rufous-winged Sparrow - Aimophila carpalis )

      南アリゾナの一部と北メキシコの一部でしか生息してない固有種で、バーダーたちがぜひ見たいと思う人気種である。 初夏のソノラ砂漠ではあちらこちらでさえずりが聞け、営巣する姿も見られる。

      Black-throated Sparrow
      ノドグロヒメドリ ( Black-throated Sparrow - Amphispiza bilineata )

      白黒のパターンが美しいので広い砂漠の中でもよく目立つ。トリルをともなったハイピッチの澄んだ鳴き声はまさに初夏のサウンドである。

      Greater Roadrunner
      オオミチバシリ (Greater Roadrunner - Geococcyx californianus )

      愛称「ロードランナー」はほとんどグラウンドを歩いたり走ったりする姿しか見かけないが、初夏になると、潅木の高い枝に登り、低くさえない声で「クークークー・・・・」と鳴く。 この声を聞くと、ロードランナーはカッコウの仲間であることがよーく判る。

      Gambels Quail 1
      高い木の天辺でさえずる ズアカカンムリウズラ (Gambel's Quail )

      この鳥もめったに飛ばず、グラウンドを歩き回る姿しか見れないが、やはり初夏になると、高い木の枝や岩に登ってよく響くのんびりした声で「ポアー」と鳴く。

      Gambels Quail 2
      ズアカカンムリウズラ (Callipepla gambelii )

      我家の庭の欄干のウチワサボテンに向かって「ポアー」とさえずる姿も初夏ならでは・・・である。 この時期のズアカカンムリウズラの雄の行動は実に面白い。 テリトリーを守るため高いソングスポットで「テリトリー宣言」のさえずりをし、また、連れ合いの雌にいつもぴったりくっついて歩き、雌が餌取りをしている間は高い所に上がって連れ合いを守るようにじっと見張りをしている微笑ましい姿も見られる。

      鳥たちのさえずりに包まれるソノラ砂漠の初夏 シリーズ(1)

      0
         Lucys Warbler 1
        初夏の砂漠の歌い手 ルーシーアメリカムシクイ(Lucy's Warbler)

        ソノラ砂漠の春は大変短く、4月に入るとすぐ初夏の気候となり、朝晩は10度以下の涼しさでも日中は25度以上となる。 そして、中南米で冬を過ごしたルーシーアメリカムシクイがどの鳥よりも早く、一番最初に歌を聞かせてくれる。

        Lucys Warbler 2
        赤い頭の毛を立ててさえずる ルーシーアメリカムシクイ(Vernivora luciae)

        高くて細い「シェリ、シェリ、シェリ・・・・」というさえずりは、まだ他の鳥が鳴いていない静かな砂漠によーく響く。

        Lucys Warbler 3
        枝から枝へ激しく動き回りながら囀るルーシーアメリカムシクイ

        これと言った特徴のないアメリカムシクイで、主にアリゾナで見られる。 体長11センチとメジロと同じ大きさの北米で一番小さなムシクイで、しかも落ち着きなく枝から枝へ飛び移りながらさえずるので写真を撮るのが難しい。

        Bells Vireo 1
        早くも3月下旬にはメキシコから渡って来る ベルモズモドキ(Bell's Vireo)

        ベルモズモドキは大変小さく、全体にくすんだ灰色なので目立たない。しかも、囀りがさえなくて単調で耳障りな歌である。 「ジュル、ジュル、ジュル・・・・」と終わりなく鳴き続けるので、時には暑苦しい感じがする。

        Bells Vireo 2
        地味な色をした ベルモズモドキ(Vireo bellii)

        大きな潅木の枝先に出て来ることはめったになく、幹近くの枝で葉に隠れるように動きまわりながら囀るので、じっくり見ることが難しい鳥である。

        Phainopepla ♂
        レンジャクモドキ(Phainopepla) ♂ 

        学名ラテン語からとった英名は「ファイノペプラ」と呼ぶ。潅木の高い枝先で鳴くレンジャクモドキは独特なシルエットなので遠くからでも見つけやすい。 口笛のような「ホイ・・・」という鳴き声は砂漠の初夏ののんびりした雰囲気にぴったりである。

        Phainopepla ♀
        レンジャクモドキ(phainopepla nitens) ♀

        オス・メスで鳴き合いながら乱舞して飛ぶ姿はなかなか美しい。 ソノラ砂漠で最初の子育てをした後、真夏の暑いモンスーン季に入ると、涼しい渓谷深くへ移動して2回目の営巣をする。

        Hooded Oriole
        ムナグロムクドリモドキ(Hooded Oriole / Icterus cucullatus)

        明るいオレンジ色と黒のパターンが派手で、遠くにいてもよく目立つ。 この鳥が中南米から戻って来ると、      殺風景だった砂漠も一段と華やかになって、まさに初夏を感じる。

        ソノラ砂漠に大雪が降る

        0
           吹雪のSaguaro
          吹雪の中のサワーロ(Saguaro)サボテンは幻想的で何とも言えないモノトーンの不思議な美しさである。

          立春が過ぎ、暦の上では春。しかし、南アリゾナでは珍しく雪が降り積もった。
          アリゾナはグランドキャニオンがある北は冬に雪が降るが、南の砂漠では積もるほどの雪が降る光景はほとんど見られない。

          吹雪のPyrrhuloxia
          ソノラ砂漠を象徴するムネアカコウカンチョウ(Pyrrhuloxia)や砂漠の鳥たちは予期せぬ吹雪のなかで戸惑っているのか・・・動かず静かにじっとしている。

          吹雪のWhite-crowned Sparrow
          しんしんと雪が降り続き、渡り直前のミヤマシトド(White-crowned Sparrow)も寒そうである。

          雪とBarrel Cactus
          タマサボテンの一種 Barrel Cactus もすっぽり雪を被って、とても砂漠とは思えない。

          Pusch Ridge Mt. Trail
          我家の裏のプッシュリッジ山トレールも見る見るうちに銀世界となった。

          Black-chinned Sparrow
          雪を被った枝先で寒そうにボーとしているアゴグロヒメドリ(Black-chinned Sparrow)

          Black-throated Sparrow
          雪が積もったグラウンドで餌取りするノドグロヒメドリ(Black  throated Sparrow)の珍しい姿。

          Lincolns Sparrow
          北への渡りを始めたヒメウタスズメ(Lincoln's Sparrow)も思わぬ雪にびっくりしているようである。

          Cactus Wren
          降り積もった雪は翌日の昼にはすっかり消えてしまった。 サワーロサボテンの天辺に残った雪の上で高らかに囀るサボテンミソサザイ(Cactus Wren) 。 まもなくやって来る春を告げているようである。

          謹賀新年 クリスマス、正月を彩る赤い鳥

          0
             Northern Cardinal rizona
            フィーダーのピーナツを取りに庭の欄干に来るショウジョウコウカンチョ(Northern Cardinal ♂
               Southwest 種)

            明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。
            私のブログをご覧になってのご感想やコメントなどがございましたらご気軽に送ってください。
            南アリゾナでは正月といっても休日は1月1日(元旦)だけ、しかも青空で太陽がいっぱいの毎日ですから正月の雰囲気はまったく感じません。 そこで今回はアメリカ人が「ホリデーシーズンの鳥」と呼び人気のある赤い鳥カーディナルの写真を載せ、正月らしい雰囲気を出してみました。

            Northern Cardinal NY 1
            ニューヨーク郊外の美しい緑の針葉樹とショウジョウコウカンチョウ(Eastern 種)

            カーディナルは全米の多くの州でごく普通に見られるポピュラーな鳥で、子供の絵本にもよく出ているので小さい子供でも知っているごく身近な鳥です。 特にホリデーシーズン(クリスマスから正月の期間)になると、カーディナルが描かれたカードやマグ、オーナメント、ナプキン、テーブルマット、皿などなどありとあらゆるクリスマス商品が店頭に並びます。

            Northern Cardinal NY 2
            冷たい雪にすっぽり包まれたニューヨーク郊外のショウジョウコウカンチョウ

            東海岸のニューヨークやボストンの郊外のクリスマスと正月は雪に埋もれて大変寒い。
            白い雪を被った緑の常緑樹と真っ赤なカーディナルのコントラストは実に美しく、まさにクリスマス色で人々がカーディナルを「ホリデーシーズンの鳥」と呼ぶのがよく判ります。


            ロードランナーと遊ぶ冬(12月)のマイ・フィールド(南アリゾナ)

            0
              Roadrunner(1)
              ぬけるような青空、大きなハシラサボテン(Saguaro) と枯れ草、そしてトレールの岩場に立つオオミチバシリ(Greater Roadrunner) まさに南アリゾナの冬の風景である。

              Roadrunner(2)
              トレールでの突然のご対面に少々警戒するオオミチバシリ

              爽やかな天気の12月初め、ちょくちょく歩く家の裏のトレール(プッシュ・リッジ・マウンテン)を友人と鳥談義をしながら歩いていると、突然目の前にロードランナーが現れた。

              Roadrunner(3)
              盛んにコール(地鳴き)するオオミチバシリ

              ロードランナーは危険が近づくと素早く低潅木や岩陰に上手く隠れてしまうので、フィールドでゆっくり見るのはなかなか難しい。

              Roadrunner(4)
              枯れ草の中を動くバッタをじっと見つめるオオミチバシリ

              冬になると彼らの好物のトカゲやヘビが冬眠に入ってしまうので、彼らの主食は小さい昆虫や草木の実となる。

              Roadrunner(5)
              素早く嘴を突き出して、見事にバッタを捕えたオオミチバシリ

              Roadrunner(6)

              ロードランナーは大変頭の良い鳥である。 動かずにじっと岩に座っている私を危険ものではないと分かると、ほとんど私を気にしなくなる。 そしてついには大胆にも目の前の岩に上がってポーズをとる大サービスをしてくれた。

              Roadrunner(7)

              カメラのシャッター音がどうも気になるらしく、時々振り向いては厳しい顔で私を睨みつける。

              Roadrunner(8)

              時々、体全体を膨らませて羽を立て、震わしながら体についたダニを落としているようだ。

              Roadrunner(9)

              ロードランナーは何を思ったのか、突然私の方に向かって歩き出した。 フィールドでこんな親しみを感じたオオミチバシリは初めてである。

              Roadrunner(10)

              2時間近くも私と遊んでくれた後、横をすり抜けるようにゆっくりと林へ入って行った。
              枯れ草と枯れ枝が密な林の中に入ると、保護色で彼の姿はほとんど肉眼では見えなくなる。

              砂漠の人気者 ”ロードランナー”

              0
                 欄干の上のロードランナー
                ロードランナー、英名"Greater Roadrunner",和名は”オオミチバシリ”といい、漢字では”大道走”と
                書かれる。北アメリカ大陸南部の低木林が点在し、ユッカの花が咲く乾燥した砂漠地帯に多く生息
                している。

                ロードランナー立ち姿
                ロードランナーはカッコウの仲間で、体長58センチとハシブトガラスより大きい。
                飛ぶのは下手、せいぜい低く滑空するぐらいで走るのが得意、時速30キロ近くの速さで走ることが
                出来る。

                メタル・ウオール・アート
                ロードランナーはアメリカでは最もポピュラーな鳥の一つで、アニメのキャラクターに、またスポーツシューズのロゴマークにも使われている。 アリゾナなどサウス・ウエスト地方でよく見られる「ハガネ」を使った
                ”メタル・ウオール・アート”などでもロードランナーとカンムリウズラはデザインの一つとしてよく使われて
                いる。

                水飲むロードランナー
                5月繁殖期が始まると、ロードランナーはつがいで庭によく現れるようになる。
                フィールドではなかなか見ることが難しい水を飲んだりエサ捕りしたりゆっくりくつろぐ姿などをリビングルームから見ることが出来る。

                トカゲ咥える全身像
                ロードランナーは主に大きな昆虫、蜘蛛、トカゲ、ヘビ(猛毒のガラガラヘビも)、ネズミなどを食べるが
                時には木の実も食べる雑食性で水をあまり飲む必要がなく、厳しい砂漠の環境への適応性がすぐれて
                いる。

                トカゲ
                ロードランナーの大好物、”ハリトカゲ(Desert's Spiny Lizard)"の一種。
                庭の塀にちょくちょく現れ、小さい虫をたくさん捕ってくれるので我家では大切にされてる生きものである。
                逃げ足が大変速く、ロードランナーも捕まえるのに苦労している。

                トカゲ咥えるアップ
                シマオトカゲをさんざん追いかけ、とうとう捕まえて得意な顔をしてこちらを見ている。
                塀の高い所にいるトカゲでも驚くほど素早くジャンプしてそれを捕えるし、時には屋根に飛び上がって
                追いかけることもあり、その身軽さにはびっくりさせられる。

                プールの横
                ロードランナーは夜になると体温を下げて休み、朝、太陽の光を浴びて再び上げる習性があり、そのため
                翼を下げて尾を広げ日光浴する姿を時々見かける。また、この動作は羽についたダニを羽の表面に
                出して、羽づくろいで取り易くするためでもあるらしい。

                ブーゲンビリアの前
                ロードランナーは砂漠のトレールを歩いていてもなかなかお目にかかれない。 日中の彼らの行動は
                こそこそ隠れることが多く、危険が近づいたと思うとすぐ近くの木立や藪、岩に素早く隠れて動かずに
                じっとしており、上手く大きな体を隠す達人と言われている。
                ブーゲンビリアの前でのんびりしている姿をゆっくり楽しめるのも繁殖期だけで、それが終ると不思議にも
                その姿はまったく庭では見られなくなる。

                花のポット横
                砂漠では40度を越す暑い日中は大きな木陰に入ってじっとしていることが多く、庭でも花のポットの
                陰で静かに涼をとっている姿が見られる。

                水飲む全身像
                日中の気温が40度近くなると、あまり水を飲まないロードランナーもちょくちょく水場に来て水を美味そうに飲み、ゆっくり休んでいく。

                歩く姿
                ロードランナーは主に地上で生活しているので足と嘴はよく発達していてがっちりしている。
                鳥とは思えぬ彼らの走るスピードや天敵に対してうまく隠れたり、フリーズしてじっと動かなかったりする
                動作が滑稽なのと、敵の裏をかいて身を隠す術を持っているのが人々に好かれ、カトゥーンのキャラクターとして人気があるらしい。

                走る姿
                首を前に長く伸ばして尾をグラウンドに平行に保ち、いわゆる「前傾走法」で猛スピードで走る姿は
                実に滑稽である。 このような鳥らしくないスタイルは速い速度で走っている時のバランスを保つのに
                役立ち、よく見ると首と尾で「舵」をとっているのが判る。

                興奮してる姿
                ロードランナーの雄はコートシップで興奮すると、頭の毛を立てて尾を広げ目の後ろの赤・白・青のパッチ
                を大きくしてメスに「どうだ!綺麗だろう・・・・」と見せる動作をする。

                玄関前の道を歩く
                ロードランナーは繁殖期になると住宅街の道路や塀、石垣づたいに歩いている姿をよく見かける。
                人家の周りには大好物のトカゲがたくさんいるのと砂漠の中より簡単にそれらを捕ることが出来る
                からだろう。 ハイウエイを車で走っていると、ダッシュして目の前を渡って行く姿を見ることもある。

                北米で一番美しい鳥ウツクシキヌバネドリ

                0
                   Trogon Male 1
                  北米で最も美しい鳥と言われている”ウツクシキヌバネドリ(Elegant Trogon)"
                  英名で”トロゴン”と呼ばれ、北アメリカでは南アリゾナでだけしか見られないバーダーや自然愛好家たち憧れの鳥である。 ちなみに世界で一番美しく、手塚治虫の「火の鳥」のモデルといわれる中米コスタリカの”ケツアール”はこのトロゴンと同じキヌバネ目の鳥である。

                  Resplendent Quetzal
                  世界で一番美しい鳥と言われている中米コスタリカに生息するケツアール(カザリキヌバネドリ /
                  Resplendent Quetzal)

                  Trogon Male 2
                  ウツクシキヌバネドリは体長が30センチ以上あり日本のヒヨドリより大きい。
                  強烈な金属光沢の青緑の背中、明るい大きな黄色い嘴、そして赤いアイリングがある大きな目は実に印象的で一度見たら忘れられない。 世界でトロゴンが属するキヌバネドリ科にはアフリカ、東南アジア、中南米の熱帯の森林に生息する7属42種類がいる。

                  Trogon Male with Chick
                  マデラ渓谷(Madera Canyon) には少なくとも2組のウツクシキヌバネドリが毎年営巣している。
                  彼らは標高1200メートルから1800メートルの渓流沿いのスズカケノキの森林が特に好きで、その木の樹洞に巣を作り、2羽から4羽の雛を育てる。

                  Trogon Female with Chick
                  雛にエサを運ぶウツクシキヌバネドリの雌。 雄と違って全体が灰色がかった地味な茶色である。

                  Trogon Male 3
                  巣の近くの低い枝にワタリガラスが下りてきたので、エサを口に咥えたまま警戒をしながら腹の赤い羽を立てて相手を威嚇し始めた。

                  Trogon Male 4
                  高い枝の葉の上に止まったトンボを素早く見つけ飛び上がって見事に捕らえた。その敏捷さに驚き、シャッターを押すのも忘れ、しばしボヤーと見とれてしまった。

                  Trogon Male 5
                  ウツクシキヌバネドリは主に樹上で生活をしているので地上に下りることはほとんどないが、雛にエサを与える時期だけは大きな虫を見つけると、こうして低い岩場に下りて来ることがある。
                  キツツキのように前指が2本、後指が2本の普段めったに見れない独特な足の形がよく判る。

                  Trogon Male & Beetle
                  グラウンドを歩いている緑色の大きな甲虫を見つけるや、高い枝からヒラヒラと舞い降りて素早く捕え、翅の付け根を咥えて頭を激しく左右に振って何とか翅を引きちぎろうと苦労していた。

                  Green June Beetle
                  ウツクシキヌバネドリの雛が大好きな緑色の甲虫は Green June Beetle (コガネムシ科)の一種で、全身金属光沢の緑色、足が紫の美しい虫である。

                  Trogos Chick & Beetle
                  小さな雛は雄親が捕ってきた緑色のコガネムシを飲み込もうとするが大き過ぎて飲み込めない。
                  苦労した挙句とうとう巣の下へ落としてしまうが、雄親がこれを拾い上げ、少し細かくしてもう一度雛に与えなおしていた。

                  Trogons Chick 1
                  悪戦苦闘の末、ついに緑のコガネムシを飲み込み胸を膨らませ満足したのか・・・?ウツラウツラと眠りについた。

                  Trogons Chick 2
                  一週間後大きくなった雛(♀)は巣から離れて近くの大きな木の幹の又で親がエサを運んで来るのをじっと待っていた。 まだ飛ぶことが下手で、翼を広げてバサバサしながら枝移りをしていた。
                  木の幹と同系色なので見つけるのが難しい。たまたま親がエサを与えに飛んで来たので、やっとその存在に気が付いたほどである。

                  Trogon Male 6
                  巣立ちしたての雛の近くで時々雄親が雛を安心させるように囀っている。 ”囀り”といってもけっして美しい声ではなく、しわがれ声で「コアーコアー」と鳴く。 しかしこの鳴き声は遠くまで届き、よく谷間の森に響き渡る。この声を聞いていると、いつも深い森にいる喜びを感じ、気持ちが豊かになる。

                  Trogon Male 7
                  ウツクシキヌバネドリはしばしば高い枝で尾を下へまっすぐたらし、直立してほとんど動くことなくじっと止まっていることがあり、トレールを歩いていても真上にいる彼らに気づかないことが多い。


                  calendar

                  S M T W T F S
                     1234
                  567891011
                  12131415161718
                  19202122232425
                  262728293031 
                  << May 2019 >>

                  selected entries

                  categories

                  archives

                  recent comment

                  • 庭で生まれ育ったオオカバマダラ蝶 (その3)
                    藤波
                  • 庭で生まれ育ったオオカバマダラ蝶 (その3)
                    Sakura
                  • ソノラ砂漠のオアシス、スイートウオーター水再生処理場 2018年春(その1)
                    藤波
                  • ソノラ砂漠のオアシス、スイートウオーター水再生処理場 2018年春(その1)
                    tokumitsu yayoi
                  • 意外と身近に居る猛毒なガラガラヘビ 2018年夏
                    藤波
                  • 意外と身近に居る猛毒なガラガラヘビ 2018年夏
                    yayoi
                  • ソノラ砂漠のオアシス、スイートウオーター水再生処理場 2018年春(その1)
                    Yayoi Tokumitsu
                  • ソノラ砂漠の秋の話題 ガラガラヘビ住宅街に現れる 2016年
                    YUko
                  • ソノラ砂漠の秋の話題 ガラガラヘビ住宅街に現れる 2016年
                    藤波
                  • ソノラ砂漠の秋の話題 ガラガラヘビ住宅街に現れる 2016年
                    Yuko

                  links

                           

                  profile

                  search this site.

                  others

                  mobile

                  qrcode